東スポカップ代表戦予選を開催中, 日本カジノスクールはカジノイベント総合プロデュース企業 株式会社ブライト が運営しています。. |

ざき:日刊ポーカー 866 views つまり相手のハンドがハイカードペアと予想してそれが確実だと考えた場合、自分がQQであれば2:1の確率で負けています。, だからQQを持っていても相手の行動に異変を感じたら、まずは一呼吸おいて慎重にプレイしましょう。 最近、ポーカーのプレー以外でやる事が出来たのでそちらが忙しく、全くnote更新できてませんでした、、、, コロナの影響で外に出ることもなかなか出来ないので最近のトピックとかプレーしてての気付きとかをこれから更新していこうと思います!, 先日、ツイッターにて参加率についての話が少し話題になりました。簡単に結論をまとめると「参加率がタイト過ぎる(VPIP 19%以下くらい)だと長期的に勝ち越すのは、かなり難しいので適正な参加率でプレーする事が大切」「かといって誰もが適正値にやみくもに近づけることがベストとは限らない」大体こんな感じの内容でした。僕は両方のツイートに同意したんですけど「なんでタイト過ぎると勝ち越しにくいの?」「なんで誰もが適正値に近づける事がベストではないの?」この部分に関して自分の考えを書かずに肯定してしまってたので自分の思う理由とかを含めて今回はnoteにしようと思います。(あってるかは分かりませんがw), 「上手く使いこなせれば プリフロップでも、ポストフロップでも つけ込まれることが少ない参加率」, 恐らく具体的な数値とかは無いと思うんですが、長期的に勝ち越しているプレイヤーやプリフロップソリューション(GTOツール等で解析・最適化したレンジ)等を参考にすると、, 6maxのCash gameなら VPIPは20~26 PFRが17~20くらいなんじゃないかなと思います。, ちなみに僕は大体 VPIP22~23 PFR 18~19くらいでタイト~標準の部類ですね。, これを踏まえたうえでじゃあ、これより参加率が低い場合どういう違いが出るの?って部分について説明していきます。, 仮に全く同じスキルを持つ上手いプレイヤーが「適正値内の参加率」と「適正値を下回る参加率」でプレーをした場合どのような違いが出るか, 1、単純にポストフロップ次第では利益を上げられるハンドを降りる事から生じる利益の減少。, 1に関してはそのままで、バリュー、ブラフを適切に行うことで±0以上にすることが出来るハンドを降りることにより収益が減ることになると思います。, 2に関してなんですが長期的に戦い続けた場合、適正値を下回る参加率(例えば17%)でプレーするとトラッキングソフト(HMやPT4等)を使っているプレイヤーに「タイト過ぎるプレイヤー」だと認識されることになります。, そうなると当然相手はこちらに対して本来のレンジよりも強いレンジでアクションをしてくるため、強いハンドの利益が減少する事から、「レンジ全体で見た時の利益が減少するのではないか」と思います。, 勿論その分相手からスチール出来る割合も増えますが、参加率をおとしている事からスチールに行くハンドも少なくなっていますしBBでディフェンスせずに降りるハンドも増えているので、, という結果になるんじゃないかなと思います。あくまで予測ですけどね。恐らくそんなに的外れでもないと思います。, というわけでこれに関しては「上手くプレーできるなら」適正値の参加率で戦うことがベストになると思います。, ここには3つの落とし穴、というか気を付けないといけないポイントがあるのでそこについて説明していきます。, って話をしたんですがこれを実行するにあたって個人的に気を付けた方がいいポイントがあって, この3つをちゃんと考えてから自分の参加率のベースをどのくらいに設定するか決める必要があります。, まずそもそもなんですが、適正値でそこそこ上手くプレーをするという事自体が かなり難易度が高いです。前提として参加率を広くすれば難しいスポットが増えます。マージナルなハンドが増えるので、微妙なバリューベットや弱いレンジを守るためのチェック、ブロッカーを利用したブラフなど求められるプレーの技量がかなり異なります。, しかも先ほど説明した「レンジ全体での利益は上昇する」という利点があるとはいえ、レンジの下位のハンドはプレーが難しいわりに単体での利益は微々たるものなのでプレーの仕方を間違えるとそれ以上のマイナスになる事が結構あると思います。