夏目漱石の中でも特に有名な作品で、太宰治の『人間失格』と『日本で一番売れた本』を争っている作品でもあります。 発表当時のタイトルは『こゝろ』で、『こころ』は新仮名です。 夏目漱石のこころのあらすじ・登場人物・感想を5分でご紹介!先生は信じていた親族に裏切られ財産を奪わる。しかし先生自身も友人kを裏切りお嬢さんを奪ってしい、kは失意のうちに自殺。罪の意識に悩まされる先生は、私にその秘密を打ち明けて自殺へ。 参考記事:読書感想文はコピペで済ませよう!そのまま使える例文を一挙10件公開 こんにちは。今日は夏目漱石「こころ」について書きます。教科書にも載っている超有名作ですが、ようやく全て読むことが出来ました。, 読書付き7冊&アウトプットを目標にしていますが、小説に手を出してしまった今、それはなかなか難しそうです。, いざ、アウトプット文章化しようと思い、ライン引いたページを再確認していきました。すると、新しい発見やひらめきが次々とわき起こり、なかなか先へ進めません。, ひらがなを多用した、「やわらかい」文章。労働を拝し、浮世離れした先生の暮らし。海水浴場のリゾート感。ときおり現れる、自然の移ろいの美しい描写。, 登場人物のほとんどが、「先生」「妻」「妻の母」「両親」「叔父」などで、固有名詞がほとんど登場しません。主人公の友人でさえ、「K」とイニシャルのみ。具体をさけ、抽象的に表現されています。, このような設定もまた、「俗世界、目に見える世界」を切り離し、より「内面、思考」の存在を浮き立たせてるように感じました。, そして水面下で育ち続けていく「思考」は、あるとき突然顕在化し、現実世界へ恐ろしい牙をむきます。, そして、その「思考」から経験、という過去を積み上げてきた、「先生」。主人公はその「先生」という呼称を「年長者に対する口癖」と言いましたが、先生は、自らの「思考」と「生きた経験」を、引き継ぎ、生かし、そして、主人公の人生の教訓にするよう願いました。, 物語の中では、2つの主題が存在します。・現実:目に見える世界に起こる事・思考:内的世界「こころ」の中で起きている事, そしてこの「現実」「思考」2つの主題は、・現実:両親・思考:先生と言うふうに、登場人物によって具体化されていきます。, 上記は、主人公「私」からの視点ですが、それに対し「先生」からの視点においても、・現実:実利主義、先生の計略、邪心、嫉妬。・思考:理想主義、Kの正直さ、良心、愛。など、2つの主題は細分化され、様々な形をとって明示されていきます。, 「私」の先生への憧れは、「思考」への憧れと捉えても良いでしょう。先生においては「思考」はすでに顕在化し、過去となりました。, 最終的に第三部「先生の遺書」と言う独白の形を持って、物語は終わります。呼称のとおり、最後は私たちに教訓を残し、死んでいく「先生」。, 人間の思考が生み出す現実(結果)を命にかえて示す先生。ただ、結果を示すことこそしますが、それを正しいか間違っているか、そうした判断は読者に委ねられています。, 現代において、先生の生き方を潔い、美しい、と思う読者は少ないのでは?と私は想像します。死なずして、先生は救われる道がいくつもありました。あるいは先生がすべきことを、読者である私たちはいくつか思いついたのではないでしょうか?, 例えば、・Kの告白に、自分も正直に打ち明ける。・妻と妻の母に、何があったかを正直に打ち明ける。・Kが死んだことに自責の念があるなら、妻を幸せにすべきでは?等。先生の自殺、という選択は、我々の理性から考えると、あまりに利己的なように感じます。, しかし、こうした極端な結末を物語の中に表すことで、「それでは私たち自身はどう考えるか」という問いが自然と湧き上がってきます。このように道徳、倫理に基づいた意見を、読者自身が考えて、生み出すように、作者は問いを投げかけているのではないでしょうか。, そしてもう一つ重要なことは、この問いかけが「先生」から「私」という形をとりながら、「古い世代」から「新しい世代」へと問われていく事です。