ファミリー劇場にて再放送の『第7回アメリカ横断ウルトラクイズ』の特設サイトにて配信された宣伝動画を制作。「quiz japan」編集長として大門の出演も。 サービスカテゴリ 番組出演・編集・ma. !」であった, 他にも、罰ゲームを行う敗者に対して「何か言い残す事は!?」、どろんこクイズで間違えた解答者に対する「そんなわけねぇだろ! ?(代理) - THE・サンデー - TheサンデーNEXT - 徳光和夫のTVフォーラム - NNNニュースプラス1 - 徳光の「地球時代です」!

- エンタの神様 - 開運!なんでも鑑定団 - 最強の頭脳 日本一決定戦!

- G-STAGE - SOUND ARENA - 幸せって何だっけ 〜カズカズの宝話〜 - しくじり先生 俺みたいになるな!! oa 2016年6月22日 !」、念を押す時の「ただ、し!」などの名台詞があった。, 初期は明朗活発に振舞っていたが、カメラの回っていない時や中期以降は冷静さも垣間見せ、挑戦者に対して説教する場面も多く見られた。, 出題する際、必ず「問題」と言ってから問題文を読む(これは福澤にも継承されている)。, 第2回では準決勝(ボストン)を放送する前にスタジオに現れ、準決勝のクイズ「熱気球ダウンアップクイズ」の様子がボストンの新聞に掲載された事を、総合司会の高島と石川に教えた。国外リポーターが「クイズ王の凱旋入場」以外でスタジオに来たのは、これが唯一である。, 第15回の第2問以降と第16回の全編を担当。決まり文句は「ニューヨークへジャストミート! - タツノコプロ - 科学忍者隊ガッチャマン - マジンガーZ - ハクション大魔王 - タイムボカン - 永井豪 - DLE - キャラクターバトルクラブ, どさんこワイド朝 - 朝生ワイド す・またん! - KRYさわやかモーニング - バリはやッ!ZIP! - これが決定版!プロ野球珍プレー好プレー - 徳光&所のスポーツえらい人グランプリ - オールスター感謝祭 - 徳光&所の世界記録工場 - ニュースの女王決定戦 - 11PM 11回忌法要スペシャル - 日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト - 天国のスタア - プロ野球夢のオールスタークイズ日本一 - クイズ!ギョーカイ大百科 - 徳光&ピン子&ミッツのもしも突然芸能人が家族になったらどうなる? - 朝6生ワイド - おはようYBC・けさの主張 - あッ!晴れテレビ - 山梨の朝 - あさチャン!! - ハテナ?ドンぴしゃ! - 速報!歌の大辞テン - だんトツ! ョン (1件), キンクマハムスターのユーちゃんをお迎えすることに。, 情報通信政策に関する記事のまとめ(2020.11.9~2020.11.15), キンクマハムスターのミーちゃんが★になりました。, クラウドに関する記事のまとめ(2020.11.9~2020.11.14), コラム「遅い会社は利益が出ない」, 【連載報告】テレワークを進めることで社員にストレスを増やしていないか。ストレスの増加は生産性の減退につながる, ビジネスの変化は時間感覚の変化と同期する, 2021年の戦略的テクノロジのトップ・トレンド.

