便利なのに格安な「ANA トラベラーズ ダイナミックパッケージ」。 7つの活用術を紹介!. ニセコ名水 「甘露水」を実際に訪れた旅行者が徹底評価!日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルでニセコ名水 「甘露水」や他の観光施設の見どころをチェック! ニセコ名水 「甘露水」はニセコで4位の自然・景勝地です。 ニセコでの宿泊はニセコ昆布温泉ホテル「甘露の森」へ。夏はアクティビティ、冬はスキーの後に自慢の天空露天風呂で美人の湯とも言われる温泉をお愉しみ下さい。また、日帰り入浴のお客様、フィットネス体験の方もお待ちしております。 } 名水百選に選ばれた「羊蹄のふきだし湧水」は、名水を求める多くの観光客で大賑わいです。公園内には、湧水を汲むところの他にも、名水プラザやトイレ、販売施設、遊具などの施設があります。また隣接して京極温泉や、パークゴルフ場、キャンプ場なども整備されているので夏場の休日には多くの歓声が聞こえてきます。, 口に含んで飲んでビックリ!目がさめるほどの冷たさ!暑い夏場にこれほどにも冷たい水は久しぶりに飲んだ、という人もいるほどです。せっかくだからペットボトルを持参して行くことをお勧めします, 自然が与えてくれた、おいしい水を求めて訪れる人が絶えない。1日の湧水量は8万トン、30万人の生活水に匹敵する。, 京極のふきだし湧水は国内最大級のもので、1985年に環境庁の「名水百選」にも選ばれました。美しい様子に心が洗われた。道の駅の駐車場から吊り橋を渡り、林を少し下って行くと湧水だ。なんと途中の公衆トイレまで森にマッチする切株デザインだ, 有名な”京極の名水”を北海道限定のコンビニエンスストア「セイコーマート」で購入することができる。, 京極の湧き水で入れたコーヒーはまろやかでとても美味しいです。500mlのペットを100円で購入できるからお手軽に美味しい水を堪能することができちゃいます, 真狩村羊蹄山の麓に湧き出る湧き水。札幌からニセコ方面へ向かう途中にある羊蹄山の湧き水は、いつも賑わっていて、よく灯油とか入れるタンクを持ってきて、そのタンクに水を汲んでいる人が多い。どんだけここの水が美味しいのかと思い一口飲んでみたところ、確かに旨い!, 水汲み場が駐車場に直結しているので、ちょっと多めに水汲みしたい方にもお勧めです。水汲み用の入れ物をお忘れなく, 種類豊富でなんと、30種類以上!美味しい湧き水を使用して種類豊富なお豆腐を手造りで販売しています。とにかく種類の豊富さに驚く!これだけ種類が多いとどれにしようか迷っているうちに売り切れてしまうこともしばしば。素材の味がしっかり引き出されているお豆腐はどれを食べても絶品!豆腐だけでなく、わらび餅も絶品です!, 試食が凄い!こんなに試食をしていいの?おにぎり持参で行けば良いおかずになるな~なんていつも心の中で思っています(笑)美味しい手造り豆腐を食べたければ今スグ, 尋常ではない数のペットボトルを持参して水汲み場を占領している時もあり、空きを待つこともありますので、夜中から早朝にかけて伺うことをお勧めします。, 吹き出し公園と違って駐車場に隣接しているので便利です。車をうしろづけすればトランクからボトルを直に出して汲んで積み込めます。隣のお豆腐屋さんも美味しいですよ。, すごく透き通っていてきれいな水。くせもなく美味しいです。ペットボトルに汲んだりしてる人もいて、今度行くときは自分もペットボトルを持っていこうと思います, ニセコグランドホテルの向かいにある「さかもと公園」の中にある水汲み場。「ニセコ甘露水」という名前の由来は、昭和29年(1954)8月に昭和天皇が、この冷たい湧き水を飲んだ時に「甘露である」と大変喜ばれたことから付けられた。, その名の通り、湧き出る水はまろやかでほのかに甘く、とても冷えている。昭和天皇も絶賛したニセコの湧き水をアナタも一度飲んでみませんか, ニセコグランドホテルの道路を挟んで真ん前にあるため、ホテルを目印に進むと見つけやすい。近くには駐車場もある。別名「さかもと公園」とも言われている。風呂上りには冷たい水はいかがですか?, 1日の湧出量は1440トン!まれに水圧の関係で水の出方が変わってしまい、とても勢いよく見ずが出てくることもあるので注意が必要です。時折、「ゴボゴボッ」っという音と共に勢い良く水が湧き出してくる, 羊蹄山周辺にある湧き水の中でもあまり知られていない”穴場湧き水”てきな存在の甘露泉。あまり知られておらず、観光客も比較的少ないことから水汲みもしやすいです。ニセコのホテルに行く前に立ち寄りました。ひっそりと水を汲める場所があって、混雑していません。ホテルの部屋で、ペットボトルに汲んできた水を飲みました。 甘くてまろやかで美味しかったです。, 泊まった温泉宿で甘露水を飲んだ。風呂上がりに冷えた水は当然うまいが、寝る前と朝に飲もうと常温のものをフロントからもらった。常温でしっかりうまい。地元に住む友人から聞いた湧き水を汲む穴場スポット。昭和天皇も飲んだ水だとのことだから、私も飲まないわけにはいかないと思い立ち、いざ甘露泉を飲みにいきました, 倶知安町の駅前にある湧き水です。日本一の水は、他の湧き水と違って、山の中に入らなくても誰でも気軽に飲めるようになっています。倶知安町のキャラクターでもある、ジャガ太くんをイメージした水飲み場になっています。蛇口は3ヵ所あり、全て飲用タイプになっています。, ジャガ太くんの後ろ側に石碑のようなものがあるのだが、こちら側にも蛇口があります。