, 明治の終わりとともに、殉死を決意する先生。この時代設定は、令和の今となってはずいぶん昔のことですが、, 「古い世代」から「新しい世代」へ。「実体験を経たもの」から「イノセントなもの」へ。それでも現代に当てはまる普遍性を持っています。, この先生の言葉を切り取って読んでいくと、「観念」そのものが擬人化して語りかけてくるようにさえ感じます。重要な部分です。そして、主人公をつうじて、私たち読者に向けてのメッセージとなります。, さて、この本を読んで、私自身の教訓としたいことは、・思想を偏重し、現実的に無益な結果を生むことのないようにする・良心は、自分のためでなく、人のために働かす。・理想的ではない自分を受け入れ、過ちを詫び、愛、感謝を伝える。・水面下に潜む問題のサインを見逃さないように気を配る。, 訪れていただいた方、読んでいただいた方、「スキ」していただいた方、いつもありがとうございます。

(しっかし堺雅人さんの声優としての能力・・すばらしいです!), 10分でよくまとめられている「あらすじ動画」。暗く重い雰囲気ですが「原作に忠実」です。, 本書を漱石が残した読者への「こころの訓練のための本だったのではないか?」と結論づけた, 文字数を増やす裏ワザとして、本の内容への感想の他に、今回の読書を通じて「読書の楽しみ方を発見できたこと」を伝える作戦を利用した。, 夏目漱石『こころ』を読んで 参考記事:読書感想文がなぜ書けないのか最近になって分かった話―小論塾, この本を選んだのは、国語の教科書に抜粋が載っており最初から最後まで読んでみたいと思ったからです。 この作品は漱石文学の中でも優れた作品として名高いですが、その理由は細かな心情表現の美しさに加え、恋愛という青年時代の甘く切ない体験の中に人生哲学のようなものをたくみに組み込んでいる点だと感じました。回想の中での先生は下宿先で知り合った”お嬢さん”に恋心を抱きます。親切心から友人の”K”をその下宿に紹介するのですが、”K”もお嬢さんに恋心を抱いてしまったことから悲劇が始まります。親切心からある人を他の人に紹介したのに、それがかえって自分の利益を損なうことになってしまう……私たちの日々の生活でもそういったことは起こり得るでしょう。先生はお嬢さんへの恋心と”K”への友情との間で激しく揺れ動きますが、それは”K”にとっても同じことでした。そういった微妙な気分の時、人間は他人のささいな言動にも過剰に反応してしまうものですが、その辺りの表現方法が実にたくみです。”私”が”k”とお嬢さんが親密そうに談笑しているところを偶然見てしまい、疑心暗鬼に駆られて仕方なくなってしまうシーンがあるのですが、そこの心情表現がとてもリアリティにあふれ、読んでいる自分がまるで”私”になったかのような錯覚を覚えるほどでした。この物語の実質的な主人公といえる過去の”先生”は友人に気遣いのできる人間ですが、同時に神経質で不安も強く、百年前の作品の登場人物であるにも関わらずとても親近感を覚えます。それは百年経っても人間の不安や疑心暗鬼というのはそう簡単に乗り越えらるものではないということの証明であり、同時にそういった部分が人間の本質的な部分であるということを漱石は描きたかったのではないかと感じました。.   まずは、中田さんのこの動画を見ましょう! 先生の若かりし頃の出来事をアニメ化した作品 Kが大柄に描かれているのにビックリ!ただ脚色だらけなのでこの動画から感想文を書くのはNG (しっかし堺雅人さんの声優としての能力・・すばらしいです!) 後半の動画は原作にはない完全なる推論です。 各章のあらすじの詳細はこちら 『こころ』あらすじ各章 10分でよくまとめられている「あらすじ動画」。暗く重い雰囲気ですが「原作に忠実」です。 ざっと読み返すにあたり、カウンセラーのつもりで登場人物にアドバイスするという一種の目的をもった結果、この作品に対し、次のような捉え方をすることができた。, それは、結局のところ、男女の恋愛感情は「性衝動」に起因する問題であり、他人を死に追いやってまで成し遂げたいような恋愛感情は「精神的性病」とでもいうべき類のものである。