タムラ製作所の設立時期:1939年11月21日, つぎは、タムラ製作所の年収中央値を計算してみました。 その後、アムロ・レイのニュータイプ能力により、「このままでは全滅する、総員退艦命令を」と進言を受け乗員と共にランチで脱出、無事に生還する。 神を捨て宇宙世紀へと移行した時代、ニュータイプ神話が文字通りの神話になれば対ジオニズム闘争は宗教戦争になってしまう。 バムロは別れ際にセント・アンジェがすでに消滅してしまっていること(目の前の荒涼とした大地と付近にはなかったはずの湖が一年前までセント・アンジェだった場所であること)を告げ、一緒にホワイトベースを下船した避難民のところに戻ることを勧めた。彼女はその事実に衝撃を受け、思わずその場に泣き崩れている。その後は親子共にバムロの助言に従い、ミッド湖畔の避難民らの住む人家へ合流したと思われる。, ベルファストにて姉のミハルと共に暮らしている幼い妹。ミハルが行方不明となってからもミハルが残したお金で兄のジルと共に暮らしていた。, ニューヤーク市の前市長。財界の要望もありジオン軍のニューヤーク市支配にやむをえず協力していたが、元々エッシェンバッハ家は地球連邦に近い筋の名家であったため、ガルマとイセリナの結婚には断固反対していた。シャアもパーティーで見かけた彼を頑固そうだと評していた。, サイド7の戦災孤児として、ホワイトベースに避難。当時5歳。カツやキッカらと3人組カツ、レツ、キッカのトリオとして、ホワイトベース内で可愛がられる。第30話では潜入したジオン軍兵士に捕まり縛りあげられるものの、ロープを強健な歯でかみ切り、三人組だけでジャブロー内GM製造工場に仕掛けられた爆弾を取り外すという離れ業の大活躍を見せる。最終回では3人でア・バオア・クーから脱出するアムロのコア・ファイターを誘導し、高いニュータイプの資質をうかがわせた。子供ながらホワイトベースのクルーとして一年戦争を生き抜いた。, ククルス・ドアンに親を殺された戦争孤児の少女。他の子供達の面倒を見るだけでなく心に傷を負っているククルス・ドアンをも優しく見守っていた。それゆえ根拠も無くドアンを誹謗中傷するアムロを思わず平手打ちにしている。戦争によって心が荒み、沈む夕日の美しさも解さないアムロを憐れんでいた。. 優れた身体能力を持っており、耐G能力に優れていたことから、ビグロのテストパイロットに抜擢された。またヘルメットには、角付きドクロが描かれている。デミトリーを始めとする部下からは大変慕われていたことが第32話のマリガンの説明で明らかになる。 その後の「Z」「ZZ」、「逆襲のシャア」でも艦長ポジションにて登場。複数の作品で主人公が所属する艦の艦長を務め、幾多の戦場で指揮を執った歴戦の軍人である。 バナージ・リンクス オットー・ミタス スベロア・ジンネマン 一年戦争末期ア・バオア・クーにおいて連邦軍との最終決戦を目論むが、デギンは事態を憂慮し独断でグレート・デギンに座乗して連邦軍との和平交渉に赴く。自らの戦略に従わない老いた父を完全に見限ったギレンは、グレート・デギンの進路こそレビルが率いる連邦軍の主力・第一艦隊の進攻コースと読む。そして和平交渉が始まる前に事を決しようと、予定を大幅に前倒ししてソーラ・レイを「ゲル・ドルバ照準」に最終設定し作戦時間21:05に発射を指令、レビル将軍もろとも父デギンまでも謀殺した。しかし、ゲル・ドルバ線上からグレート・デギンの識別信号が確認されたとの報告を受け、ギレンが父を殺したと知ったキシリアにより、宇宙世紀0079年12月31日、「父殺しの男」としてア・バオア・クー攻防戦の作戦指揮中に射殺された。この際もキシリアに無防備に背中を見せ、銃口を向けられても「冗談はよせ」と一笑に付していたが、その余裕の姿勢が仇となった。, ランバ・ラル隊のザクのパイロット。ラル隊がコズンとアコースを失った後に、ステッチと共に登場した。キュイから発進してホワイトベースへ白兵戦を仕掛けるラルをザクで援護していたが、セイラの搭乗したガンダムからビームライフルの直撃を受け戦死。, ランバ・ラルの内縁の妻。