, キャッシュゲームの場合レーキがありレートやプレーするサイトやカジノによってその設定が違います。低いレートに行けば行くほど利益をレーキに削られる比率が高くなっていくので、「上のレートではギリギリプレー出来るハンド」とかだと「マイナスのハンド」に転ずる場合が多く適正値そのものが変わる場合があります。, 最後に、この適正値というのは、1⃣を満たしたうえで長期的にそこそこのハンド数をプレーする際、レギュラー(常駐しているプレイヤー)に簡単にアジャストされないようにすることが大きな利点になります。, 自分がZoomを3~4面でプレーして月40000~100000handくらいこなす場合は1ヶ月経たずにこちらのスタイルが分かってしまうため適正値に近づけたプレーは必須になります。, しかし逆に言えば1面で週1回 1~2時間程度のプレーをする方なら自分がタイトなレンジでプレーしていてもあまりバレる事はありません。, 僕はVPIPの傾向を参考にするのは最低80~150hand以上からが多いです。(少ない時はメモとかで補う)なのでプレー時間が少ない方は、無理に適正値を意識したプレーをする必要はあまりなく自分が扱いやすいレンジをプレーする方が良かったりする場合が多いです。, この3つのポイントのどれかで思う事があれば無理に適正付近の参加率でプレーする必要はないと思います。, その場合はVPIPが16~18くらいが弱いハンドがあまり無いので戦いやすいと思います。(僕は10nl打ってた時15%とかの超ニットでしたw), 個人的には、「50NLzoom以上で勝ち越したい!!」が目標の方は適正値を意識した方が良いのではないかなと。, 「参加率の適正値内で戦えるのがベストだけど、自分に合った(または目指す)参加率でプレーする事の方が重要」, まだあんまり告知していないんですけど、5月からチーム3億円のteruhisaとポーカーを強くなることをテーマにした学習サロンのサービスを始めるつもりでして, サロンに関してはこれからちょくちょく告知していくので良かったらチェックしてみてください!, 固くしている人が長期でやってて怖いところは相手から見て、自分が固すぎるからナッツ級でしかチェックレイズされていないのに「なんか最近めっちゃ強いハンドばっかでてくるわ、硬くやってるのにひどい」なんて感じで自分にアジャストされていることに気付きにくい所だと思います。, 綺麗なハンドをちゃんと使っているとこういう思考になりやすいので、長期でプレーする人は対戦相手も自分の事を見てる事を意識した方がいいかなって思います!, Team 3億円 stars ID : dtcrush420 もしスタックの3分の1以上を入れているのであれば、残りを入れてもオッズは3倍あるので大丈夫です。, コールに止めたとしてもSPR(フロップでのポット額÷有効スタック)が2となるため、ほとんどポットコミットしています。 アグレッシブにベットやレイズをすることで相手プレイヤーをフォールドさせる見込みがあるとき、しばしば「フォールドエクイティがある」という言い方をします。 また、相手プレイヤーがショートスタックであったりコーリングステーションであったりする場合は、逆に「フォールドエクイティがない」という言うこともあるでしょう。 このようにフォールドエクイティは「相手をフォールドさせる見込み」といった意味で使われることがしばしばありますが、それは正確な定義ではありません。 フォー … もしAがヒットしたとしても、常にAKやAQの存在を警戒しないといけません。, そもそもAJでオープンレイズした時にコールしてくるハンドは、AK、AQやポケットペア、コネクタが多いのです。 Aがヒットしてもドミネートされて負けているリスクが大きく、相手のコールレンジがほとんど無いので稼げないためです。, 自分がロックに打っていて相手もそれを知っているとき、プリフロップでオールインしそうになったら一呼吸置いて考えましょう。, 相手から見てこちらをロックだと思ったとき、打ち返せるハンドレンジはAA、KK、AKだけです。 ブログを報告する, 海外カジノ遠征記 ~ロサンゼルスその3・リトルトーキョーとBicycle Casino~.