つまり、友人を死に追いやるような判断は「性病に侵された人間ゆえの判断」だと捉えるべきものである。, そのため、もし私が、その先生にカウンセラーとしてアドバイスをするなら「友人の死は、精神的にやられていた病気の人間の言動による結果であり、幾年もの月日を苦しんできた人間を自殺に追いやるほどの責任のあるものではない」と諭すだろう。, さらに「自身で感情をコントロールできない状態とは、あたかも、他人から感情をコントロールされている状態と同じなのであり、悩む場面ではなく、むしろ怒りを覚える場面である」と理解させるだろう。, 感情のコントロールができないがゆえに悩んでいる状態を「第三者に脳をコントロールされている状態」だと理解できれば、とても腹立たしく、その第三者に怒りさえ覚える。すると、感情としては、喧嘩を挑む場面と同じようにメラメラとした「力」が湧いてくるはずだ。つまり、そのような「思考の方向づけ」をもつことで「前向きになれる」のだ。, 悩みを「自分の心の問題」というように「自分」に向けていたのでは、その先生のように自殺に追いやられるほど、自分の心を責めてしまうものである。読書の最中、このような「心の調律法」を発見できたことは、私にとって大変大きな収穫だった。, その先生も、異性に対し恋心が芽生える前に、このような心の調律法を知っていれば、二人の人間を自殺に追いやる事は避けられたと思う。, もし仮に、その先生がこの『こころ』という物語を読んでいたとしたらどうだろう。おそらく、若い時の誤った行動には出なかったかもしれない。つまり、本を読むことで、事前に心の予行練習をし、心に免疫のようなものを作っていたなら、彼ら二人の悲劇も避けられたかもしれない。, この小説は、人間が陥りがちな葛藤の中で、同じような失敗をしないために、漱石が私たちに残した正に「こころ」のトレーニングのための作品だったのではないだろうか。(2273文字), 魔法のフレーズ「しかし、どういうわけか」を使い、自説をどんどん書き進める裏ワザ・・・, ・・・このような展開で書き進めていけば、あなたの書く感想が、飛躍した方向に進んでしまっても、それほど抵抗なく読み進めてもらえるのです。むしろ面白い感想文だと称賛される結果になりがちです。, 「あらすじ」や「その本の一般的な解釈」を知っていれば、その点を少し述べるだけで後半は「だれも関心を示さないマイナーなエピソード」や「本来的解釈を否定する自説」で、文字数を稼ぐことができるノウハウです。, この小説は夏目漱石を代表する作品である。作品の中で先生と呼ばれる人物は、若かりし頃、同居する友人を出し抜き、大家の娘を横取りして婚約してしまったことから、その友人を自殺させてしまう。その罪の意識に生涯苦しんだあげく、先生も結局、「私」に遺書を送ったあと自殺してしまうという、人間の愛情と葛藤を描いた物語とされている。, しかし、どういうわけか、私のこの小説に対する印象はまるで違うものであった。私はむしろ、ストーリーの中では脇役として描かれていた「先生の妻」にこそ、この物語の中心をみたのである。, 先生は、自分が友人Kを出し抜き婚約してしまったことを、妻には隠していたというが、おそらく、私が思うに妻は、そのような流れで、Kが自殺したことを分かっていたと思うのだ。同じ家に住む若い男女三人である。若かりし頃の彼女が、二人の男が互いに自分に対して好意を持っていることなど、雰囲気として分かっていたと思うのだ。, 女性は男性より勘が鋭い。出し抜かれたKが「自殺するほど好きだった」というのなら、それほどの思いに同居する女性が気づいていないはずはないだろう。, そうだとすると、この妻は・・・「とても腹の座った悪女である」というのが私の感想の中心だ。, だから「こころ」のストーリーを述べる場合「人間の愛情と葛藤を描いた物語」などではなく、私には単に, 私は「こころ」を読み、漱石は次のようなメッセージを投げかけていたように思えてならない。