はい、タイトル通りです。 google_ad_height = 90; ミレニアム・パダワン号船長のチュン・ソロです。 登場する多種多様なエイリアンたち!!! それも顔も形も完全に同じの「クローン」の兵士にな!!!

ダース・プレイガス (Darth Plagueis) 共和国末期に暗躍したシスの暗黒卿。シス卿ダース・ベインがヤヴィンの戦いの約1000年前に、一子相伝制を主体とする徹底した秘密主義を確立してから、表舞台に一切姿を現さなかった最後のシス卿。 公式は、「17時04分(5/4)に#フォースと共にあらん... スター・ウォーズの魅力の一つと言えば... インペリアル級スター・デストロイヤー<キメラ>のブリッジへと戻ったスローン大提督は、逃げ去ったクーデター勢力の後を見つめながら思考に耽っていた。, その背後にいるのは、ジオノーシスでカルやトリラたちをあしらって帰還したタロン・マリコスがいた。銀河の星々を見つめるスローンに、マリコスは臆面なくそう言った。, 「予定に変更はない。向こうが蜂起してくるなら都合がいいではないか。この際に、帝国の力の強さを示し、弱く腐ったところを切り落とせばいい」, 反乱分子のクイーンとプリンセスを取り逃がしたのは痛手ではあったが、クーデターを引き起こしたユラーレン率いる勢力は、総勢合わせても武官派の戦力の四割にも届かないほどだ。帝国領内には多くの武官がいる。時期さえあれば鎮圧するなど容易であろう。, 「構わんよ。理想と利潤の区別すらつかぬ騎士たちなど利用価値も少ない。故に、君たちのような力を誇示する存在がいるのだろう?タロン・マリコス」, スローンの手元には、シスの力を使役できる「シス・ストーカー」が残っている。タロン・マリコスを含め、その多くは歴戦の強者。恐るものなどない。, 起動した記憶媒体には、第二となる最強最悪の破壊兵器のデータが浮かび上がっていたのだった。, ヴェネター級スター・デストロイヤー<レゾリュート>。そのブリッジに招かれたパドメは、ユラーレンの言葉に耳を疑う。, 信じがたい話ではあるが、あの星一つを容易く破壊できる兵器が、皇帝から武官派へ建造指示が発せられていたことをユラーレン提督一派は突き止めたのだ。, 「まだ我らも断片的な情報しか入手できておりません、議員。だが、武官派閥がデス・スター規模の兵器を手に入れればやることは決まっています」, そのパドメの言葉にユラーレンは頷く。あれほどの強大な力を手に入れれば、武官派の帝国勢力が各星系を制圧にかかるのも時間の問題と言えよう。それに、帝国のお膝元でもあるコルサントでも不審な動きが見受けられた。, 「プリンス・シゾール…その背後にあるブラック・サンも動き出しています。我らはまず彼らを抑え、来るべき日に備えます」, 貴方たちを保護したのは、あくまで服務規定に則ったまでです、とユラーレンは口上を述べる。ファルコンに乗ってきたレイアやルークも、ベスピン制圧時に逃れてきた避難民扱いだ。長年付き合いのあったアナキンの親族と聞いた時は耳を疑ったが、彼は私情を業務に差し込むほどの愚者ではない。, パドメの政治的な手腕を駆使した交渉であったが、その開幕をユラーレンは軍人らしい言葉で切って捨てた。