!という方のために、出てきた用語をこちらでごく簡単にご紹介します!, まだまだポーカー用語はいっぱいあるのですが、とりあえず今回トーナメントレポで出て来た用語を中心にお伝えしております。, 遅れての参加受付のこと。例えば「スタート18:00/レイトレジスト19:00」だったら、19:00まで参戦OK。, 料金を払うことで、サテライトを経ずに本戦に直接参加すること。「シード権を購入できる」ようなイメージ。, 最後1対1の勝負になること。JCS Hold’emの東スポカップサテライトでは、ご夫婦でヘッズアップになったことも。(ちなみに勝ったのは奥様), 東スポカップ「日本カジノスクール」代表決定戦結果発表! 先日8/20(土)に行われた日本カジノスクール在校生・卒業生限定東スポカップ代表決定戦のレポートですが、JCS Hold’emのサイト上での記事が専門用語が多く、まだポーカーをご存知ない方にはなんのこっちゃ状態だったので、こちらの専門用語ナシの記事もあわせて掲載したのですが、せっかくなら用語を知りたい!! mamiks: AAやKKといった強いハンドをリンプすることは、悪習とされていると聞きました。 自分もCOやBTNといったポジションから、AAやKKがくると相手を降ろしたくないと思い 3BBレイズをしないで2BBレイズにして、相手にコールしてもらって、チップを勝ち取ろうと してしまう時があ … ポーカー用語の「勝率」とは文字通り「あるハンドがショーダウンで勝つ確率」のことです。例えばAAとKKがプリフロップでオールインになったとき、AAの勝率は約81%です。, 一方で「オッズ」とは、「ポットに参加するために必要なチップと、勝ったときに得られるポット比率」のことです。投資と見返り、リスク・リターンとも言えます。オッズに見合った額のチップを賭けると、リスク・リターンのバランスを取ることができ、長期的に見て少しずつ得をしていくか、少なくともプラスマイナスゼロの状態になります。, もう少し詳しくオッズについて見てみましょう。例えば、相手がリバーでポットサイズのベット(1ポットのベット)をしてきて、それに自分がコールする場合を考えましょう。この場合のオッズは次のようになります。, ですので、この場合のオッズは1/3、つまり約33.3%ということになります。別の言い方をすれば、「3回に1回勝てば元が取れる」ということになります。自分のハンドとボードを見比べて、自分に33.3%以上の勝率がありそうだと思えば、相手の1ポットのベットにコールすることができます。もちろん、実際は相手のハンドのほうが強く、ショーダウンで負けてしまうこともあります。しかし、同じようにオッズが33.3%の状況で、33.3%以上の勝率でショーダウンすることは今後もあるでしょう。そうすると、短期的な勝ち負けはあるものの、十分長い目で見れば徐々に利益が増えていくか、少なくともプラスマイナスゼロに落ち着くはずです。, うーん、フロップとかターンで賭けたチップがもったいないからコール!って思っちゃうんだけど、そういうのはよくないの?, 前のストリートで賭けたチップは考える必要はありません。あくまでも「今、いくら投資すればいくら見返りがあるのか」に注目すべきです。例えば、プリフロップではなく、リバーからいきなり始まるポーカーを考えてみてください。そのポーカーの1回の参加費は高く、さっきの単位で言うと0.5ポットです。ヘッズアップで相手も0.5ポットを払っているので、テーブルには合計1ポットがあります。そこに相手が1ポットのベットをしてきました。自分のハンドとボードを見比べると、勝率は3回に1回勝てるぐらいだとします。ここだけを見れば、さっきの例と全く同じ状況です。ということは、このリバーから始まるポーカーでコールをするのが正しいなら、さっきの例でも同じようにコールをすべきでしょう。, そうです。未来の損得を決めるのは、あくまでも現在の状況判断です。過去に自分がどんなアクションをしたか、どれだけのチップを賭けたのかは関係ありません。これはポーカー用語ではありませんが、すでに支出してしまって回収できない費用のことを「サンクコスト(sunk cost)」といいます。「埋没した費用」という意味です。例えば、休日に映画館に行くというケースを考えてみます。チケットを買っていざ映画が始まると、なんだか期待していたほど面白くありません。座っているのがだんだん苦痛になってきました。でも、ここで映画を見るのをやめてしまうとチケット代と貴重な休日が無駄になってしまうと思い、エンドロールまで見続けました。しかしやはり最後まで駄作で、こんなことなら別の映画にすればよかった、いや久しぶりの休日だったからもっと有意義なことをすればよかったと後悔するわけです。この場合、チケット代と映画が面白くないと気づくまでに費やした時間がサンクコストです。