そのメッセージとは・・・, 私にとって死は一種の「負け」のように思えてならない。二人の男の死を知ったとしても、妻はその理由を分かっていたことを「今回も」口にすることなく、「寿命が来るまで」強かに生き長らえるのだろう。妻おそるべし、女おそるべしである。 Copyright (C)読書感想文の書き方.com All Rights Reserved. 旧千円札の肖像画でもある日本を代表する文豪、夏目漱石。恥ずかしながら私はこれまで、漱石の作品を読んだことがなかった。そこで課題としての読書感想文の提出に漱石の作品の中から、何か一冊選ぼうと思い、代表作ともいえる、この『こころ』を読んでみることにした。, 漱石の作品を一冊も読んだことがないと述べたが、実は、本格的な小説をこれまで一度も読んだことがない私だったのだ。, 私は、初めての小説を読むにあたり、途中で挫折しないように、まず、著者の漱石に興味をもつよう、周辺知識を調べることにした。, すると、漱石が小説を書くようになったのは、人間関係と病とで精神的に苦しんでいた彼を思い、友人の俳人、高浜虚子の「文章でも書けば気がまぎれるだろう」とのアドバイスからだったそうだ。それが処女作『吾輩は猫である』につながったという。つまり、文豪、夏目漱石の作家としてのスタートは、驚くことに自身の苦悩の日々に対する、単なる「気分転換」としての気楽な出発だったということだ。, しかし、その五年後、大病を患ってからの作風は、人間の心の闇をテーマとするものへと変わっていったそうだ。この『こころ』は、その後期の代表作という位置づけであるが、また漱石最大の傑作とされるものでもある。, おそらく、この下調べにより「漱石に対する興味付け」をしていなければ、私はこの『こころ』という小説を、読破することはできなかったと思う。, その楽しみ方とは「もし私がカウンセラーなら、主人公や登場人物に、どのようなアドバイスをするだろうか?」という目的で小説を読むというものである。, 多くの小説好きは、主人公や登場人物に対して、感情移入をしながら、つまりは、みずからを作品の中に投影しながら「主観的な視点」を交えながら読書を楽しむのかもしれない。しかし、分析的に外から、限りなく「客観的な視点」で登場人物の言動を捉えた場合、そこには、感情に流されずに「本来採るべき正しい判断」というべきものが学べるのではないかと思ったのだ。言い換えれば、小説は、感情に流されない自分を作る訓練として「実用的」な読み方をすべきと発見したのだ。, 『こころ』のストーリーについては、まったく古さを感じさせられない秀逸なものだった。友人を出し抜き、先回りして愛する人間と結婚してしまったために、その友人を自殺させてしまったことにより、結局は、その罪の意識におしつぶされて自らも自殺してしまうという悲劇である。, 読書の最中に感じたことは、今でこそドラマや映画で、大量の恋愛ストーリーに触れることのできる現代だが、漱石の時代はそうはいかなかったはず。にもかかわらず、構成の素晴らしさや、文章のリズムの良さには、どういう学習を積んで身につけたものかと不思議な思いさえ感じさせられた。文豪と称される理由の一つを実感できた瞬間だった。, ストーリーも良かったわけであるが、内容以上に、漱石がサンプルとなる恋愛小説が少ない時代に、歴史的なこの名作を書き残せたという彼の才能の方にこそ、驚きを感じさせられた。 Kが大柄に描かれているのにビックリ!ただ脚色だらけなのでこの動画から感想文を書くのはNG  なぜ気になったのか最近の出来事や自身の思い出とからませて紹介 夏目漱石「こころ」のあらすじと登場人物を、どこよりもわかりやすく紹介。あらすじは簡単版と詳細版の2つを用意。何を書いていいかわからない学生さん向けの、読書感想文のポイント付き。 イギリス文学、特にチャールズ・ディケンズにハマっています。 ブログで収益目指してます。.

⑤特に気になった箇所やフレーズを抜き出す(3) © Copyright 2020 受験生のためのなんでも情報板.