?ニュース - ジャパーン47ch - 「復興テレビ」みんなのチカラ 3.11 - 視聴者参加型生クイズ お茶の間アンサー! 「アメリカ横断ウルトラクイズ」第7回大会がcsで再放送されます。ウルトラクイズのcs再放送は、第12回、第13回、第11回に次いで4度目です。オンエアするのは「ファミリー劇場」で、2016年7月に放送 … - ザ!情報ツウ - スッキリ - シューイチ - Touch! 「アメリカ横断ウルトラクイズ」第7回大会がCSで再放送されます。ウルトラクイズのCS再放送は、第12回、第13回、第11回に次いで4度目です。オンエアするのは「ファミリー劇場」で、2016年7月に放送されます。, ウルトラクイズのCS再放送は、2014年6月の「第12回大会」が初めてで、続いて「第13回大会」が2015年1月から2月に、「第11回大会」が2015年7月に放送されました。今回はそれに続いて4度目です。詳細な放送日は、現段階ではファミリー劇場ホームページには記載されていません。, 「第7回」の日本テレビ系列での初放送は1983年。ウルトラクイズの知名度が急速に上がってきて、初めて参加者が1万人を突破した年です。4週放送分の平均視聴率は34.5%、4週目では38.5%を記録し、ウルトラクイズの歴代最高視聴率となった傑作です。, 番組内容は濃く、Wikipediaによりますと福留功アナウンサーが「歴代ベスト」と称した大会とあります。筆者は内容をはっきり覚えていないのですが、この頃のウルトラクイズは本当に面白かったことだけは記憶しています。, ルートはグアム、ハワイからカナダのバンクーバーに上陸。ジャスパー、デスバレー、ナイアガラなどのチェックポイントを経由します。ジャスパーとかデスバレーとか、ウルトラクイズで初めて知った地名で、いつか行ってみたいなあ、と憧れていたものです。そう、1983年当時は、アメリカ旅行なんて憧れだったんですよ!, この再放送に合わせる形で、ファミリー劇場では新しいクイズ番組を立ち上げるようです。「ノックアウト<KNOCK OUT>~競技クイズ日本一決定戦~」と題するこの番組、ホームページでは以下のように告知されています。, 「常人が理解できない問題を、理解できない速度で押す、異次元のクイズ。まさにクイズの格闘技! この企画は、そんなクイズというジャンルに人生を賭け、高みを目指す、現役クイズプレイヤー達を集結させ『今、誰が最強なのか?』という、シンプルかつクイズファンが最も知りたい疑問に答えを出す最強の大会。」, 21世紀版「ウルトラクイズ」を目指そうという意気込みすら感じさせる触れ込みです。この決勝が予選会が2016年6月18日に開催され、ペーパークイズと早押しクイズを勝ち抜いた6名が7月30日の決勝大会に進むそうです。, 予選会のエントリーは受付中なので、気になる方はファミリー劇場ホームページへどうぞ。(鎌倉淳), タイガーエア台湾が仙台~台北線を開設。東北地方初の国際線LCCは、沖縄行くより安いかも, ひたちなか海浜鉄道湊線の延伸ルートが決定。2024年度にもひたち海浜公園西口まで3.1kmが開業へ, 「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決」第6弾 松本城~高田城を分析する。設定がちょっと不公平, 「ローカル路線バスの旅 陣取り合戦」第3弾 山形~宮城が11/18放送。安藤美姫が登場!, 新幹線の格安チケットまとめ。【2020年秋版】初心者におすすめの「割引きっぷ」はコレ!, 「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」第6弾が11/11放送へ。「AKB48 VS ももクロ」にも注目!, 新幹線で東京~大阪を格安旅行する方法まとめ【2020年版】格安チケット、割引きっぷを全網羅, 「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決」第5弾函館~小樽を分析する。ぱるるが存在感を見せつけた?, 新幹線は「IC乗車」が標準へ。JR東日本が「タッチでGO!」拡大、新幹線回数券廃止. - ウェディングベル - 世界ウルルン滞在記 - 世界ウルルン滞在記2008 - めっけMON! 前売¥2,000 / 当日¥2,500(共に飲食代別) - 人間!これでいいのだ - ピンポン! - 輝け!!人気スターチーム対抗大合戦! !シリーズ関係者 - 負ける気せんね - 汐留らーめん - フラッグベアラー - ヒーロー/明日へ - 書道ガールズ!! - 時間だヨ!アイドル登場 - ズームイン!!朝! !平成キング - THE独占サンデー - モー。たいへんでした - スポーツうるぐす - サルヂエ - ズームイン! 夫サスペンス「湯布院殺人事件」, お問い合わせ ご意見・感想 リクエスト. - ズームイン! - あさ630 - おはようとくしま - おはようとくしま プラス - 朝ドキッ!九州, 日本テレビ - マイスタジオ(日本テレビ旧本社、日本テレビタワー) - 東阪企画 - プロ野球人形イレコミ君 - ズームイン!

All Rights Reserved.