, 「提督、わかっているはずです。私たちが立ち上がり、なすべきことは何かということを」, そもそも、ベクトルが違うのですとユラーレンは言葉を続けた。反乱軍は帝国を倒して共和制への回帰を望んでいるはずだ。先行きの見えない政治政策に乗るほど、自分たちは落ちぶれていない。, そして、帝国政府を打ち倒すつもりでもないのだ。これはクーデターだ。武官派の強行的な政策に異を唱えて自分たちは立ち上がっている。, パドメはこういった場面を幾度と乗り越えてきた傑物だ。彼女の打ち出した施策については、すでに多くの賛同を得ている。名簿の中には、反乱軍の名だたる高官の名も刻まれていた。, ある種の確信を得たパドメは、目つきを変えたユラーレンとの〝過激ではない〟交渉を始めてゆくのだった。, 朧げな意識が回復した時に飛び込んできた声に、カイロ・レンは目を見開いた。マスクはない。素顔のまま、彼は手足を固定されて吊るされていることに気がつく。, 目の前には真っ黒なローブに覆われた老人が立っていた。その黄金に光る目を、カイロ・レンはよく知っていた。, 自身の〝父親〟であるはずの男。現帝国の皇帝であり、宇宙の覇権を握ったシスの暗黒卿だ。目つきを変えずにいるカイロ・レンに、シディアスは笑みを浮かべて彼の武勇を称えた。, 「そなたは、余の想像を超える成長を見せた。素晴らしいぞ。余の目に適うものはおらぬと思ってはいたが…そなたをヴェイダー卿に託して正解であったな」, ダークサイドの誘いを、カイロ・レンは真っ向から跳ね除けた。そんなものに縋るほど愚かではない。あくまで手段、戦うための術と自分の中で答えを出している以上、シディアスがいかなる揺らぎをかけてもカイロ・レンは折れることはない。, 「その目、そなたの師とよく似ておる。よく鍛えてあるな。よいぞ、そなたの魂はまさに最適なものとなった」, 生まれ落ちた後のことには興味はなかったが、その手前まで目を光らせていたからこそ、シディアスは手に入れた〝息子〟の完成度に喜びを覚えた。, 黄金の目がカイロ・レンの双眼を見据える。シディアスは掌でカイロ・レンの頬を緩やかに撫でると、言葉を続けた。, 途端、カイロ・レンの様子が一変した。まるで争うようにグッと顔をしかめ、苦しむ様子を窺わせる。汗をかいて、身体中が拒絶反応を起こしていたが、それに争うことはできない。, 完成された〝しもべ〟となったカイロ・レンの様子を見たシディアスは、薄暗いホールの中で笑い声を響かせる。. 文庫「スター・ウォーズ ダース・プレイガス 上」ジェームズ・ルシーノのあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。不死の研究に取り憑かれていたシス卿ダース・プレイガスは、惑星ナブーで17歳の学生・パルパティーンと出会う。邪悪なパルパティーンに魅了されたプレイガス。   「オタクと映画観ちゃうと、どれくらいうるさいか」という話の第四弾です! そう、May the Force/Fourthの日だから!!! 『スター・ウォーズ エピソード4/新... 今日は5月4日。