先生の悩みは漱石の悩みであり、私の悩み、そして世界中の人間が持つ共通の悩みなのです。, 先生は本当の意味で孤独だった。家族がいないとか恋人がいないなど現実的なモノと違う。先生は「人間自体を信じられない」「人間である自分も信じられない」孤独なのだ。, 先生は全幅の信頼を寄せていた叔父に、両親の遺産を騙し取られていた。20歳の先生はまだまだ子供で純粋だったが故に、心の傷も疑念もより深く、その思いは親類全体への怒りへ。そしていつのまにか恋のために親友への嫉妬から騙しおとしめる、醜い自分という人間に怒りと不信感を拭い去る事が出来なくなった。, 人は皆どこかで「自分は世の中の平均」「平均的」「普通の自分」でいることに安心をする。優秀なのは誇りを持てるが、それでも世の平均値でいることで人は安心できるのだ。その普通や平均の意味をどこかで善良で正しい事ととらえようとしている自分もいて、しかも現実は認めたくない自分の弱さや醜さを持っていることを知っているのだ。, 人として許されざる行為や失敗をする自分や、自分自身を裏切る行為は深い自己嫌悪を植え付ける。そうなると世界で最も自分を認めず許さないのも自分自身になるので、他人からどう褒められようと自分は許されない存在になるのである。, しかし、先生のこの絶望に至る孤独感は世界中の誰もが経験し乗り越えなければならない障害なのだ。それは悪の自分もいる事を受け入れる事や、醜い自分を「善」によって償おうとすることで、人間的成長も得る事が出来るのだ。, 先生は友人を死に追いやるという、たしかに取り返しのつかない罪の意識のまま、その短い生涯を孤独と罪悪感のうちに果ててしまう。先生の罪は法によって裁かれるものではないからこそ、罪のあがないは出来る事ではなかった。先生の良心はその呵責に耐えられるものではなかった。, 自分を死に追いやるほどの思い詰める先生の良心は美しい。だが先生の選んだ生き方は厳しすぎる。先生は自分を否定し過ぎている。先生が自分を許せる方法は自殺以外にもあったはずだからだ。, 先生を悪に走らせるほど信愛している奥さんへの愛を、他に人にも向ける事つまり善を試みることで罪のあがないができたかもしれない。先生の人生の失敗を公にすることで、反省と慎み、後へ続く若い世代に人生の教訓を伝える大きな役割も果たせたかもしれない。なのに先生の激しい自己否定はそれをする事すら許さなかったのだろうか?, 先生が「自分の過去を人間の経験の一部分」として「ほかの参考に供ずるため」に遺書を書いた。先生の心中を探れば人間は弱く儚い者と認めたうえで、そんな人間を許す思いも芽生え始めていたということではないだろうか?, 先生の死には賛同できない。だが先生の立場に立った時、生死の選択に揺れるかもしれない。人間は人間としての悩みは必ず抱えるモノだ。漱石はその悩みに迫られた時にどうするか?を追及したのだろう。私も心について生涯悩み続けて行くのだろう。, 100年以上の昔も今そして夏目漱石という優秀で五十歳を手前にした立派な大人であっても、人間の「こころ」の在り方に思い悩まされるのか?と不思議な思いから手にしたのが本作だ。, 先生は、この世で唯一の血のつながりのある叔父を疑ることなく、当然信頼し、感謝と尊敬を抱いていた叔父に、財産を搾取された。それからは人間を信頼できないで憎むことさえ覚えた。, そして人間不信の心を溶かしたお嬢さんの存在が、自分の心に救いを与えるかもしれないお嬢さんに、親友Kも恋していた。先生にとっては信仰に近いほどのお嬢さんへの愛をKには打ち明ける事も出来ず、憎い恋敵を出し抜いてお嬢さんと婚約した。Kは絶望し自殺したが、先生のお嬢さんを占有への利己心を上回る後悔の念で苦しみ続ける事となる。, 先生の心の中には「自分はKを騙し、絶望させ、自殺させた。人殺しである」との思いが絶えず心に絡みついていたことだろう。「イヤ違う、Kが弱いだけだ、たかが恋ぐらいで」など罪の意識を断ち切る努力もしたはずである。しかしもがけばもがくほど、罪の意識は絡みつき「自分が信じられない」境地に達した。それは自分もあの叔父と同じ人間だと意識したときであり、先生は生きる希望を失ったのだと思う。, 先生は自分を軽蔑し孤独となった。