- おめざめワイド - あさイチ! - 世界の決定的瞬間 - 解禁テレビ→噂の!解禁スタジオ - 信ジラレナイ99連発 - ぐるっと日本グルメ旅 - いつみても波瀾万丈 - オジサンズ11 - 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。 - こじゃんと土佐流 - ブロードキャスター - 仰天!くらべるトラベル - THE・プレゼンター - ベストタイム - オールスター感謝祭 - 世界お宝ハンティング 勝負は目利き - THE!おいしい番組 - 復活の日 - ザ・スター リバイバル - オールスター100人ビンゴクイズ - 福留の22の21 - 月10万円で豊かに暮らせる町&村, 正力松太郎 - 正力亨 - 徳光和夫 - 福澤朗 - 羽鳥慎一 - 桝太一 - 久保晴生 - 石川牧子 - 松永二三男 - 小倉淳 - 増田隆生 - 斉木かおり - 永井美奈子 - 鈴木健 - 山王丸和恵 - 角田久美子 - 町亞聖 - 矢島学 - 古市幸子 - 小野寺麻衣 - 斉藤まりあ - 伊藤遼 - 篠原光 - やなせたかし - 逸見政孝 - 濱田典子 - 谷岡慎一 - 上柳昌彦 - 森たけし - 脇浜紀子 - 脇田義信 - 田坂るり - 佐藤啓 - 久保純子 - 三雲孝江 - 長峰由紀 - 初田啓介 - 進藤晶子 - 小笠原亘 - 土井敏之 - 青田昇 - 平田翼 - 高島忠夫 - 渡辺正行 - 魁三太郎 - 伊藤克信 - 立川志の輔 - 山瀬まみ, 真相報道 バンキシャ! - PON! ?」という反骨。」, アメリカ横断ウルトラクイズ クイズ王の本(クイズ王の会・編、日本テレビ・刊 1987年7月)p.191 - 192, 稀にそうでないケースも存在する。第1回では敗者は勝者と同じ列車で罰ゲーム会場まで移動した例があり、第6回アラスカでは敗者の罰ゲームとして砂金取りをしたが、その砂金は勝者が取りに来て勝者の手に渡ったため敗者は勝者と接触しており、第7回オルバニーでは罰ゲーム中の敗者の乗った飛行機から勝者と福留が攻撃され勝者と敗者が戦闘状態になったり、第12回サンフランシスコでは勝者への弁当配達が罰ゲームの一部であったため勝者と敗者の接触が存在、第14回レイクミシガンではクイズの形式上から勝者と敗者の再接触などが存在した。, 今世紀最後(第17回)では第8チェックポイント・テキサスから準決勝地・ニューヨークに向かう機内で挑戦者4名がアイマスクをさせられ、ニューヨークに到着後もアイマスクをつけた状態で行動することになった。準決勝・通せんぼクイズの勝者2名だけがアイマスクを外すことを許されニューヨークの摩天楼を見ることができ、敗者2名はアイマスクをつけたまま摩天楼を見られず強制帰国となった。, 現地のスケジュールの都合による。第11回ではニュージャージー(ジャージーシティ)での準決勝とニューヨークでの決勝戦が同日収録だった。第14回では、車で数分の距離ながら時差のある2つの州の州境をまたいだ2箇所で「, 第8回第8CP、第9回第1CP、第10回第1CP(この時は事実上の罰ゲーム)、第12回第4CPなど, ただし、第8回第1週・第13回第5週・第14回から第16回までの第1週は19時からの2時間枠だった。, 本番組の第12回 - 第14回が該当、本番組では「敗者の味方」で出演していて、福留の前任の「ズームイン」司会者でもある徳光の場合は、後楽園球場→東京ドーム1次予選と、羽田→成田の2次予選のそれぞれ1日ずつと、(双方は基本的に「ズームイン」が放送されない土曜日、日曜日の開催であったが、稀に平日開催もあり、福留から福澤に交代して、既に徳光も番組を離れていた第15回、第16回は2次予選は平日開催だった)スタジオパートで1日程度しか本番組では拘束されないので、福留みたいに本番組の為に「ズームイン」を長期間離れたりする事は無かった。, 本番組の「総合司会」は基本的に本番組で拘束されるのは1日〜2日程度で、前述の通り「敗者の味方」の徳光や渡辺も基本的に後楽園球場→東京ドームの1次予選と羽田→成田の2次予選の2日程度しか拘束されない。福留や福澤みたいに本番組の為に約1ヶ月も海外ロケで拘束される訳では無い。また、福留は「ズームイン」と当番組が重複していた期間、当番組海外ロケから帰国直後は朝に「ズームイン」の生放送をしてから、当番組のナレーション収録をしていた。, ただし第10回は途中からルートが北米ルートと南米ルート分岐し福留が北米ルートに同行したため、代わりに南米ルートは日高直人が同行出題した。, 「隣りの人を蹴散らしてでも、ニューヨークへ行きたいか!!」など、別のフレーズを使ったこともあった。また決勝がパリとなった第9回のみ「みんな!パリへ行きたいかーっ!!」となった。この他にその第9回の「エッフェル塔から蹴落とされてもいいか!!」「オーッ!