     

ミレニアム・パダワン号船長、チュン・ソロです。。(恥)

スター・ウォーズ好きとしては、もう「待ちに待った!」という感じですね。。 普通の作品なら画面の隅でただ死んでいく末端兵士たちに、ドラマを描いたとこだよ!!! この記事では、 しかし、その宿敵シスは「2人の掟」を守り続け、身を潜めて脈々と教えを受け継ぎ、復讐の機会を今か今かと待っていた….

一度は観ておきたい"原点であり頂点" 黒沢映画。

ダース・プレイガスは男性のシスの暗黒卿で、ある時ナブー出身の人間であるシーヴ・パルパティーンを弟子として選んだ。 二人は不死の秘密を探るとともに、銀河共和国をシスが支配するというかねてからの計画にも取り組んでいた。

『エピソード3/シスの復讐』で「賢者ダース・プレイガスの悲劇」として登場した謎多きシス卿の物語。, プリクエル好きには本当におすすめ!これを読めば、『エピソード1』はもちろん、スターウォーズの物語全体の深みが増す!, ということで、ネタバレなしでスピンオフ小説『スター・ウォーズ ダース・プレイガス』のレビューを書いてきます。, ディズニーよる買収後に発表された作品ですが、「正史 (正式な設定)」には含まれない、「レジェンズ」扱いの物語です。つまり、現在ディズニーが制作中の作品と設定を共有していません。. 物語は『エピソード1/ファントム・メナス』の35年前からその直後までを舞台としています。, 金融グループ「ダマスク・ホールディングス」の社長を務めるムウンの男性。裏の顔はシス卿ダース・プレイガス。, 圧倒的な資金力と綿密な戦略によって、銀河の政治に影から大きな影響を与えている。師匠のテネブラスを殺すことに成功し、弟子となる者を探している。, StarWars.com | The Official Star Wars Website, 惑星ナブーの王族パルパティーン家出身の少年。父親のコシンガ・パルパティーンを嫌っている。, 著名な宇宙船デザイナーのビスで、プレイガスの師であったシス卿。不意を衝かれ、弟子のプレイガスに殺されてしまう。, 映画の作中では、感情が描かれることなく、ジェダイ・オーダー転覆の計画を粛々と進めているかのように見えるシス。, 今作は、そんなシスが「シスになる前の様子」が描かれ、「対ジェダイの作戦で失敗、次の手に迷う」などといった人間的な部分を見ることができます。, パルパティーンがどんな幼少時代を過ごしたか、シスがフォースやダークサイドをどのように理解しているのか、, どのような失敗を通してオーダー66に至ったのか、などなど気になる疑問が数多く登場します。, “ダース・プレイガスはフォースを通じてミディ・クロリアンに影響を与え、生命を創ることもできた。彼はフォースのダークサイドに深く精通し、大切な人の「死」すら避けることができたのだ。”, 「賢者ダース・プレイガスの悲劇」を知っている人であれば、何よりも気になるのが「プレイガスは実際に不死の方法を発見していたのか?」ではないでしょうか。。, 彼がどのような研究施設を持っていたかは描かれますが、残念ながらミディ・クロリアンの原理については本作であまり触れられません。。, そもそも、なぜ「通商連合」という企業グループが、元老院で座席を持っているのかも説明されないままです。, また、最高議長は「最高」と名がつく程に権力を持っているはずなのに、なぜ「秘密裏」にしか行動できなかったのかのでしょうか。, そして、辺境の小さな惑星ナブーが、なぜクローン大戦へとつながる争乱の発火地点となったのか?, そして本作はアニメ『クローン・ウォーズ』と共に、そんな深みを見事に描いている小説だといえます。。, ネタバレほどんどなしで、『スター・ウォーズ ダース・プレイガス』の魅力をお伝えしたつもりです。, ブログ「ミレニアム・パダワン号」船長のチュン・ソロです。全てのスターウォーズファンのためのブログを目指し、日々修行中。. ブログを報告する, 辺境の小さな惑星ナブーが、なぜクローン大戦へとつながる争乱の発火地点となったのか?, <夜明けの待ち人①>シークエルはなぜ「失敗の後」を描くか?旧三部作の視点から見るスター・ウォーズ, <夜明けの待ち人②>なぜルークにベンは救えないか?ヨーダの教えから読み解く「継承」の物語, エピソード9を最高に楽しむための『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』初心者向けあらすじ解説.

  タイトル:『スター・ウォーズ ダース・プレイガス』(上/下) 著者(翻訳者):ジェームズ・ルシーノ(富永和子) 出版社:角川文庫 価格:1000円(税別) ディズニーよる買収後に発表されたスピンオフ作品ですが、「正史 (正式な設定)」には含まれない、「レジェンズ」扱いの物語です。つまり、現在ディズニーが制作中の作品と設定を共有していません。 『エピソード3/シスの復讐』で「賢者ダース・プレイガスの悲劇」として登場した謎多きシス卿の物語。, プリクエル好きには本当におすすめ!これを読めば、『エピソード1』はもちろん、スターウォーズの物語全体の深みが増す!, ということで、ネタバレなしでスピンオフ小説『スター・ウォーズ ダース・プレイガス』のレビューを書いてきます。, ディズニーよる買収後に発表されたスピンオフ作品ですが、「正史 (正式な設定)」には含まれない、「レジェンズ」扱いの物語です。つまり、現在ディズニーが制作中の作品と設定を共有していません。.

映画好き、中でもスターウォーズオタクを名乗るのであれば、 待望のDisney+ (ディズニープラス)が6月11日に日本上陸しました!