「私は淋しい人間です。」ともらした先生を私は憎み軽蔑することが出来ない。先生の身を引き裂くような苦悩が我が身にも伝わり、心をつかんで離さないからだ。, だが先生の死を肯定することはできない。自殺により生きてKへの贖罪を続けることから逃避したのは間違いないからだ。先生の人生には懺悔か死そのどちらかの道しか見えていなかったのだろう。先生の真実を知るものには、その苦悩、孤独、自己不信と自己嫌悪はもう充分Kへの償いをはたしていたと思う。, 「先生はエゴイズムからの脱出として死を選ぶ」と解説されている。人は先生のように恋と友の選択でエゴイズムに苦しめられる場合、自分を生かすことと、他人を生かす事そのどちらが幸福になるとは本作でも答えは出せないと思う。先生の生涯は利己的な心に奪われ、奪いそして自分の心を失ったと言える。, 「造りつけの悪人がこの世の中にいるものではない。多くの善人がいざという場合に突然悪人になるのだから油断してはいけない」先生が叔父により実感し、自分自身も実証してしまったものだ。, 先生は裏切った、騙した、奪い取った。だが世の中にはエゴイズムな人間の醜さ自体を自覚しない輩も非常に多い。油断は出来ない世の中だろう。だが奪う欲求に魅入られることなく自己に厳しくもありたい。, なぜか先生に惹かれるものを感じて、交流がはじめる「私」。学校より先生との時間に実りと先生の語る人生の教訓のようなことに深い魅力を感じる。そしてどこか人目を避け影のある先生の全てを知りたくもなる。  なぜ気になったのか最近の出来事や自身の思い出とからませて紹介 (2273文字) 夏目漱石の「こころ」は、高校教科書のテーマに採用されているほか、試験問題や読書感想文の課題に選ばれることも多い名作です。 しかし、なにしろ明治時代に書かれた作品ですので「読んだけれど文章が難しくて理解できなかった」という方もひょっとしたら多いのではないでしょうか。 ⑦この本を読む前と読んだ後とでどのような考え方の変化があったか   書生である主人公の”私”は当時比較的よく見られた高等遊民(高等教育を受けたものの、若いうちから半隠居生活を送っていた人たち)の”先生”と出会い、交流を深めるうちに”先生”と”K”という人物の秘められた過去を知ることとなります。 あなたの書く感想が、飛躍した方向に進んでしまっても、それほど抵抗なく読み進めてもらえる.   2015年12月10日 [あらすじ・読書感想文の例文, おすすめの本, 中学生・高校生, 夏目漱石 こころ, 大学生・社会人], こちらでは、夏目漱石の最高傑作である『こころ』の読書感想文の書き方をご紹介いたします。, 読書感想文の提出には、1200字、1600字、2000文字(原稿用紙3枚、4枚、5枚)以内といった「文字数の規定」がありますが、文章を書きなれない人には、どうしても文字数が規定の量まで書けない、という人が多いものです。, そのため、こちらではどのジャンルの本にも対応できる文字数調整の裏技といえる書き方を紹介しています。, 長文での感想の例を掲載していますが、800字や1200字(原稿用紙2枚、3枚)といった少ない文字数の読書感想文を書く場合にも「書き方の着眼」の参考になるかと思いますのでご活用いただければ幸いです。, 先生の若かりし頃の出来事をアニメ化した作品 ③特に気になった箇所やフレーズを抜き出す(1)  なぜ気になったのか最近の出来事や自身の思い出とからませて紹介

読書感想文例「こころ」を読んで(中学生) 中学生, 作文, 作文・小論文, 作文例, 勉強のこと・受験生向け, 子育て・保護者向け, 学校生活・学生生活, 読書感想文例; 国語, 夏休みの宿題, 夏目漱石, 恋愛, 自由に使える読書感想文, 読書感想文 先生は手紙で「私」に彼が生涯かけて挑むべき問題を投げかけ、自殺を選びます。, 先生にとって自殺とは救い、逃避として選んだのか?最後の刑罰として選んだのか?はナゾだが一般には周囲の人の心を傷つけるのは事実だ。だがKの自殺の本当が絶望か?復讐か?がわからないのは、残されたものにその問題を投げかけられているからだ。, 私と先生の出会いは運命だったのだろうか?