クライアント 株式会社東北新社. !朝!』を長期間離れたりしている点から見ても[36]、余計に世間一般にも本番組で言われる「総合司会」が軽じられているのは否めない[37]。, 国内予選会場(後楽園球場、東京ドーム、成田(羽田)空港)で、敗者へのインタビューを行いつつ、ヘルメットをかぶり、敗者たちに玩具のピコピコハンマーで叩かれる役[46]を毎回こなした。, 第一次予選の主に中盤以降で、敗者復活戦の実施を福留に要求(うち第10回では第1問終了直後で要求)したり、第二次予選では開始前に福留/福澤の前に現れ、ジャンケンの撤廃や全員通過を訴える役割、空港での敗者復活戦の進行役、敗者の代表として飛び立つ勝者たちが乗った飛行機に向かってのシュプレヒコール役も務めた。, 国内予選で登場したが、その役目は主に徳光や渡辺とともに敗者にピコポンハンマーで叩かれる役回りである。海外リポーターとの兼任はここでは除外する。, 出題者の福留が万一病気などで現地での司会進行ができなくなった場合、代理として出題役などを務められるように設けられた[49]。第13回・第14回では敗者予想も行った。, 日本テレビのコンピュータルームにおいて、次のチェックポイントで失格となる挑戦者や、決勝戦で優勝する挑戦者の予想をコンピュータを用いて行った。後期の大会ではCGを使ったミニゲームも取りいれられた。スタジオパートを参照。, 通常、ナレーションはクイズ進行役の福留/福澤が行ったが、本編以外の次回予告や舞台裏などでは他の者が担当する場合もあった。, この節では、1回ごとの「アメリカ横断ウルトラクイズ」の大会の大まかな流れを解説する。なお、ここでは最もオーソドックスなパターンのみを記し、例外は極力省く。, 以上が1回ごとの大会の大まかな流れである。日本テレビを出発してから優勝者が帰国するまでの行程は3週間から1か月ほどであった。, 解答席「早押しテーブル」は、金属製・もしくは木製の折りたたみ式のものが使用された。テーブル上には解答者が問題に答えるときのマイクと早押しボタン(後述)が設置された。マイクについているウインドスクリーンは後述の早押しハットと同色のものが使われた。早押しクイズだけでなく、三択クイズやリレークイズなど大多数の個人戦クイズで使用された。, 早押しテーブルは挑戦者の人数分横一列に並べられたが、残り人数10名以上の段階では2段に分けて配置されることもあった。挑戦者は第1回を除き原則として、カメラから向かって左側の席から(2段の場合は下段が先。ただし初期は上段が先の回もあった)挑戦者番号の若い順に着席した。リレークイズなどではあらかじめ抽選などで席順を決めた場合もあった。, 準決勝での通せんぼクイズ(通過クイズ)の通過席は、"今世紀最後"を除いて起立式のテーブルが使用された("今世紀最後"では挑戦者が目隠しをしていたためその場に起立していた)。, デザインは基本的に濃紺に近い青色を基調としていた。デザインの移り変わりは次のとおり。, 挑戦者は早押しクイズを行うとき、早押しハットと呼ばれる帽子を頭に被って行った。別名として「ウルトラハット」、または単純に「帽子」と呼ばれることもあった。本番組のロケは屋外が大部分のため、太陽光の方が強く、ランプ式にするとボタンを押した時にどのランプが光っているか判別しにくいことも考えられたため、この道具が作られた[52]。, シルクハットを模した早押し判定機で、本体はアルミまたはスチール製、白い大きな星模様で、ハットの内側にはウレタンもしくはスポンジが張られ、ハットを頭に固定する白い紐とビニールチューブがあったが、第14回以降はベルトとマジックテープで固定する方式となった。重量は頭に被るものとしてはかなりあるようで、第15回クイズ王・能勢一幸は、初めてハットを被った時に「思っていたよりも重い」と発言している。基本は赤・青・黄・黄緑・水色・薄紫の6色であるが、初期の頃は茶・橙・桃・深緑等の色もあった。また、国内一次予選冒頭でのデモンストレーションや、第11回の準決勝で松尾清三が使うゲスト用、"今世紀最後"のハワイではそれぞれ星条旗柄の早押しハットが登場し、「史上最大の敗者復活戦」の準々決勝で「クイズ王連合軍」が使用した物や翌年の第7回では金色の早押しハットが登場した[53]。第2、3回では決勝をのぞいて、早押しハット正面の星の部分に番号が書かれていた。基本的に有線式であるが、第13回のゴールドコーストでの敗者復活戦と第14回のタヒチでは、早押し機を背負うワイヤレスタイプがあった。