父親はソ連のグラーニンと友人関係であり、KGBやCIAの思惑があったとはいえ二足歩行戦車の研究データを彼から受け取っている。 スネークは、ストックホルム症候群かリマ症候群だろうと推測していたが実際にはウルフもオタコンに好意を抱いていた。また小説版によるとオタコンはウルフの生まれた時から呪われた運命に翻弄されていたという境遇の一致から彼女に惹かれていった模様。



父ヒューイによってメタルギア開発のための実験台として使われ、それに反発した母ストレンジラブにより父親から引き離されている。 ちなみに彼はMGSの時点で日本産のゲームやアニメのマニアの顔もある為、流石に詳しい(実際にMGSではプレイステーションとセガサターンを混ぜたような架空のゲーム機やリメイクであるMGSTTではゲームキューブを研究室に置いていた)。 VR訓練とはいえヘリの操縦技能を修得している。 またタンカーからスネークを救出する際には救命ボートで沈没するタンカーやその残骸の間をかいくぐりながら接近して彼を助けるという何気に離れ業を披露している。(本人曰く我ながら奇跡に近いとのこと)

引き続きフィランソロピーに所属。ただしこの時期には活動内容は反メタルギアから反愛国者達に変化している。 シャドー・モセス島にて戦略核兵器メタルギアREXの開発をしていたが、アームズテック側からは「移動可能なミサイル防衛システム」と嘘を教えられていた。 全てが終わった後はスネークの命が尽きるまで共に世界の進む道を見届けて彼の全ての足跡を記録し、自分が後世に語り継ぐ事を約束する。 しかしその悲しみを乗り越えて上記のシーンでスネークと別れた後はスネークと雷電がアーセナルギア破壊に向かう裏でヘリで人質の救出を試みて無事、成功させている。

メタルギアREXを破壊後は、島に空爆が発令されたが「もう過去を悔いる生き方はやめた」「生きる目的ができた」として最後まで島に留まりスネークとメリルの脱出を援護した。(メリル死亡ルートでは意気消沈したスネークを奮い立たせて彼と共に脱出する) そしてアウターヘイブンに潜入したスネークによって持ち込まれたメタルギアmk.iiiを介して『g.w』に注入された『fox alive』は、ネットワークを介して『g.w』だけでなく愛国者達の中枢管理代理ai『j.d』や、他の3つの代理aiをライフラインやインフラ管理機能のみを残して破壊し尽くし、この … ソリッド、リキッド、ソリダスと名づけた鶏を飼っており、目玉焼きの焼け具合で占いをする「サニーサイドアップ占い」が趣味だが、当初は上手く焼くことができず黄身を潰してしまうことのほうが多かった。 次世代高速通信「5g」の商用サービスがいよいよ始まる。「高速・大容量」「低遅延」「同時多接続」という特徴は、現行の「4g」を凌駕(りょうが)する。日経ビジネス、4月15日号特集「5gインパクト」では、5gの登場がビジネスと生活をどう変えるかを取り上げた。

メタルギア メタルギアREX

メタルギア ライジング リベンジェンス』(2013年発売) 2018年。11歳。この時期には外の世界で生きる上での社会的な都合もあって、正式にオタコンの養子になっており、名前も「サニー・エメリッヒ」 …

最終決戦ではMk.IIIを使ってFOX・ALIVE(ナオミが開発したウイルスデータにをエマのワームクラスターに落とし込んでサニーが作成したもの)をアウター・ヘイブン内のG.W.に打ち込む事でJ.D. 『FOX ALIVE』は『G.W』を含むすべての代理AI郡を完全に破壊するものだったが、ナオミから託されたプログラムのブラックボックスにまでサニーが手を加えた結果、インフラ管理機能のみは切り離され守られた。



ソリッド・スネークと最初に出会った際は、サイボーグ忍者による襲撃を受けて、ロッカーに逃げ込み、恐怖のあまり失禁している所で鉢合うという衝撃的な初対面を果たす。(※)

本名よりもあだ名の「オタコン」の方が圧倒的に有名な為、pixivにおいては「関連作品」や「投稿画像」には「ハル・エメリッヒ」ではなく「オタコン」というタグがつけられることの方がはるかに多い。その為、pixivでは本記事よりもオタク・コンベンションの記事の方がより多くの投稿作品が閲覧できる。(というかあちらの記事に投稿されている関連作品はほぼ彼のものであり、実質あちらも彼の記事になっている), メタルギアシリーズ オタコン

その中で、とある人物からアメリカ海兵隊が新型メタルギアを開発したという情報を入手、大型タンカーにスネークを向かわせるが…?