先生の自殺の真意と人生の課題を引き継ぐ「私」はそれらをどのように背負っていくのだろうと思った。心を持った人間ならば、人間は己の罪で苦しむことになる。罪や孤独から逃げる事ができないのなら、人はそれらとどんな対峙をすれば救いを得られるのか?誰しもが向き合う自分自身の問題の一つであるように思う。, ①なぜこの本を選んだのか ————————————————————, ・・・この解釈は、このブログの管理人である私の考え方なのですが、このような視点から、改めて「こころ」という作品を読み直してみれば、Kの「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」の発言や、先生の明治天皇の崩御にともなっての自殺という内容が、当時の日本人のもつ「要らぬプライドや価値観を象徴する言動」のように思えてきます。, 海外生活を経験してきた漱石には「そういう考え方は国際的にみれば要らぬ面子や価値観なんだョ!」と思え、そのような価値観が蔓延する当時の日本に、暗にそのことを伝えたかったのではないでしょうか。「強かに生きよ」ですから。, そのため私は、この小説を再読し、彼らのそのような言動の部分に触れると、思わず・・・, 漱石が、49歳にして早死にした理由も、じつは、当時の日本人のもつ(現代から見れば)「極右翼的かつ保守的価値観」に対し、反対意見を言おうにも言えない社会の風潮に対する「心労」がそうさせたのではないかと思うのです。, 「こころ」読書感想文の例①————————————— こんにちは。今日は夏目漱石「こころ」について書きます。 教科書にも載っている超有名作ですが、ようやく全て読むことが出来ました。 読書付き7冊&アウトプットを目標にしていますが、小説に手を出してしまった今、それはなかなか難しそうです。 ②大まかな内容を手短かに説明 All rights reserved. 若者の好奇心、向学心は不透明であることを良しとしない。「私」は見ず知らずの先生の何に深く興味を持ったのだろう?真面目で勉強熱心な彼には先生の人を寄せ付けない影に探求したい人生の教訓があることを感じ取ったのであろうか?彼の目の付け所は人生論を学ぶなら良い選択眼だったと言える。なぜなら彼は生涯をかけて向き合わなければならない問題を抱えることになったからだ。, 興味のあまり「真面目に人生から教訓を受けたいのです」と先生の過去を問いただす「私」は普通に考えると若さの暴走で、先生の触れてはいけない扉をこじ開けようとするデリカシーの欠如した人間に思える。だが先生は「私の過去を暴いてでもですか」と暴くという通常では聞かない言葉は、覚悟の出来ていなかった「私」に一瞬にして前にいるのは一人の罪人かと感じさせた。, 言いたくない過去を持つ人に無理矢理話させるのは暴力に等しい事だろう。だが先生は「私」の真面目であるという言葉にかけた。そして「私は死ぬ前にたった一人で良いから人を信用して死にたいと思っている」「あなたはそのたった一人になれますか、なってくれますか」とまるで形勢逆転するかのように、過去を聞かせる事に前のめりになる。もしかしたらこの時先生はこれからの計画への好機と捉えたのかもしれない。, そして先生は「あなたは真面目だから。あなたは真面目に人生そのものから生きた教訓を得たいと云ったから、私は暗い人世の影を遠慮なくあなたの頭の上に投げかけて上げます。」と長い手紙で先生の罪深き人生を語るのです。, 互いに身内と縁を切り、献身的と思われる尊敬と友情を示してきたKとの関係。それはお嬢さんの存在によって関係性は揺らぎ、精神的に追い詰められた先生は自分のエゴイズムと焦りに任せKを裏切り、自殺を図られてしまう。確かに先生は泥棒猫のように卑怯者である。先生のK以前も以後も裏切りに翻弄されてきた人生。「人は平素善人でもある日突然悪人になる事もある」という事実。, 「私は正直な路を歩むつもりで、つい足を滑らした馬鹿者でした。」との自白は誰にでも起こりうる悲劇とも言え、笑うことなどできない。人は大なり小なり罪を持っている。それはキリスト教の言う原罪は、その信仰心はなくともあるだろうと感じられるのと同様に人は清廉潔白で、人を傷つけずに生きる事は不可能と言えるからだ。