ダース・プレイガスがイラスト付きでわかる! starwarsに登場するシス卿の一人。 概要 銀河共和国末期に暗躍したシスの暗黒卿の一人。 ダース・ベインが一子相伝制を主体とした秘密主義を敷いてから一切表舞台に姿を見せなかった謎多きシス卿達の最後の一人である。

それでは次に会う時まで、May the Force be with you.... millennium-padawanさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog google_ad_height = 600; さらには、オリジナルのファン待望のベイダー主役の自主映画も... 今回は、前行った企画の第二弾。 小説検索 ; ランキング ... おじ様、シス卿ダース・プレイガスの傘下となった私は新参ではあったものの、ダース・プレイガスの実質的な妻、ハルプスブルク帝国女帝マリアーヌの娘であり、プレイガスの義理の娘と言う立場を持って組織内のナンバー3 /* jojo */   さて、『エピソード9』のトレーラー公開以降、にわかに注目を集めるパルパティーン。 この『スカイウォーカーの夜明け』という物語でどんな活躍を見せるのか、期待は高まる一方。 でも、みな... 今回は、海外のスター・ウォーズ関連Youtubeチャンネルを紹介します。 文庫「スター・ウォーズ ダース・プレイガス 上」ジェームズ・ルシーノのあらすじ、最新情報をkadokawa公式サイトより。不死の研究に取り憑かれていたシス卿ダース・プレイガスは、惑星ナブーで17歳の学生・パルパティーンと出会う。邪悪なパルパティーンに魅了されたプレイガス。 google_ad_width = 120; スター・ウォ... スターウォーズを構成する数ストーリーの中で、 欠かせないのが...政治劇!!

  まさにスターウォーズの歴史は、アナキン・スカイウォーカーの人生の物語であると... ジェダイ徹底解説!評議会、パダワンとは?アナキンがマスターになれずキレた理由とは?, クローン・ウォーズ/シーズン7第11話のネタバレ感想&考察|”平和の守護者”の行く末, クローン・ウォーズ/シーズン7第10話のネタバレ感想&考察|”鳥かごの持ち主”との戦い, クローン・ウォーズ/シーズン7第9話のネタバレ感想&考察|アソーカVSモール開戦・・・, 辺境の小さな惑星ナブーが、なぜクローン大戦へとつながる争乱の発火地点となったのか?. てな訳で... ディズニーデラックスで配信中のスター・ウォーズドラマ『マンダロリアン』。最新第4話までの内容をネタバレありで、時系列や「マンダロリアンとは」という基本から、ヨーダ種族の秘密、ベスカーの特徴、アグノートについて、マニアックにブラーグの解説などしつつ、感想・考察をお届け!. スター・ウォーズ ダース・プレイガス 上 - ジェームズ・ルシーノ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 エピソード5をオタクが勝手に大解説します!!!