サニーはこれをオタコンのPC内に残っていたかつてMGS2にてエマ・エメリッヒ・ダンジガーが『G.W』を破壊するために作成したワームクラスタに組み込み、コンピュータウィルス『FOX ALIVE』を完成させる。

※後にMGS2でロッカーの話の際に隠れていた事を懐かしがっていたが、スネークから「おもらし」の件でからかわれていた。オタコンにとっては相当恥ずかしい過去のようである。MGS4ではMk-Ⅲを介して廃墟と化したシャドーモセス島の研究室で言葉こそ発さなかったが複雑そうな顔で自身が隠れていたロッカーを見ていた。さらに意味ありげにロッカーを眺めるスネークに対して「嫌なことを思い出してないだろうね」と釘を刺していた。 MGS2に登場したオルガ・ゴルルコビッチの娘で、美しい銀髪を持つ天才少女。

また、本作では移動の際にはヘリだけでなく、輸送機ノーマッドの操縦も行っている。 好きなものは犬と日本のアニメ(特にロボットアニメが好きな様子)。

父は新しい女性と再婚するも精神状態をさらに悪化させ、家庭環境は円満とは程遠かった。妹のエマ(E.E.

他にも急速な老化が進むスネークを補助する為に新型のスニーキング・スーツや様々な装備を開発した。 蜂起を起こしシャドーモセス島を占拠した特殊部隊FOXHOUNDの1人であるスナイパー・ウルフに淡い恋心を持っていたが…?

ちなみにカービィを解説する場合「HAL研究所のキャラクターをオタコン(ハル)が解説する」となり、さらにHAL研究所とハルの名称の由来が「どちらも2001年宇宙の旅のHAL9000から来ている」という凄い組み合わせである。意図的なのかあるいは・・・?

CV 田中秀幸/クリストファー・ランドルフ

そのため相棒のソリッド・スネークとセットで非常に人気が高く、ファンの多いキャラである。

初登場はMGS4。, 本人の名前や姿は登場しないが、その存在が語られている。

Mk.II(Mk.III)はスネークがでラジコンのように操作する事も出来る。

そして後に彼は実際に「ありのままの世界を残す為に最善を尽くす」「他者を尊重しつつ自分の意思を信じる」というザ・ボスが最後に目指そうとした遺志を相棒のスネークと共に体現した生き方をしており(もちろん本人にそんな自覚は無いが)、母親の願った通りの強く真っ直ぐな男に成長していく。, 25歳。 スネークに真相を知らされてからは自身の行いを悔いてメタルギアREX破壊の為にスネークを助ける事を決め、豊富な知識とハッカーとしての能力でスネークを積極的にサポートした。 科学者  オタク  黄金の精神 



一方で三代に渡って核兵器に関わった因果を「呪われた血筋」とも考えており(彼は祖父や父と違って自分の意思で核に関わったわけではないが)、その因果を断ち切りたいと願ってもいる。 本作ではさらにスピリッツとしても参戦(ボディはドクターマリオである。)。イラストはMGS4の時のものとなっている。, 意外だと思われるが、実はオタコンは初代ときめきメモリアル(PCE版設定)の登場人物達とほぼ同じ世代である。例を挙げると藤崎詩織が当初は1979年生まれとされていた事で1980年生まれのオタコンは同学年もしくは一つ下の学年である可能性がある。