そんな先生を悪の権化と烙印を押すことはできるだろうか?, 先生も罪の記憶を、他の記憶で打ち消したり、無視をしたり、記憶を改ざんしようとできたはずだ。だが先生は裏切りへの対処を取らなかった。叔父からの裏切り、Kへの裏切り、自分自身への裏切り、それを直視する術しか用いなかった。その贖罪の日々から先生は何か生み出すことはできたのうだろうか?と思わずにいられない。, 「自由と独立と己とに満ちた現代に生まれた我々は、その犠牲として、みんなこの淋し身を味わわなくてはならないでしょう」「然し恐れてはいけません。暗いものをじっと見つめてその中からあなたの参考になるものをおつかみなさい。」

カミングアウト 芸能人 2020 12, Reality Youtube 配信 4, 与謝野晶子 短歌 意味 27, ポケモン剣盾 ボックス 逃がす 15, 今日から俺は 喫茶店 ももや 11, サクラ大戦 Ss 長編 11, One Ok Rock Taka 豪邸 10, 業務スーパー 肉 安全 10, バトスピ 超星 デッキレシピ 9, 賭ケグルイ 夢子 セリフ 10, 入室管理 アプリ 無料 7, プラモデル シルバー 筆塗り 17, Aloha アプリ 落ちる 39, 芦屋 釣り 波 7, ジョージ フォアマン なんj 15, 明治大学 教授 経営 学部 19, アメブロ アフィリエイト いくら 4, 作業 中 類語 5, 富田 望生 府中 13, グッドモーニングアメリカ 解散 原因 8, プロスピ スピリッツ 計算 9, アメブロ プロフィール画像 変更 ピグ 5, フォートナイト レート下げ 方 5, ラクリマクリスティー Taka 年齢 5, 多 部 未華子 双子 6, 機械学習 Accuracy Loss 18, Ipad Pro 持ち運び バッグ 4, 商品 残りわずか 英語 7, Openpose Confidence Score 4, エド ユーチューバー やらせ 30, 利根川 真也 子供 11, Fe アベル 出っ歯 6, 遠鉄バス クレーム 電話番号 6, ハイエース 運転 内輪差 7, 大学 必修科目 一覧 9, 乙姫 読み方 つばき 4, イシシ ノシシ なんj 10, 令和家族 横山裕 動画 9, パソコンで勤怠管理school Network マイページ 14, ザ ファブル 21 Rar 26, 鬼滅の刃 クルトガ ヨドバシ 5, 夢占い 元彼 ドライブ 22, 警察官 彼女 身辺調査 7, にゃんこ デススタン 2 8, 氷見 魚市場食堂 ブログ 5, フィギュア 髪の毛 素材 6, パステルカラー 別 の 言い方 6, Radiko For Au 地域が変わったため再生を停止します 18, ハンドルネーム 作成 自動 46, 猫 一人遊び おもちゃ 4, Ngf 戦闘機 海外の反応 4, マイクラ 焚き火 温泉 17, ヘアアイロン 痛まない オイル 7, Obcid 勤怠管理 ログイン 35, 優しさ 藤井風 ドラマ主題歌 48, Ark 監視者 バグ 48, 相撲 行司 なんて言ってる 14, Ark テイム効果 10倍 11, コロナ 花火 京都 Twitter 4, 無印 アロマストーン 香水 20, 小学生 音読 おすすめ 4, ヴェルディ 黄金期 フォーメーション 8, Edge 意味 スラング 13, 春の 小川 歌詞 ひらがな 5, ザンビ 4話 動画 17, グロー プラグ ランプ 点滅 6, マギー 写真集 まとめ 5, あつ森 住人 いじめる 5, チャリダー 星 佐藤 27, マイクラ レアアイテム ランキング 23, 葬儀屋 仕事 体験談 13, 豊前市 バイク 事故 4, 大和リビング 更新 家賃交渉 4, 古畑 赤か青か 権利 5, 指原莉乃 卒業コンサート 動画 39, ワンピース バレット なんj 4, ミステリアス プラネット「ウォーレシア ドラゴンの王� 15, Mv アニメーション 依頼 相場 4, 占い 適職 天職 7, 人喰いの大鷲 トリコ 鎧 正体 26, バカリズム特番 朝日奈央の恩返し 動画 10, ご参加 者 敬語 47,