チケット代と時間は絶対に戻ってくることはないにもかかわらず元を取ろうとして映画を見続け、その結果、時間的・精神的損失が大きくなってしまったというわけです。チケット代と時間はスッパリ忘れてしまって、映画の途中で映画館を出て買い物をするなり、自宅に戻って掃除をするなりしたほうがいい休日になったかもしれません。このように、サンクコストを惜しむのは人間の先入観によるもので、未来の損得を合理的に判断するためにはサンクコストを無視しなければなりません。「やっちまったもんはしょうがない」の精神で、それから先の利益を考えることが大事なのです。サンクコストは時間、金銭、労力など、さまざまな形で日常に現れます。高額だったけど効かないダイエット食品、ソーシャルゲームの課金、そしてポーカーにおいては前のストリートで賭けたチップがサンクコストです。, 「オッズに合う」とは、「自分のハンドの勝率がオッズよりも高いこと」を指します。さっきの例で言えば1/3=33.3%がオッズで、自分のハンドの勝率が33.3%あったので、ぎりぎりオッズに合うということになります。オッズとは投資するチップと見返りの比率ですから、その比率と同じ勝率があれば、長い目で見て損はしないということです。もちろん、オッズよりも高い勝率があれば、繰り返しプレイすればするほど利益が大きくなっていきます。, 「アウツ」とは、「自分のハンドをより強い役にするようなカード」のことです。例えば、KQを持っていて、ボードがA83なら、ターンかリバーでハートが落ちればナッツフラッシュが完成します。この場合、Jから2までの残り9枚のハートのカードがフラッシュのアウツです。アウツという言葉はフラッシュやストレートのドローを持っているときに特によく使われますが、ペアやハイカードの場合でももちろんアウツはあります。例えば、AJを持っていて、ボードがJT5なら、残り3枚のAと2枚のJが自分のアウツとなり、現状のJペアAキッカーをツーペアやトリップスに進展させます。, アウツの枚数とアウツを引く確率の対応表です。「ターンだけ」はフロップの段階でターンの1枚でアウツを引く確率、「ターンとリバー」はターン、リバーの2枚でアウツを少なくとも1回引く確率です。, 例えばフラッシュドローですとアウツが9枚ありますので、ターンで引くならば19.1%の確率です。, 簡単な計算方法があります。アウツの枚数に2をかければターンだけで引く確率、4をかければターンとリバーで少なくとも1回引く確率とほぼ同じ値になります。 例えばフラッシュですと、アウツが9枚なので9枚かける2=18で、19.1%に割と近い値が出ます。表のアウツの枚数に2、4をかけてみてください。右側の確率と近い値になります。, アウツの枚数が多いほど、この簡易計算の確率と実際の確率にズレが生じます。しかし、16枚以上のアウツを考えることは実戦の中ではほとんどありませんので、大きな問題はないでしょう。, それでは、実戦でオッズ、アウツ、勝率を計算するにはどうすればいいのでしょうか。よくあるシチュエーションを一緒に考えてみましょう。, プリフロップであなたはBUからAJで3bbをオープン、SBがコールし、BBがフォールドしました。ヘッズアップで、ポットは7bbです。フロップではペアこそできませんでしたが、ナッツフラッシュのドローがあります。SBがチェックしたので、自分は4bbをベットしたところ、相手は8bbにレイズしてきました。さて、このレイズにコールすべきでしょうか、フォールドすべきでしょうか。, 相手のレイズに対して3ベットすると、自分のハンド(Aハイフラッシュドロー)よりも弱いハンドはフォールドし、逆に強いハンドはコールかさらにレイズをしますから、結局損してしまう可能性が高いと思います。, 相手にもよりますが、基本的にはそうです。さて、コールかフォールドかを判断するために、まずは自分がターンを見るのに必要な勝率、オッズを計算しましょう。自分が相手のレイズにコールしたとき、場にあるすべてのチップ(ポット)は、(もともとあった7bb+相手のレイズした8bb+自分がコールした8bb)=23bbとなります。その23bbのポットに参加するためには追加で4bbをコールする必要があります。ということはオッズは4/23、23回に4回勝てばいい計算で、パーセントに直すと約17.3%です。一方、ターンでフラッシュのアウツを引く確率は、ダイヤの残り9枚に2をかけて約18%です。これはオッズ(必要な勝率)の17.3%よりも高いので、オッズに合います。つまり、コールして問題なさそうです。また、仮に相手がQJのようなハンドでレイズしてきているなら、ターンでAを引いても勝てますから、Aのアウツ3枚をフラッシュのアウツ9枚に加えて、合計12枚のアウツがあると考えられます。