ランバ・ラル隊と共に地球へ降りてきた。正式な軍人ではないが部隊内ではラルと同等の敬意を受けており、ギャロップのブリッジで常にラルの傍らにいる。 給料:約37万円 as personality full of artists has received high praise. そしてネオ・ジオン戦争終結後、ジュドーとルー・ルカは、ジュピトリスⅡに搭乗し木星圏へと向かうのを、リィナ・アーシタとセイラ・マスを含めたエゥーゴのクルーたちとともに月面フォン・ブラウン市の宇宙港で見送った。, 四年後、地球連邦軍・独立新興部隊「ロンド・ベル」の旗艦ラー・カイラム艦長兼部隊司令(大佐)として、アムロと共にシャア率いるネオ・ジオンと戦った。 本社所在地:東京都練馬区東大泉一丁目19番43号 それでは全体の年齢別年収をみてみましょう。, では平均年収がわかりましたが、次にタムラ製作所の年収は性別によってどのくらい変わるのかを比較してみました。男女別の平均年収をみてみましょう。, では、タムラ製作所の平均年収は655万円でしたが上場企業の年収ランキングでは何位にいるのでしょうか。 サイド7からホワイトベースに乗船したフラウ・ボゥによって持ち込まれたSUN社製の市販ロボットであり、主にカツ・レツ・キッカ達の玩具となっていた。 ソロモン攻略戦を終えると、最終決戦地となるア・バオア・クーの戦闘に参加。 だがブライトが到着する頃には前任のケネス・スレッグ准将により既にマフティーは捕らえられ、UC105年5月1日マフティーは銃殺刑に処されている。 男性女性での中央値の予想値も算出してみたのでごらんください。, つぎは、タムラ製作所の年齢別年収をみてみましょう。 ランバ・ラル隊がホワイトベースに白兵戦を仕掛けてくる第20話にて、艦内の銃撃戦でランバ・ラルと相討ちになり重傷を負う。そして、クラウレ・ハモンを筆頭としたランバ・ラル隊の生き残りが再び攻撃を仕掛けてきた第21話において、マシントラブルで移動不能になっていたガンタンクに怪我を押してジープで近づき、操縦手をしていたジョブ・ジョンを押しのけ内蔵されていたコア・ファイターに乗り、ガンダムの真後に肉薄し止めを刺さんとしていたクラウレ・ハモンの乗るマゼラトップに特攻し戦死する。戦死後、二階級特進で中尉(劇場版『哀・戦士編』では死後3階級昇進で大尉)に任命された。, 地球連邦軍所属で階級は中尉。ルウム戦役などで優秀な佐官クラスの人材が大量に失われたためか、中尉のままサラミス級巡洋艦(名称はサラミスあるいはマダガスカルとする説がある)の艦長になった。ルナツーから地球に向かうホワイトベースを護衛。大気圏に突入する際はカプセルに乗り移ってホワイトベースを先導した。しかし途中でシャア率いるジオンのモビルスーツ隊の攻撃を受け、カプセルが被弾、自身も負傷してホワイトベースに収容される。地球降下後は階級の関係で一時的にホワイトベースの艦長代理となるが、敵中に孤立した状況で適切な指揮が執れたとは言えず、ブライトと対立する場面も多々あった。第9話にてマチルダの補給部隊が帰還する際にサラミスのカプセル乗員と共に引き取られ下艦する。, 地球連邦軍の宇宙拠点ルナツーの司令で階級は少佐。 エゥーゴに参加する一方で連邦軍に籍を置く彼は、地球に残してきた家族を心残りにしており、家族からの手紙で涙を見せるなど家庭人の一面も見せた。 高卒までの年収を比較しました。, ※厚労省が算出した賃金統計調査から平均的な賃金比率を税理士が割り出し、それを元に計算した予測結果となっております。, タムラ製作所の年代別年収は、年齢別年収推移より