また"今世紀最後"の準決勝(通せんぼクイズ)では、通常はテーブルに搭載されているマイクが着けられているが、これは、通常の通せんぼクイズは3問正解すると「通過席」に移動するのに対し、この回では目隠しを掛けている(勝ち抜き者だけ外せる)ために通過席がなく、その場で起立して答えるためである。, 第1回の早押しハットの色は解答者によって固定されており、勝ち残った解答者は決められた色の早押しハットを被っていた。決勝で使う早押しハットが赤と青に固定されたのは第3回から(基本的には向かって左の挑戦者が被るのが赤、右の挑戦者が青。逆の回もあった[54])で、第1回は桃(優勝者の松尾清三)と緑、第2回は赤と緑(優勝者の北川宣浩)の早押しハットが使われ、第11回で3名が決勝に進出した時は際は赤・青に加えて黄色が決勝で使われた。, 解答権を得るとハット上部の「?」マークが立ち上がる。開発当初は垂直に「?」マークが出てくる形を想定していたが、技術的に不可能だったため、「立ち上がる」スタイルになった[52]。第11回の準決勝で対戦者の松尾清三の早押しハットの札がアメリカの交通標識の「STOP」札となっていた。第1回のみ電磁石で「?」マークがくっついており、解答権を得ると「?」マークが磁石から外れてバネの力で立ち上がり、回答後に解答者が自分で「?」マークを倒して電磁石に付けていたが、第2回以降は「?」マークが自動で立ち上がったり倒れたりするソレノイド方式になった[55]。当初は「?」マークがゆっくりと立ち上がり、「?」マーク自体もビニール紙でできていたが、第5回以降は「?」マークも金属製になり、立ち上がりもシャープになった。当時のクイズ番組で一般的だったランプやパトライト(回転灯)形式にしなかったのは、ウルトラクイズの場合、クイズの大半が昼間の屋外で行われるため、太陽光でランプやパトライトの光が見えにくくなり、回答者の判別が困難になる可能性を考慮したためである[56]。そのため早押しハットは頭に被るだけ以外にも解答装置の一部として用いられることも多かった。時には「?」マークが立ち上がる駆動部のみをテーブルに直接付けたり、パトライトを使用することもあった[57]が、基本的には頭に被らない場合でもハットのままの状態で使用していた。ハットは毎回新しい物が作られていて、1個あたりの製作費用は開催当時の値段で約95,000円前後と後に紹介された。, 割と安定性があるのか、普通のソフト帽子をかぶった上から早押しハットをかぶる挑戦者がいた。, ハワイ入りの際、ホノルル空港でハットが税関に引っ掛かったことがあったが、その場で電源を繋いで実演をし、税関職員を納得させて通過し事無きを得たということがあった[3]。, 第4回ではクイズの際にハット上部にハチマキを巻く挑戦者がいたが、以降はハチマキをした上からハットをかぶる挑戦者が続出したため、前者の行為をする挑戦者はその後現れなかった。, 第14回大会の第7チェックポイントのソルトレークで、黄のハットの「?」マークが立たなくなる不具合が起きてしまう。, 早押しクイズで使用されるボタンは、ハットと同色(第4回までは白のみ)のボックスに小さなクリックボタンが付いたものであった。ボタン自体の色は第11回までは特定の色に決まっておらず、ボックスの色とは無関係に様々な色が使われていたが、第12回からは赤に統一された。このボタンは早押しテーブル上の挑戦者の右手の位置に固定されていたため、左利きの挑戦者に対しては考慮されておらず、不自然な体勢で左手でボタンを押す挑戦者もいた(第15回の準優勝者等。左手の肘をテーブルに乗せてボタンを押す挑戦者が多かった)。, 第7回から手のひら全体で押すタイプの新型ボタンが登場した(第7回では全編でこのボタンが使われ、ボタンは右側でなく、テーブルの中央に配置されていた。さらにボタンを押すまでは両端に付いているバーを両手で握っていなくてはならなかった)。この新型ボタンは第7回以降も、ダイビングクイズやマラソンクイズなどの、ボタンを押す体勢が定まりにくいクイズや、遠方から走ってきてボタンを押すような、体力系の早押しクイズ等のような『強い力でボタンを叩く事の多いクイズ』で使われた。ウルトラクイズ終了後にこの新型ボタンは、押す部分全体がゴムで覆われている防水性タイプに発展し、現在の『高校生クイズ』などでも使用されている。