どっちも同じ水なので、水汲みをするならコチラを利用するのが良いです!24時間年中無休水を飲めるのでいつでも行けるよ, 日本一の水、この水は羊蹄山(えぞ富士)の麓から湧出するおいしい水です。四季を通して変わらない水温でまろやかな味わいは『日本一の水』といわれています。と、看板に書かれています。, ミネラルを多く含んだ日本一の水は、看板に書かれている通りとてもまろやかで、真夏の暑い日でもとても冷たい水が楽しめるため、地元学生たちがよく暑い日にここで水浴びをしている。冬は、やはり北海道の寒さにジャガ太くんも耐えられないのか、水が凍結してしまい飲めません。, 趣味で庭に芝桜の庭園を造り始めたのがきっかけ。今では人気の観光スポットまでとなり、ご厚意で一般開放してくれています。, 新聞やメディアでも取り上げられるほどの素晴らしいお庭!倶知安の隠れた観光スポットですよ。家庭のお庭を想像していたらビックリですよ, 北海道遺産や日本の名水100選にも選定されている、北海道でもトップクラスの湧出量を誇る京極の名水です […], 羊蹄山に降った雨や雪溶け水が、数十年の歳月をかけてろ過され、ミネラル成分をたっぷり含んだ水へと生まれ […], 真狩村羊蹄山の麓に湧き出る湧き水が、水汲みに最適な「羊蹄山の湧き水」有名な京極のふきだし湧水と、羊蹄 […], 昭和29年8月、太平洋戦争後の復興と発展途上の北海道の実態を昭和天皇、皇后両陛下がご巡幸になり、お召 […]. document.getElementById("tabirai_sidebar_all_japan_txt_hdfAct_PcmGpId").value = vstrPcmGpId; document.getElementById("tabirai_sidebar_all_japan_txt_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; ニセコ甘露泉は、ニセコグランドホテルの向かいにある「さかもと公園」の中にあり、美味しい湧き水がくめる名水のスッポトです。昭和天皇がニセコ甘露泉を「甘露である」と喜ばれたところから「甘露水」と付いたそうです。ニセコ甘露泉はミネラルウォーターに最適。 function fncPcmLogOutClick(vstrPcmJumpUrl, vstrPcmGpId, vstrPcmCmId) { } Copyright © Pam, Inc. All Rights Reserved. document.getElementById("tabirai_sidebar_area_txt_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl;

甘露水の観光情報 営業期間:営業時間:なし、交通アクセス:(1)JRニセコ駅からニセコパノラマラインに向かい、車で10分。甘露水周辺情報も充実しています。北海道の観光情報ならじゃらんnet ニセコ町内から昆布温泉(岩内町方面)方向へ進む。し document.getElementById("tabirai_sidebar_all_japan_txt_hdfAct_PcmCmId").value = vstrPcmCmId; document.getElementById("tabirai_sidebar_area_txt_hdfAct_PcmGpId").value = vstrPcmGpId; ニセコグランドホテルの向かいにある「さかもと公園」の中にある水汲み場。「ニセコ甘露水」という名前の由来は、昭和29年(1954)8月に昭和天皇が、この冷たい湧き水を飲んだ時に「甘露である」と大変喜ばれたことから付けられた。 水がおいしいことで有名なニセコ。ニセコ連山の自然湧水は「甘露水」と呼ばれますが、その名の由来は昭和29年(1954)8月に昭和天皇がニセコに滞在し、冷たい湧き水を飲んだ時に「甘露である」と大変喜ばれたことから付けられたと言われています。ニセコには、湧き水を汲める名水スポットが多数。「ニセコ甘露泉」もそのうちのひとつです。ニセコグランドホテルのすぐ向かい、「さかもと公園」の敷地内にあり、水汲み場は道路に面しています。駐車場もあるので、通りがかりでも気軽に立ち寄ることができますよ。湧き出る水はまろやかでほのかに甘く、とても冷えています。汲んできた水をそのまま飲むのも良いですが、コーヒーや、米を炊く際に使うのもおすすめです。ただし、まれに水圧の関係で水の出方が変わり、勢いよく水が出てくることもあるので要注意。甘露泉の1日の湧出量は1440トン。週末になるとたくさんの人が水を汲みに訪れ、ニセコ周辺のレストランやカフェ、蕎麦屋、パン屋などでも調理に使用されています。近くに水を持ち帰れる容器などは販売していないので、水を汲みに行くのならペットボトルやポリタンクなど容器の準備して訪れてくださいね。, ■さかもと公園 甘露泉【住所】北海道虻田郡ニセコ町ニセコ413-55 【交通アクセス】JR:函館本線ニセコ駅から車で約10分    車:札幌中心部から約2時間(国道393号経由)【駐車場】あり 無料【問い合わせ(TEL)】ニセコリゾート観光協会 0136-43-2051―【ニセコの観光情報をもっと知る】――・ニセコ観光で役立つ!ニセコの人気観光スポット―――――――――――――――――――, . document.getElementById("tabirai_sidebar_recomend_feature_hdfAct_PcmLogJmpUrl").value = vstrPcmJumpUrl; } //--> //-->,