google_ad_client = "ca-pub-1926095632427637"; |

スター・ウォーズ好きの人には、1年に1度のお祭りの日... "WARS"、つまり戦争あるところに「社会」そして「政治」あり。 しかし、その宿敵シスは「2人の掟」を守り続け、身を潜めて脈々と教えを受け継ぎ、復讐の機会を今か今かと待っていた.... 物語は『エピソード1/ファントム・メナス』の35年前からその直後までを舞台としています。, 金融グループ「ダマスク・ホールディングス」の社長を務めるムウンの男性。裏の顔はシス卿ダース・プレイガス。, 圧倒的な資金力と綿密な戦略によって、銀河の政治に影から大きな影響を与えている。師匠のテネブラスを殺すことに成功し、弟子となる者を探している。, 惑星ナブーの王族パルパティーン家出身の少年。父親のコシンガ・パルパティーンを嫌っている。, 著名な宇宙船デザイナーのビスで、プレイガスの師であったシス卿。不意を衝かれ、弟子のプレイガスに殺されてしまう。, 映画の作中では、感情が描かれることなく、ジェダイ・オーダー転覆の計画を粛々と進めているかのように見えるシス。, 今作は、そんなシスが「シスになる前の様子」が描かれ、「対ジェダイの作戦で失敗、次の手に迷う」などといった人間的な部分を見ることができます。あの冷徹なシスがおろおろしてると思うと何だかおかしいですよね。笑, パルパティーンがどんな幼少時代を過ごしたか、シスがフォースやダークサイドをどのように理解しているのか、どのような失敗を通してオーダー66に至ったのか、などなど気になる疑問が数多く登場します。, "ダース・プレイガスはフォースを通じてミディ・クロリアンに影響を与え、生命を創ることもできた。彼はフォースのダークサイドに深く精通し、大切な人の「死」すら避けることができたのだ。", 「賢者ダース・プレイガスの悲劇」を知っている人であれば、何よりも気になるのが「プレイガスは実際に不死の方法を発見していたのか?」ではないでしょうか。。, 彼がどのような研究施設を持っていたかは描かれますが、残念ながらミディ・クロリアンの原理については本作であまり触れられません。。, 「課税問題」の詳細は、劇中で語られることはありません。そもそもなぜ「通商連合」という企業グループが、元老院で座席を持っているのかも説明されないままです。, また、最高議長は「最高」と名がつく程に権力を持っているはずなのに、なぜ「秘密裏」にしか行動できなかったのかのでしょうか。, そして、辺境の小さな惑星ナブーが、なぜクローン大戦へとつながる争乱の発火地点となったのか?, そうなんです。プリクエル三部作の政治劇は、緻密な設定が張り巡らされてます。そして本作はアニメ『クローン・ウォーズ』と共に、そんな深みを見事に描いている小説だといえます。。, ネタバレほどんどなしで、『スター・ウォーズ ダース・プレイガス』の魅力をお伝えしたつもりです。. 『エピソード3/シスの復讐』で「賢者ダース・プレイガスの悲劇」として登場した謎多きシス卿の物語。, プリクエル好きには本当におすすめ!これを読めば、『エピソード1』はもちろん、スターウォーズの物語全体の深みが増す!, ということで、ネタバレなしでスピンオフ小説『スター・ウォーズ ダース・プレイガス』のレビューを書いてきます。, ディズニーよる買収後に発表されたスピンオフ作品ですが、「正史 (正式な設定)」には含まれない、「レジェンズ」扱いの物語です。つまり、現在ディズニーが制作中の作品と設定を共有していません。.

ようやく読了しましたよ。『エピソード3/シスの復讐』で「賢者ダース・プレイガスの悲劇」として登場した謎多きシス卿の物語。一時期は、スノークの正体ではないか、と噂されましたね。。プリクエル好きには本当におすすめ!これを読めば、『エピソード1』 さて、『エピソード9』のトレーラー公開以降、にわかに注目を集めるパルパティーン。 この『スカイウォーカーの夜明け』という物語でどんな活躍を見せるのか、期待は高まる一方。 でも、みな... シャッフル再生で突然「運命の闘い」がかかると、電車の中でもライトセーバーを心の中で起動してしまう チ... ついに...