しかし、サイド7に向かう途中にゲリラ掃討作戦から帰還途中のシャアのムサイ級戦艦「ファルメル」に後をつけられてしまい、サイド7へ侵入したザクにMS工場などを目撃され戦闘となる。ガンダムがサイド7内で史上初のモビルスーツ戦をしている傍ら、ファルメルの迎撃に自ら加わるが、第2話冒頭でミサイルの爆風により破片が宇宙服に多数突き刺さる重傷を負う。そしてホワイトベースは3機のMSを積み込んでサイド7を脱出。シャアの追撃を必死に振り切りつつルナツーに逃げこむも、融通の利かない生硬な対応しかしない司令官ワッケインを苦しい息の中で懸命に説得。シャアの罠に掛かったマゼラン艦がゲートを塞いだ形となった際にワッケインがホワイトベース主砲で排除させたが、そのバックファイアの衝撃により息を引き取る。彼の亡骸はホワイトベースのクルーらによって宇宙葬にされた。, スペースコロニーのサイド7で、アムロ・レイのガールフレンドだった。内気で、父親が留守がちのため趣味に没頭し自分の身の回りのことをほとんどしないアムロに食事を差し入れるなど、甲斐甲斐しく彼の世話をしていた。またアムロの隣に住むハヤト・コバヤシとは幼馴染であった。, 宇宙世紀0079年9月、このとき19歳。サイド7において、搭乗していたホワイトベースがシャア・アズナブル率いるジオン軍の急襲を受け、地球連邦軍士官候補生であった彼は、サイド7を脱出した民間人をなし崩しにまとめさせられ、初代艦長・パオロ・カシアスが負傷すると二代目艦長に抜擢される。, 小太りのホワイトベース隊員の一人。脱走から戻ったアムロに対するブライトの甘過ぎる処置に不満を抱き、ハヤト、カイ、ハワドと共にバギーで脱走。追いかけてきたリュウに説得されホワイトベースへ戻った。この一件で気が合うようになったのか、その後ジャブロー内でもカイやハヤト、ハワドと共にバギーに乗っている姿が見られる。, ホワイトベース医療班の看護兵。階級は軍曹。サンマロと共にホワイトベース負傷兵及び救助将兵・民間人の看護に当たる。設定画ではミライに酷似した容貌(ショートカットのミライといった趣)だが、本編中では横顔と後姿のみの登場である上に無言なのでさほど似ているという印象は無い。, 地球連邦軍補給部隊のミデア機長で階級は中尉。軍種は未詳(連邦もジオンも統合軍運用されていた可能性がある)。レビル将軍の特命により、ミデア輸送機のみという大胆な編成で護衛もなく、ホワイトベースへ赴き多量の物資を送り続けた。その補給は孤立無援で戦闘をし続け疲弊していたホワイトベースクルーにとって、物心両面においてまさに渇きを癒すオアシスともいうべきものだった。 ジオン軍の地球侵攻作戦では資源採掘地帯オデッサの基地司令となり、資源採掘・輸送、基地防衛などを統轄していた。また占領地では、任務の傍ら骨董品蒐集に努めており、特に北宋期と推定される白磁の壺は彼に寵愛され執務室に多数並んでいる。また基地の防衛に努める一方、地球連邦軍の副将エルランに内通を促すなど策謀家としても活動した。このように軍人としての功績はあるが、計算高い性格の上に情が薄く、官僚的で政治的な駆け引きには長けるものの、任務達成のためなら手段を選ばない狡猾な印象が強い。

ソロモン攻略戦後、第一大隊を率いジオン本国を攻略する途上の宇宙世紀0079年12月30日作戦時間21:05、ジオン公国総帥ギレン・ザビの命令によりゲル・ドルバ照準で発射されたソーラ・レイの直撃を受け、和平交渉に赴いたデギン・ザビもろとも光の渦に呑み込まれ戦死した。, 地球連邦軍の兵士で、階級は曹長。恰幅のいい体格をした温厚な青年。連邦軍に志願入隊して間もなくモビルスーツパイロット候補生としてホワイトベースの乗組員になるが、サイド7へのザク強襲以降は乗組員の中で数少ない正規軍人として、コア・ファイターでの戦闘支援や他のパイロットを気遣うなど面倒見の良い一面も見せていた。ホワイトベースが地球に降りてからはガンタンクの操縦手としてハヤト・コバヤシと共に出撃している。戦闘の指揮を執るブライト・ノアとは異なり、艦内の統制をするサブリーダー的な役割を担った。 そして11話でガルマの基地を訪ね、部下であったダロタに訴えて仇討ちのためガウ攻撃空母3隻で出撃。他の2機を撃墜されるも、負傷したダロタに代り自らガウの操縦桿を握ってガンダムへ特攻、その衝撃でガンダムを操縦不能に追い込む。修理のため外に出たアムロを銃を構えて狙い撃とうとするが、自身もガウの特攻時に深手を負っており、力尽きてガウから転落し死亡。