, クイズを行う場所や形式の関係上、早押しテーブルを設置することが困難な場合は、早押しボタンのボックスを挑戦者の手に持たせる、多人数が参加する国内予選の敗者復活戦や、第15回ハワイの対決早押しクイズで、早押しボタンを頭の上部にくくり付ける、第12回のアラスカ鉄道の列車内での早押しクイズで、早押しの大型ボタンをベルトで太ももにくくり付けるなど、体の一部に早押しボタンをくくりつける方式があり、主に団体戦などの特殊なクイズ形式では、ボタンの代わりに足で踏むことによって解答権が得られるマット式のものが使われることもあった。, 本番組では、○×クイズ、早押しクイズ、三択クイズなど様々な形式のクイズが行われた。グァムにおいて恒例化した「○×どろんこクイズ」、空から問題がばら撒かれる「バラマキクイズ」、大声を発して解答権を得る「大声クイズ」など本番組独特のクイズも毎回行われた[33]。このほか、訪れた土地にちなんだクイズ形式やロケ地にちなんだご当地問題など、多種多様なクイズが出題された。クイズ形式によっては体力[64] や運[65] も試され、知力だけでは勝ち進むことができず、まさに「知力・体力・時の運」であった。問題の正誤判定基準は時に甘めであったり厳格であったりすることがあり、この基準が勝敗を分ける決定打になったこともある[66]。, 主にグァム以降のチェックポイント(決勝戦は除く)で敗れた敗者に対し、様々な罰ゲームが行われた。一般的には演出上の理由だが、挑戦者の個人的な都合で早く日本に帰りたいがために安易に負け抜ける者が出ないようにという理由もあった[67]。罰ゲームの放映時間は一般的に、1つのチェックポイントにつき1分から10分ほどだが、収録にはおよそ2時間以上の時間が費やされていた。基本的に福留/福澤(第10回南米ルートでは日高)も罰ゲームに立ち会った[68][69]が、行程上の理由でスタッフと敗者だけで罰ゲームを行ったこともある(第9回のドーバー)。, 罰ゲームの最後には、「○月○日[70]第○チェックポイント[71]失格者[72]○○(失格者名) 帰国[73]」 とテロップが出る。砂漠や迷路、荒野、海洋を使った罰ゲームで、終わる(帰国する)のが何時か分からない場合には、「帰国?」とクエスチョンマーク付きで出される場合もある[74]。大半の罰ゲームでは失格者は行方不明もしくは消息不明、生死不明という演出をしているが無論、番組は責任を持ってちゃんと日本へ帰国させている[75]。まれに「帰国予定」[76]「やっと帰国」[77]や帰国中の敗者が画面に映った時には「帰国中」の表記も使われた[78]。, 視聴者からは、過酷な罰ゲームを批判する新聞投書をされたこともあった。それに対し、日本テレビは「主役たる敗者の真の姿を浮き彫りにするためにも罰ゲームを科している」「罰ゲームはいかなる場合もテレビ画面に見えないところで安全策をとっている」「本人の意志を尊重することは言うまでもない」と回答した[79]。今世紀最後では高齢者の参加があったことに配慮し、スカイダイビングの罰ゲームでは強制ではなく、直前に行うか否か確認をしていた。, ごくまれに罰ゲームに先だって、または罰ゲーム終了後に賞品が贈呈[109] されることもある。ただし、所詮罰ゲームであるためオチがついている[110] ことが多い。新聞テレビ欄で罰ゲーム内容の要約が掲載されネタバレされることもあった[111]。, 実際に行われた罰ゲームは「スタッフが事前に罰ゲームを体験する」というルールがあり、企画は面白くてもスタッフが誰一人として行えなかったものを罰ゲームとして採用する事はなかった。例として、前述の第13回ショットオーバーのバンジージャンプも、スタッフが実際に飛べなかったために飛ぶ直前のドッキリ体験までとなった[112]。, 決勝戦では敗者(準優勝者)に対する罰ゲームは"今世紀最後"を除き[113]無かった代わりに、準決勝までの敗者のようにインタビューや労いの言葉などといったものがかけられることは一切無く、敗れ去って呆然とした姿や、クイズ王として称えられる勝者を虚ろな表情で見つめる姿などが、優勝者へのインタビューや表彰の合間に映し出される。視聴者には、決勝戦の敗者の姿はクイズ王として称えられる勝者とは全く対照的に映ることになった。, 第13回・第14回・第16回を除く各回ではスタジオパートがあった。スタジオでは、総合司会(“今世紀最後”ではスタジオ司会)がルートの紹介をするなど番組全体の進行を担当した。