その場合、ターンで自分が勝つ確率は24%となります。, もちろんあります。さっきの問題で、手持ちのチップが少ないSBがリレイズオールインしてきた場合を考えてみましょう。, そのとおりです。オールインのサイズは15bbとしましょう。この場合、オールインにコールすればリバーまで必ず見ることになりますから、ターン、リバーの両方でアウツを引く確率の計算をします。自分が相手のオールインにコールしたとき、場にあるすべてのチップ(ポット)は、(もともとあった7bb+相手のオールインの15bb+自分のコールした15bb)=37bbとなります。そのポットに参加するために自分はあと11bb出す必要があります。つまり、11を出して37返ってくるオッズとなっており、必要な勝率は11/37=約29%です。ターンまたはリバーでフラッシュを引く確率は9枚かける4で約36%となり、これは必要な勝率の29%よりも高いので、やはりオッズに合います。これもコールして問題なさそうです。, まずは自分のハンドの勝率をアウツで計算して、次に必要な勝率(オッズ)に届くか届かないかを比べるわけね。, そういうことです。基本的には、必要な勝率を満たさないハンドでコールすることは、長期的に見て損です。*1, フロップで役やドローができる確率やハンド同士の勝率は覚えておくと何かと便利です。いくつか代表的なものを挙げていきます。, ※ポケットペアでないハンドを「XY」と表記します。確率の小数点以下は四捨五入しています。, そのとおりです。それはとても大事なポイントで、コンティニュエーション・ベット(CB)が利益を生む最大の理由です。つまり、相手はフロップで3回に2回はペアを持っていないはずなので、ベットすれば相手はフォールドする可能性が高いということですね。コンティニュエーション・ベットはとても大事なトピックですので、別の回で詳しく説明します。, オーバーカードが2枚あるならおよそ66%vs33%です。コネクタ、スーテッドがつくとそれぞれ約4%ずつ勝率が上がります。オーバーカードが1枚の場合はハンドによって確率が変動しますが、およそ60%vs40%が目安です。, XYとそれよりも低いカードのポケットペアの勝率です。およそ45%vs55%でポケットペアに分があります。, XY同士でキッカーをドミネイトしている場合の勝率です。およそ74%vs26%となり、ドミネイトしているハンドにかなり分があります。, ポケットペアとXYで、同じカードを持っている場合の勝率です。およそ92%vs8%となり、ポケットペアが圧倒的に有利です。この場合だと、AKはKを2枚引くか、ストレートを作るか、AかKで4枚フラッシュを引くしか勝ち目がありません。, *1:ただし、「インプライドオッズ」という例外もあります。インプライドオッズとは、「現状では必要な勝率(オッズ)を満たしていないけど、アウツを引いたときに相手からより多くのチップを奪えるので、弱いハンドで参加しても利益が出ると見込まれる」状態のことです。また別の回で詳しく説明します。, Poker_JAWSさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog



高等学校等就学支援金 マイナンバー 専業主婦 6, 山口県 向島 釣り 6, ボンビーガール ゲスト 1月21日 5, 文鳥 開口呼吸 ストレス 50, Dtm アプリ Android 5, Pubgモバイル フレアガン 場所 4, 公務員 試験 社会人 面接 5, マスオさん 浮気相手 アワビ 11, イベントログ Xml 見方 4, グラブル 火パ アグニス 43, コロッケ 豚汁 献立 4, 鮎川太陽 ジャニーズ 辞めた理由 33, 友利新 兄 産婦 人 科 6, テンダーロイン リング 偽物 30, ジュマンジ ネクストレベル ロケ地 24, 大阪 廃墟 綺麗 37, キャンピングカー ビルダー ランキング 5, Ark ユウティラヌス 咆哮 効かない 12, バスケ シュート 下半身 22, Mhxx 狩猟笛 Wiki 17, 青森ねぶた テレビ 放送 6, Teamviewer 管理ユーザー名 パスワード ドメイン 9, マイクラスケルトン 弓 なし コマンド 28, 防衛軍 フォース 異星 9, ペアーズ なりすまし 彼氏 6, 奥平邦彦 坂口 果 津 奈 9, アイリスヘルスケア マスク 65枚 5, 横浜 ロケ 予定 59, 市立船橋 サッカー 費用 36, Shout Baby 読み方 4, 宇宙 回転 止まらない 6, Gaby アクセサリー 取り扱い 7, フォートナイト レート下げ 方 5, フラーレン ビーズ 作り方 8, 聖書 ことわざ 英語 5, 歌唱力 ランキング ジャニーズ 5, フランス 曲 有名 Cm 18, 猛禽 類 足 指 30,