その際の彼女がアムロを仇(かたき)と呼んだことは、アムロに深い衝撃を与えた。この後アムロ、カイ、リュウ、ハヤトによって名も知らぬ女性として砂漠に埋葬される。, サイド7の戦災孤児として、ホワイトベースに避難。当時7歳。レツ・コ・ファンやキッカ・キタモトらと3人組カツ、レツ、キッカのトリオとして、ホワイトベース内で可愛がられる。トリオの中では唯一、第1話に未登場で、初登場はフラウ・ボゥに連れられホワイトベースへ避難してくる第2話の冒頭である。トリオの中では最年長で、劇中では最も大人しくおっとりした性格であった。一時はジャブローにて施設に引き渡されそうになるが、3人の強い希望で引き続きホワイトベースに残り、終戦を迎えた。, アムロ・レイの母親。宇宙での暮らしに馴染めず、夫のテム・レイに幼いアムロを託して別居し、地球でひとりで生活をしていた。 放送システムに関しては、国内でも有数のシェアを誇ります。 テムレイの年齢が気になる。 また、酸素欠乏症になる前はどういうキャラだったのか? 猛烈エリートエンジニアのような感じですが、家庭人としてはどうだったのか? などなど、オリジンでも・・・ 平成28年:653万円 ここ数年での年収推移は578万円(最低)~672万円(最高)となっています。 アムロ・レイ カイ・シデン ハヤト・コバヤシ セイラ・マス  平成22年:588万円 ブライト本人はマフティーが息子のハサウェイであったとは知らされていなかった(ケネスはブライトにその事を知らせないためにブライト着任前にマフティーを処刑した)。だがその後、ケネスのケアレスミスにより、マフティーの正体を知ってしまったメジナウム・グッゲンハイム大将がマスコミに流したリークにより、ハサウェイを処刑したのはブライト本人という事にされてしまう。しかしブライトに汚名を着せようとしたこの工作は思惑とは逆に父親に息子を殺させた連邦に対する世間の非難を集める結果となった。 テレビ版第37話では、マ・クベの命でゼナとミネバをグラナダへ送り届けた後、デラミン艦隊との合流を急ぐ途上でワッケインが乗るマゼラン級戦艦と遭遇する。交戦したが戦艦には敵わず、乗艦チベと共に戦死。なお、彼の乗るチベはカラーリングが通常のワインレッドではなく、ムサイのような緑色だった。, ジオン公国地球方面軍の戦闘機パイロットで、ガルマに随伴し護衛を務める。背中のロケットノズルでジャンプして空中戦を展開するガンダムを目の当たりにして驚愕した直後、バズーカで乗機のドップを撃墜され戦死。, シャアに率いられマチュウらと共にノーマルスーツ姿の特殊工作部隊としてルナツーへ奇襲をかけ、さらにザクに乗り込み出撃した。ホワイトベースによるマゼラン艦排除の爆風に機体を巻き込まれて戦死。, ジオン公国のニュータイプ研究所とも言うべきフラナガン機関の設立者。脳波を増幅させる装置「サイコミュ」を開発し、エルメスに実装してビットの遠隔操作テストを行なっていた。, ユーコン艦長で階級は大尉。マッドアングラー隊におけるシャアの副官。MS隊を指揮したり、ホワイトベースにスパイを潜入させるなど活躍する。

インド系で肌は浅黒い。額にはヒンドゥー教の女性がしているビンディが見られる。出撃時以外は裾の広がった黄色のワンピースドレスを着用。そのため、キシリアに見咎められたこともある。なお、劇場版ではキシリア謁見時は軍服を着用している。 50代で810万円~(推定) シリーズ第1作にてホワイトベースの艦長(代行)として活躍。 32話でデミトリーをシャアに無断で出撃させてしまい、さらにそれが撃破されたことで、シャアに借りを作ってしまう。この借りは40話で返した。37話ではゲルググで出撃するシャアにノーマルスーツ着用を進言しているが、断られてしまう。41話でゲルググとエルメスがガンダムと交戦中にホワイトベースと交戦。乗艦ザンジバルは撃沈され、マリガンも戦死した。, キシリア・ザビ配下のジオン公国突撃機動軍大佐。副官はウラガン、部下にはクリンク、バイス、ラング、ヘイブなど。 それによると艦の左側に注目するのはホワイトベースの左メインエンジンが一度半壊してしまったためである事がうかがえる。 