, 第12回までの総合司会の服装は基本的に本番組特製のブレザーを着用し(第1回・第2回は黄色、第3回-第6回は白、第7回-第10回は水色[114]、第11回は藍色、第12回は青)、高島忠夫は常に蝶ネクタイであり、また高島忠夫は一貫してズボンだったが、石川牧子は第3回まではズボンで、第4回以降はスカートだった。しかし第15回と"今世紀最後"では小倉淳と伊東四朗が常にタキシードだったのに対し、永井美奈子と松本明子はドレスだったり洋服だったりした。, 観客席は第12回までは総合司会とは向かい合った場所(カメラ側)に設置されていたが、第15回と"今世紀最後"ではスタジオ両脇に設置された。その観客は、番組宛の観覧希望に当選した人を中心に、本戦での敗者も何人か入っていた。, 高島・石川時代は(クイズ王凱旋入場を除き)一貫してデスクの後ろに起立して進行していた。そのデスクは第1回は白、第2回は青と白(高島は青側、石川は白側)、第3回から第7回までは灰色で、第8回以降水色[114]だったが、正面には一貫してウルトラクイズのシンボルマークが付けられていた。, スタジオパート開始時は、第3回より第1夜はジングルをバックに総合司会がタイトルコールして開始、第2夜以降はジングルとタイトルコールを省いて開始した(例外もあり)。一方第15回では、第1夜はタイトルやルートなどの一部の電飾が点灯した暗いスタジオの中で、小倉と永井によるタイトルコールの後、照明の点灯と同時にクラッカーが鳴って開始した(第2夜以降は今までと同じ)。, スタジオでのルート紹介は、第1回から第12回までと第15回では電飾が配置された地図のセットが使用された。総合司会の2人が地名とキーワードを順次読み上げ(総合司会の男性が地名、女性が説明+αの形で紹介、これはスタジオがある回では毎回共通)最後は「ここまでたどり着けるのはたったの2人」の決まり文句で締めるのが恒例[115]、また第1回のみ賞品地の場所も記された。回が進むとルートが壮大になり、第12回ではブラジル、アルゼンチン、チリの南アメリカルートが床の部分に伸びていた。また、第10回の南北ルートや第11回の一足飛びルートは、それぞれ雲や竜巻の形をしたセットでルートを隠し、視聴者や観客に興味を持たせた。第13回、14回は衛星写真をもとにCGルートが構成され、“今世紀最後”では電飾ではなくCG画像を使って行われた。, 地図のセットには、第3回から各チェックポイント[116] のイメージがイラストで紹介、イラストは法廷画家で知られるくどう昭が担当、そのイラストは「骸骨が水を飲む」(第7回デスバレー)、「挑戦者がレーシングカーに追われる」(第8回インディアナポリス)、「挑戦者が耕運機に追われる」(第11回リンカーン)、「大砲の弾丸が挑戦者を吹っ飛ばす」(第12回ゲティスバーグ)などといったブラックユーモア的なのが多いが、中には「ラシュモア山」(第8回ラピッドシティ)、「エッフェル塔とフレンチカンカン」(第9回パリ)、「南軍兵士と北軍兵士」(第10回アトランタ)などといったシンプルなのもある。, チェックポイントの合間や番組ラストには総合司会の2人による、ジョークを交えたトークが行われ(例えばハワイ行きが決まった時には、高島が「これがハワイ〈早い〉者勝ちですね」とダジャレを言った)、時にはそのチェックポイントでのクイズ形式の実演を行うこともあった[117]。挑戦者に対してツッコミが入ることもあった。また初期ではチェックポイントのOA後に敗者がスタジオに呼ばれることもあった。現地で罰ゲームがなく、スタジオでびっくり箱による罰ゲームがあったこともあった[118]。, また第12回までは、別室においてコンピュータを使用しての敗者(または勝者)予想が行われた。コンピュータ予想は主に挑戦者の正解率のデータを用いて行われたが、正答率順で上位の挑戦者に落選マークをつけて実際にその通りになったことや、それまでの挑戦者たちの傾向やジンクスから予想したり、何のデータも示さずCGで特定の挑戦者のアニメーションを流すこともあった[119]。第8回では挑戦者と予想対決もした[120]。なお第15回では第4週(最終週)だけ、それもスタジオで小倉と永井が勝ち残った6名を競走馬[121] に見立てて予想したこともある。, 第5回以降は、番組終了時に、総合司会の2人で「勝てば天国!」「負ければ地獄!」「知力体力」「時の運」「早くこいこい」「木曜日」「史上最大」「第○回」「アメリカ横断」「ウルトラクイズで」「お会いしましょう!」