, ダース・プレイガス、本名ヒーゴ・ダマスクは、ダース・ベインの系譜を継承するムーンのシスの暗黒卿である。賢者ダース・プレイガスとして歴史に名を残す彼は、ナブー侵略までのおよそ1世紀を生きたミディ=クロリアン操作の達人だった。永遠の命を追い求めたプレイガス卿は、死を欺き、ミディ=クロリアンから新しい生命を作り出す方法を探求していたのである。, 銀河系の歴史における彼の最大の功績は、ダース・シディアスをシスの道へと誘い、フォースのダークサイドの訓練を与えたことだった。後にシディアスは銀河系を支配し、シスの一時代を築くことになるのだ。やがて、シディアスはマスターにもはや必要性がないと悟り、就寝中だったムーンを殺害したのである。, その後、シディアスは古い「シスの伝説」と称して「賢者ダース・プレイガスの悲劇」の物語を話し、アナキン・スカイウォーカーをダークサイドへと誘惑した。だが、銀河同盟の時代となっても、プレイガスの正体はジェダイやその同盟者にとって謎のままだったのだ。, ヒーゴ・ダマスクが生まれる数年前、インターギャラクティック銀行グループの中級職員だった彼の父、フォース感知者のムーン、カー・ダマスクは、ハイ・ポート・スペース・センターで偶然にも著名な宇宙船デザイナー、ルージェス・ノームと出会った。シスの暗黒卿ダース・テネブラスとしての顔を持つノームは、選ばれし者が誕生するまで生き延びるべく、自らマキシ=クロリアンと名付けた邪悪なミディ=クロリアンを介して自分の意識を残すため、長年持ち続けたたった1つの目的に向けて訓練する正統な弟子を探していたのである。そしてダマスクとの出会いから数年後、テネブラスはもう1人のフォース感知者のムーンである下層階級の女性を発見し、彼女を弟子としたが、彼女は見習いとするほどにはフォースが強くなかった。そこで、テネブラスはビスの科学的手法を用い、ダマスクと弟子の子供であれば強いフォースを持って生まれてくるはずだと予見した。この目的のために、彼はムーンの弟子にカー・ダマスクを誘惑させ、子供を身ごもらせたのである。, カー・ダマスクの息子がマイギートーで誕生したのは、ヤヴィンの戦いの200~100年前までの間のどこかのことである。ダマスクはその10年以上前に惑星の行政官となっており、その息子は祖父の名にちなんでヒーゴ・ダマスクと名付けられたのだった。永久凍土の上に築かれた人口のまばらなドーム都市で、過保護な母親によって育てられたヒーゴは、ムーンとしては非常に不安定な幼年期を過ごしていた。彼女は子育てを詳細に記録し、どんな些細なことでも思ったことをすべて話すよう、息子に言い聞かせていたのである。さらに彼女はヒーゴに遊び仲間を与え、彼らとの交流を監視し、それぞれの子供についてどう思ったかを問いただしていた。そして5歳の誕生日を迎えるころ、ヒーゴはフォースを操り、それを使って遊び仲間の感情を操作できることに気付いた。やがて、彼は嫌いになったムーンの子供に強いマインド・トリックを使うことでこの力の限界を試し、その少年を高い窓から中庭に飛び降りさせることで、彼を自殺へと導いたのである。ヒーゴの母は自分にも同じ力があることを密かに打ち明け、息子にこの能力のことを秘密にするよう指示したのだった。, ヒーゴの両親は暗黒卿の闇の情報網を通じてカーを出世させることへの見返りとして、彼をノームに差し出した。テネブラスはこの子供を探し求めていた弟子とし、ダース・プレイガスと名付けたのである。こうしてプレイガスは人生で初めてマイギートーを離れ、シスとしての人生を歩みはじめたのだった。, 息子を暗黒卿に差し出してから5年後、カー・ダマスクは銀行グループ財務局の責任者に任命され、IBCで真の権力を手にするという長年の夢を実現させた。やがてカーは会長としてIBCのトップに立ったのである。, ダース・プレイガスはルージェス・ノームの若い会計士を装い、マスターと共に銀河を旅していた。2人は銀河系を自分たちの支配下に置くべく、不満の種を拡散させるというシスの計画を実行に移していたのである。この旅の中で、プレイガスは銀河の辺境を熟知するようになり、やがて数年が経過したときには、リムでよく見かける荒れ果てた宇宙港、みすぼらしいタップカフ、騒然とした酒場などを我が家と感じるようになっていった。