1st~ZZまでは白目がなく、逆襲のシャアで白目が書き込まれるも、閃光のハサウェイで再び喪失。 それから時を経て一年戦争末期、地球連邦軍がチェンバロ作戦を実行し、宇宙要塞ソロモンに攻め入った際(TV版第35、36話)には第2連合艦隊の指揮官として、ソーラ・システムの展開作業を指揮。ソロモンに対して大ダメージを与える事に成功する。その後ソロモンへの攻撃に参加するが、ビグ・ザムが発射した大型メガ粒子砲によって乗艦タイタン(マゼラン級戦艦)ごと撃破され戦死。, ホワイトベースに乗艦する技術士官として登場。サイド7に入港後、そこで極秘に建造されていたガンダムなどのMSをホワイトベースに積み込む任務に当たるが、ジオン公国軍のシャア・アズナブル少佐の率いるモビルスーツ部隊が奇襲をかけてきたため、サイド7の避難民よりもガンダムを優先してホワイトベースに移送させようとする。しかし、アムロによって偶然起動されたガンダムがジーンのザクを撃破した爆発に巻き込まれ、宇宙服はあらかじめ着用していたもののスペースコロニーに開いた穴から宇宙へ投げ出される。 平成30年:672万円 シャアに「ジオン十字勲章」ものの獲物だとそそのかされ、いくどとなくホワイトベースへ攻撃を仕掛けるものの、ガンダムに搭乗するアムロの奮闘と新米指揮官らしくないブライトの奇策によってホワイトベース隊に連敗する。ホワイトベースが北米大陸を抜け、太平洋に出ようとする第10話で「親友」シャアの口車に乗り、囮となってあらぬ方向へ逃走するガンダムをガウで追跡するよう誘導され、待ち伏せしていたホワイトベースおよびガンキャノン、ガンタンクに総攻撃を受ける。その際、シャアから裏切りを告げられ、愕然としながら初めて「親友」の正体と本性に気づく。嘲笑するシャアの声が響く中、ガウ攻撃空母の舵を自ら取り180度回頭させてホワイトベースを道連れにすべく体当たり攻撃をかけるも間一髪でかわされ、爆発四散するガウの中で戦死する。, ジオン公国軍突撃機動軍司令で階級は少将。デギンの長女。 幼少の頃に父ジオンが死去し、当時ダイクン派だったジンバ・ラルの元へ兄と共に引き取られる。それと同時に、ジオン共和国の独裁化を目論むザビ家の迫害から逃れるべくマス家の養女となり、アルテイシア・ソム・ダイクンからセイラ・マスに名を改め、素性を隠しながら地球で過ごすこととなる。その後、兄がサイド3(ジオン公国)へ向けて旅立ったと同時に、自らはサイド7へ移住していった。 ギレンとは政治的に、ドズルとは軍事的に対立していた。乗艦はグワジン級戦艦グワジンあるいはグワリブ。

主力として十分に活躍できる。, ブライトを代表する台詞だが、有名になったのはやはりスパロボの影響が強いと考えられる。 オンリーワンであり続けることで、お客様や社会に喜んでいただける製品やサービスを提供し続けることができると考えています。 第2次スーパーロボット大戦Gやスーパーロボット大戦αでは、オリジナル展開でリーンホースJrの乗艦する。 マフティー処刑後、キルケー部隊司令の任を引き継いだ後のブライトの足取りに関しては『ブライトは新聞でマフティーの正体が息子だと初めて知り、その事実関係を調べるが、軍が発表したのは事実関係のみの為簡単にシラを切られる、証拠は得られない。ブライトは当惑したまま、マフティーの正体も分からず、三ヶ月後そのまま退役するだろう』とケネスに推測されていた。 CV:鈴置洋孝/成田剣(UC以降)/置鮎龍太郎(ガンダムさん) 平均年収jpに掲載されている企業の中で順位をつけてみました。 しかし退官願いは3年も受理されておらずその理由に、連邦上層部はアムロ・レイやカミーユ・ビダンのような突出したパイロットであるニュータイプを従える事が出来たブライトを危険視しており、いざ連邦内部でニュータイプの再来や反乱があった場合としての人質として拘束するという考えがあったからである。前述の考えについては閣僚の中でもっとも強く軍の方もそれに従っており、もしブライトが政治家にでもなられてニュータイプ的な発言をされたら一番困るのは政治家であり軍のトップだったからである。