という決まり文句を発していた(「木曜日」の部分は第5回第3週では「再来週の木曜日」[122]、同最終週では「1年後」、第6回最終週では「また来年の木曜日」、“今世紀最後”の1日目では「月曜日」2日目では「21世紀」)。, 決勝戦終了後は、クイズ王が出題者とともに優勝旗を持ってスタジオに登場し、総合司会からインタビューを受けた。クイズ王の入場ゲートは毎回様々なパターンがあり、第8回と第10回はバックにニューヨークの摩天楼、第9回は決勝地のパリに因みエトワール凱旋門、第12回はゲートのカーテンが星条旗、そして第6回は優勝賞品「世界一周」に因み地球儀からの入場だった。また第7回では優勝賞品授与のVTRを放送した後、いきなりクイズ王と出題者がスタジオに登場し、頭上に吊り下げたくす玉が割れて祝福するという演出だった(この後インタビューとVTRの続きを放送)。クイズ王のほか、準優勝者や準決勝敗者、スタジオに呼ばれた挑戦者の親族[123]などが登場することもあった[124][125]。“今世紀最後”では決勝戦を生放送(衛星生中継)で行ったため、現地のクイズ王がスタジオに招かれた家族と会話した。, 第1回では、アメリカ本土上陸者が決まった時点でスタジオの観客が優勝者を予想し、当たった人で賞金を山分けした。, “今世紀最後”のスタジオパートは1日目は収録だったが、2日目は決勝戦を衛星生中継で行うことから生放送で行われた。, なお、第13回・第14回はスタジオパートがなかったが、CG画像を使用しての全体ルート紹介や、現地でのスタッフや挑戦者、敗者による敗者予想が行われた。第16回では、2週目以降の各放送の冒頭で前週までのルートをCG画像で紹介したのみで、全体のルート紹介は行われなかった。, 優勝賞品の多くはほとんど、あるいは全く役に立たないものであった。中には「ほとんど罰ゲームみたいな優勝賞品」と評されたものもある[126]。第16回のブドウ畑のように、税金などの経費負担が重く結局手放さなければならない場合もあった(課税される商品の固定資産税などの税金は初年度のみ日本テレビが負担していた)。しかし、中には第11回の島のように、その後長期に渡って保有している(固定資産税を納付している)例もある。第15回の手掘り温泉は特に珍しいものではなく、地元の人々も自由に作って入っている。, 優勝賞品の発表は、残り人数が6-7名と少人数になった頃のチェックポイントで行われることが多かった。例外として第1回では参加申込規約に発表されており、第8回と第13回では第一次予選会場で発表された(第13回では3つのヒントのみが発表されただけで賞品の概要は優勝者のみに明かされた)。, 本番組の優勝賞品はあくまでも「おまけ」であり、優勝を果たすまでの長い旅路の過程、アメリカなど各国の広大な景観・自然、一緒に長い旅をすることで得た世代を超えた友人達や普通では体験することができない人生経験、「ウルトラクイズのクイズ王」という名誉自体が「本当の優勝賞品」という認識をされている。これは優勝者だけでなく、準優勝者以下の敗者たちにとっても同様である。実際に、大多数のクイズ番組では当たり前のように出る「賞金」が本番組にはない。第2回のリノで行われたルーレットクイズで、勝ちぬけに必要なドル数(6ドル)以上を勝ち抜け時に獲得した場合、その超過分が現金として挑戦者に渡されたことがある(もっとも、ほとんどの勝者は3-4ドル位の獲得で、当時のレートで6〜800円前後、最多の賞金を手にしたのは、1ドル獲得の次に40ドルが当たった挑戦者で、35ドル、約7千円弱程度だった[127]。これが本番組で唯一明確に出された「賞金」だった。

車 色 風水 34, 自宅 自習室 作り方 45, テレワーク 中抜け 規程 14, 元 皇族 ティアラ 9, Pso2 キャラクリ データ 13, ぐらんぶる 44話 Raw 27, 高校 サボる なんj 7, ポケモンgo たくさん 出る 8, ウイングゼロ 大気圏 離脱 8, Pandora アウト レイジ 19, 横尾渉 歌 Utage 4, Sixtones ライブ2020 グッズ 10, コロナ 慎二 奥さん 17, Lg フッ化水素 不良品 16, クライシス ドラマ Pandora 17, 野津さん ペンギン 離婚 22, サッカー選手 低身長 日本 10, アウトレイジ セリフ 指詰め 7, 鉄道 就職 ブログ 17, My Swagger 意味 9, 早稲田大学応援部 5 代目団長 5, 高野 苗字 かっこいい 27, Sp 警視庁 警護課 18,