, そしてヤヴィンの戦いの104年前ごろ、プレイガスは惑星カーシッドを訪問する試練を受け、テネブラスと共に初めて、その原住民と戦ったのだった。, 後にプレイガスは自らの弟子に、彼が弟子となってから25年後、ヤヴィンの戦いの99年前以降のあるとき、テネブラス卿による訓練下で行われた最初の任務のことを語っている。このときテネブラスは、弟子にカーレッド・サンテ・ジ・エルダーの殺害を命じたのだった。暗殺計画はコルラーグでの晩餐会の間にテレキネシスによる絞殺という方法で実現された。シス卿たちはサンテの殺害の罪をシェフに押し付けるため、巨大イールが供されたことを優位に用いたのである。この試練の後、プレイガスはシスの道から脇へそれたが、それはダークサイドの力に初めて気づいた弟子たちがしばしば辿る道でもあったのだ。, そして父の死後、ダース・プレイガスはダマスクの財産を相続し、ソジャーンの会合を開催する権利を引き継いだ。この会合はダマスク・ホールディングス社によってソジャーンの月で開催されていた、政治家、様々な通商組織やカルテルの幹部たち、さらには悪党さえもが集まる秘密の年次イベントである。ヒーゴ・ダマスクはこの会合を父の代に行われていた上流階級の秘密クラブから、銀河系で最も影響力のある人々を利用するためのシスの道具へと変えたのだった。彼らはダース・テネブラスによって選ばれた1人のエリートに共和国を服従させる準備に着手したのである。, 共に過ごした長い間、テネブラスはプレイガスをシスとして適切に訓練することに注力しなかった。その代わりに、彼は自分が無意味な気晴らしだと判断した様々な任務に弟子を送り出し、プレイガスが持つミディ=クロリアン操作の無類な才能を引き出していたのである。その間テネブラスは、このムーンが自分の命の維持と延長にのみその能力を利用すことを確認し、さらに選ばれし者の肉体を手に入れるまで自身が生きながらえることを確実にしようと目論んでいた。やがて、プレイガスはフォースの力と現実社会での力の両方を、マスターが想像する以上に大きく開花させたのだった。, ヤヴィンの戦いの65年前、プレイガスは表向きの名前であるヒーゴ・ダマスクを使い、ナブーに出向いていた。彼の所有するプラズマ採掘企業、ダマスク・ホールディングス社がナブーに埋蔵されているプラズマから利益を得ており、同時に彼は密かに弟子を探していたのである。やがて彼はパルパティーンと出会い、その激しい野心と同様に卓越したフォースの強さに驚かされた。そして、パルパティーンが宇宙船に乗っていた自身の家族を殺害すると、プレイガスは彼を弟子にとり、ダース・シディアスの名を与えたのである。また彼は、訓練は厳しいが、やがて自分たちがダース・ベインによって定められたサイクルを打ち砕くことになるだろうと説いた。そうなれば互いに秘密を抱くことも、互いに嫉妬や疑いを抱くこともなくなるだろうというのだ。その後、数十年にわたってシディアスはプレイガスから教えを受け、その間にプレイガスは自分の手に入れた力が永遠に失われることを防ぐため、自分の持つすべての知識を弟子に与えていた。またシディアスへの訓練の間、プレイガスは弟子にシス・ホロクロンも使わせていた。プレイガスの教えはシディアスを恐怖に直面させ、喜ぶことを認めず、愛するものすべてを取り上げたのである。彼はシディアスに、嫉妬や憎悪といった感情はダークサイドを習得するにあたって必要なものだが、さらに大きな目的のために通常の道徳的概念を放棄する最後の手段にすぎないと教えていた。また、プレイガスは弟子に、やがては銀河系を支配することを目的とした権力の掌握方法をも伝授したのである。, 一方、シディアスはプレイガスの知らぬ間に、自身の弟子ダース・モールを訓練しており、さらにその前にももう一人の弟子を訓練していたことがあった。だが、シディアスはプレイガスの教義を完全に理解し、彼を倒すのに十分な力を手に入れるまで、マスターを殺さずにいたのである。, 銀河共和国の最高議長に選出されたパルパティーンは、ついに偉大なる計画を単独で続けるときがきたと判断した。プレイガスから得られるものはすべて学んだため、もはやこの年老いたムーンは彼にとって邪魔者以外の何物でもなくなったのだ。