, 白目がない事は一部では有名。 ムサイ級1隻、リック・ドム6機の増援を受けていた[13]。サイド6での修理をあきらめ、覚悟を決めて出てきたホワイトベース側がサイド6の領空を示すブイを通過直後にコンスコン機動部隊の先手を取る形で攻撃を開始したことで早々にムサイ1隻を喪失。サイド6のテレビ局が生中継する中、ムサイとリック・ドム隊はまたも全滅。自身が座乗するチベ1隻となったコンスコンは、チベにホワイトベースへの特攻を命じるも、チベはガンダムのビームサーベル攻撃で轟沈し、彼も戦死した。, 階級は曹長でゴッグのパイロット。ブーンの命令でシャアの到着前にホワイトベースを沈めるべく、マーシーのゴッグと共にベルファスト基地を襲撃する。機雷網を平然と突破できたゴッグの重装甲に感嘆するが、上陸直後にマーシー機を撃破されたために海中へ退き、得意の海中戦に持ち込む。ガンダムのメインカメラにダメージを与えるなど善戦したが、ガンダムの二刀流ビームサーベルで自機のモノアイを潰され、機体を切り裂かれて戦死した。, 第28話に名前のみ登場。ズゴックのパイロット。潜行しつつ浮上して頭部ミサイルを発射した後、再び潜行という攻撃パターンでホワイトベースを攻撃するが、ハヤトのコア・ファイターを狙って水中から跳躍した瞬間をセイラのGファイター(劇場版ではコア・ブースター)にビームキャノンで撃たれ、爆死。, ランバ・ラル隊の一員で、ソドンの町で食事を取る時に歩哨に立っていた。アムロを探していたフラウをラルの元へ連行するが、ラルから彼女を放免するように言われたため、止む無く従う。, ニュータイプ用兵器開発部隊に所属するジオン公国軍の女性技術士官でブラウ・ブロの開発者。階級は中尉。航行テスト中に故障していたところを警戒飛行していたGアーマーに発見されたため、やむなく戦闘に入る。ボルトアウトしたガンダムのビームライフルでブラウ・ブロの左部分を撃破され、分離機構を持つ中央・右部分のみで辛くも離脱に成功する。その後、木星帰りのニュータイプ、シャリア・ブルをメイン・パイロットに迎え、自らは戦闘データ記録のオブザーバーとしてガンダムに雪辱戦を挑む。だがブラウ・ブロを撃墜され、今度は脱出する間もなく戦死した。, 従来からのいわゆる「美形悪役」の流れにあるキャラクターではあるが、ジオンの独裁者ザビ家に対する復讐のためにこの戦争を巧妙に利用する人物として設定されている。ホワイトベースに乗る妹 セイラ・マスの存在に悩む一方で、ニュータイプの少女 ララァ・スンと出会い、さらに彼もまたニュータイプとして覚醒することによって、人類の進化のために戦争を利用するという高い理念を抱くようになっていく。, 第39話「ニュータイプ、シャリア・ブル」に登場。階級は大尉。口ひげをたくわえたロマンスグレーのナイスミドル風の容姿であり、若年層に数多く発生例が見られたニュータイプ(のパイロット)としては後のシリーズを通しても異色の存在。また、意味不明な言動やエキセントリックかつ情緒不安定な性格の多いニュータイプ(または強化人間)の中にあって、その落ち着きのある謹厳実直な人柄も極めて異例である。 その後、一連の作戦でMS4機を失った責任を感じ、シャアからグラブロを借り受けて出撃する。この時、マッドアングラーにはズゴックが5機残っていたが、そのうちでブーンが連れていったのはグラブロが牽引できる2機のみである。ブーンはホワイトベースに追いつくとガンダムの片足を掴んで引きちぎるが、それがかえってガンダムに自由を与えることとなり、グラブロのコクピットをビームサーベルで貫かれて戦死したうえ、牽引していたズゴックを2機とも撃破された。, クリンク中尉の部下でド・ダイYSの連携運用隊のグフのパイロット。クリンクのド・ダイYSと組んでミデア編隊を攻撃していた。アムロのコア・ファイターを攻撃しようとした瞬間にガンキャノンの砲撃でド・ダイが爆発し、地上に追い落とされる。地上戦ではヒートロッドでガンダムを苦しめるが、急に反転したガンダムのビームサーベルでヒートロッドと片脚を切断される。その直後に何故か「エンジンをやられた」と叫びグフごと爆死。, 階級は曹長。ジャブロー攻略の先発隊として出撃し、内部への入り口(宇宙船用ドック)を発見する大手柄を立てるが、メインカメラをウッディ・マルデンに潰されたシャア専用ズゴックの脱出を援護すべく乗機であるゾックのビームを乱射したところ、ガンダムのビームライフルでコクピットを貫かれ、戦死。出撃前のゾックを見たシャアには、その性能を疑われていた, ソロモン要塞を巡る攻防ではドズルに付き従い、ビグ・ザムの副パイロットとして出撃する。ソロモンの陥落を悟ったドズルに脱出を促され一度は異を唱えるも、彼の意を汲みノーマルスーツ姿でザクに曳かれてドズルへ敬礼しつつソロモンを後にした。, 19話に名前のみ登場。ランバ・ラル隊の歩兵でソドンの町のレストランでサグレドと歩哨の任に就いていた。, マッドアングラー隊の一員で、シャアや赤鼻と共にジャブローに潜入した特殊工作部隊の一人。シャアとは別行動を取ったグループだったため、ジム製造工場への潜入に成功。ラムジと共に時限爆弾を設置している途中、紛れ込んできたカツ・レツ・キッカの三人組に気付かれロープで縛り上げる。なお、ラムジへ敬語を使っていたので階級は彼より低いと思われる。ジャブローから脱出しようとする途中でガンダムの追撃を受けアッガイを撃破されて戦死。, ザクのパイロット。ルナツーに奇襲をかけ、シャア専用ザクのヒートホークとビームサーベルで鍔競り合いをしていたガンダムを背後からザクマシンガンで攻撃しようとして、後ろ手でもう一本のビームサーベルを突き刺され戦死。, 隻眼のメンバー。階級は中尉。中距離戦闘を得意とし、砲撃の名手でもある。傾向の異なる他の2人の技能を有機的に連帯させる、いわばコンビネーション攻撃の調整役である。第24話でガンダムにジェットストリームアタックをかけた際、2番目にガンダムに攻撃を仕掛けるが、マチルダ中尉のミデアが割って入った際にスキを突かれ、前列のガイア機を踏み台にしたガンダムのビームサーベルによって乗機のドムが貫かれた後、そのまま真っ二つに両断され撃破、戦死する。, 物語中盤キシリア配下となって大佐に昇進してからのシャアの副官で、階級は中尉。前の副官ドレンは叩き上げで恰幅のいい豪放なタイプだったが、それとは正反対の線の細い生真面目なエリートタイプ。



キットチャンネル スタッフ 辞めた 27, インターンシップ ワーク 例 9, ジャニーズjr デビュー できない 6, 〇 〇 さん が よく使う言葉 39, 土浦 水戸 通勤 12, 米津玄師 コレコレ 友達 12, 8年越しの花嫁 病気 顔 18, インスタ フォロワー 1000人 壁 23, 下剤 効果 持続 時間 4, 竹野内 豊 結婚 10, 松田聖子 紅白 初出場 28, リファレンス レファレンス どっち 10, 一般 男性 添い寝 し て もらう ナリ よ 5, レペゼン 脇 目撃 15, クリケ 会員登録 メール 29, チュンリー スト5 コスチューム 7, 誰か この状況を説明してください 13話 ネタバレ 5, Python Webアプリ 公開 7, ハロプロ 歌詞がいい 曲 10, ラプチャー 意味 医療 12, Ark Engrams Command 9, 優秀 社員 退職 5, コロンボ 声優 変わる 22, 白金ディスコ 振り付け 反転 5, テニス 賞金 男女 51, 映画 事故物件 ネタバレ 13, 葛城山 登山 駐車場 5, ミャンマー 医療 現状 5, 異世界スマホ 作者 キレる 22, 土 終末 ペンデュラム 18, ゴリラ チンパンジー なんj 10, H Zett Nire 年齢 10, April ナウン メイク 5, ドラゴン桜 数学ドリル 使い方 5, 瀬戸康史 ファン ブログ 8, 鉄拳 ラース 強すぎ 8, 螺旋 長さ 計算 4, 生駒里奈 お 金持ち 4, ボランティア 英語 アクセント 7, 用心棒 ベニー 歌詞 15,