コルサントのカルダニ・スパイア・ビルにあるダマスクのペントハウスで、元老院で披露する予定の就任演説のリハーサルを行っていたとき、パルパティーンはマスターにワインを注いだ。そしてプレイガスが酩酊状態に陥ったのを見たパルパティーンは、マスターが眠りにつくまで辛抱強く待ち、彼に激しいフォース・ライトニングを浴びせたのである。彼はムーンの激しい苦痛を楽しみながら、ゆっくりとマスターに死の拷問を加えた。プレイガスは死に、その弟子がフォースにおける世代交代を成し遂げたのである。, プレイガスによる生命創造の実験は成功した。彼は死の前に計画に着手していたと推測されており、シス卿たちによると、ミディ=クロリアンに影響を与えてアナキン・スカイウォーカーを生み出したのはプレイガスその人なのである。プレイガスはパルパティーンにすべての知識を与えたとされているが、パルパティーン自身はフォースを通じて死を欺くというプレイガスの教えを実践することができず、クローン・ボディに自分の魂を転移するという方法に頼らざるを得なかったのだ。, シディアスは弟子のダース・ティラナスにはプレイガスのことをほとんど伝えておらず、その後の数十年間も、新しい弟子ダース・ヴェイダーに暗示を与えただけだった。しかし、彼はアナキン・スカイウォーカーを誘惑し、ヴェイダーに転向させる際にプレイガスの物語を利用している。パルパティーンによるシスの伝説「賢者ダース・プレイガスの悲劇」には、生命の創造と保存に関する能力のことが語られていたのである。だがパルパティーンによれば、これはプレイガスが他者の命を救うことができても、自分の命を救うことができなかったという悲劇的な皮肉でしかなかった。愛する妻パドメ・アミダラを救うためにプレイガスの力を求めたスカイウォーカーは、後にパルパティーンの弟子となったのである。, またプレイガスの死後、エイペックス協会として知られるシス・カルトの一部のメンバーたちは、カルトの指導者コラン・アイスローこそが、プレイガスをはじめとする死んだシス卿たちの生まれ変わりであると信じていた。, ダース・プレイガスに関する既知の情報が乏しかったため、後の歴史家たちはパルパティーンがマスターに関するすべての痕跡を滅ぼしたのだと推測していた。ウァヴラッド・マニュスクリプトは、ジェダイが持つシスとシディアスに関するわずかな情報源の1つである。銀河同盟と新ジェダイ・オーダーはそこからプレイガスの情報を手に入れたのだった。, ダース・プレイガスは神秘主義者にしてダークサイドの信奉者、そして来世の不可解な事象の愛好家だった。永遠の命と自然発生の概念に取りつかれた彼は、物質世界にまつわる問題に絶えず没頭していたが、後年になってダース・ヴェイダーは、プレイガスが肉体の死後、実体のない自らの精神を保存する方法を探求していたのだと説いている。また、プレイガスは紛れもなくシス卿だったが、彼は弟子ダース・シディアスとの純粋な絆を持つことも考えており、シスアリのダース・ベインから始まったサイクル、さらには彼ら自身の目的をも破棄しようとしていた。だが、彼はシディアスによって殺害されてしまい、その計画は最終的に失敗に終わったのだった。, 賢明なプレイガスは論理的思考力を有しており、弟子のパルパティーンは、彼が視野を内に向けたとき、その先には力と知識の源があると信じていた。またプレイガスは、力とは徐々に手に入れるべきものであり、まずは自身の克服からはじまり、そして銀河系の支配をもって最高潮に達するのだと信じていた。自らの力が成長するにつれ、プレイガスが恐れるものはその力を失うことだけとなっていた。弟子によってマスターが殺されることはシスの継承における通常の手段だったが、彼は自分の死が迫っていることに気付いていなかったのである。, プレイガスはフォースの秘術と、その自然の摂理に反した一面を習得していた。彼はそれを使って生命の本質を操作することができ、パルパティーンもその力が自分の内なる目的に直接結びつくものだと考えていたのである。プレイガスは他者を死から救うことができ、極端な使い方をすれば、あらゆる生命体の中に存在するミディ=クロリアンから新しい生命を作り出すこともできた。さらにプレイガスは、フォースと一体となることでその中に自らの意識を存続させる能力を発見していた。だが、彼は非物質界に関心がなかったため、死から生き延びる手法を好まなかったのである。,