本作では少年時代の彼の複雑な家庭事情が明かされており、父親のヒューイは精神を患い、母であるストレンジラブはハルが幼い時に亡くなっている事がこの時点ではまだ詳細こそ不明であるものの語られている。 初登場はMGS。他にもMGS2、MGS4に登場している。 同シリーズの最も代表的な主人公であるソリッド・スネークのパートナーであり無二の親友。 天才的な技術者でありハッカーで、明晰な頭脳を持ちスネークを主に後方から常にサポートする。 性格は冷静で温和で誰に対しても優しく人なつっこく、運動と高い所が苦手(ただし後にVRでヘリの操縦技術を習得した為、高所恐怖症については克服した模様)。一方で芯は強く一度決めた事や自分の信念は決して曲げないという意思の強さがある。そしてシ … そのことによりヒューイは怒り、ストレンジラブはAIポッド内に閉じ込められて結果的に衰弱死させられている。 オルガを利用する為の人質として『愛国者達』によって囚われており、ビッグ・シェル占拠事件終結後にソリッド・スネークと雷電は彼女の救出作戦に乗り出す。, 雷電によって救出された後、愛国者達からの追跡を逃れるため戸籍が無いまま大型輸送機ノーマッドの機内でスネーク、オタコンとともに生活しており、オタコンをハル兄さんと呼び、また雷電のことを自分のヒーローと慕っており「ジャック」と本名で呼んでいる。(スネークはスネークと呼んでいる)

ロイ・キャンベル サニー(MGS) 雷電(MGS) メイ・リン

「メタルギアソリッドSSまとめ」カテゴリの最新記事 19:55| この記事のURL │ コメント(0) │ トラックバック(0) | メタルギアソリッドSSまとめ | SSいぱいまとめブログ! 雷電 ハル・エメリッヒ ソリッド・スネーク オルガ・ゴルルコビッチ ナオミ・ハンター

スネークがシャドーモセス島でスマッシュアピールをする事で、特定のキャラの解説をしてくれる(キャラによって大佐やメイ・リン又はスリッピーになる事もある)。 スナイパー・ウルフ エマ・エメリッヒ・ダンジガー ナオミ・ハンター ちなみにナオミにメガネが無い方が素敵だと言われて一時メガネを外していたが、彼女の最期を見届けて再びかけ直した。, 38歳。

サニー・エメリッヒ (Sunny Emmerich、2007年 - ) は、コナミ(現:コナミデジタルエンタテインメント)のアクションゲーム、メタルギアシリーズに登場する架空の人物である。, 美しい銀髪を持つ天才少女。義父は同シリーズで登場する科学者、ハル・エメリッヒ(以下オタコン)。, 白人のロシア人。2007年生まれ。身長148cm(『メタルギア ライジング リベンジェンス』〈以下『MGR』〉時)。『メタルギアソリッド2』で登場したオルガ・ゴルルコビッチの娘であり、父親は不明。同作のタンカー編の時点では妊娠中でまだ生まれておらずその2年後のプラント編までの間に出産している。, 幼少期から「愛国者達」の管理下での教育を受けて育ち、さらにオタコンからプログラミングスキルなどを伝授された結果、幼いにもかかわらず天才的なプログラミングスキルとハッキングスキルを身につけており、特にプログラミングスキルに関しては7歳の『メタルギアソリッド4』(以下『MGS4』)の時点で既に義父のオタコンを超えかねないほどである。, 『MGR』では、オタコンのコネで「ソリス・スペース&エアロノーティクス」(以下ソリス社)へ入社した。, 2007年。出生前のため名前や姿は登場しないが、実母オルガ・ゴルルコビッチが身籠っており、言及がある。, タンカー編の後に生まれるも出産した病院が「愛国者達」の息のかかった病院であり、生まれてすぐに母オルガから引き離されて彼女を脅迫する為の人質にされる。, オルガの死亡後は「愛国者達」の為に英才教育を施されてプログラマーやハッカーとしての天才的な才能を発揮するが、後にオルガとの約束を果たすべくビッグ・ママとの交渉で居場所を突き止めた雷電によって救出され、ソリッド・スネークとオタコンによって保護される。, 2014年。7歳。この時点ではスネークやオタコンと一緒にノーマッド機内で生活している。スネークのことはそのまま「スネーク」、オタコンのことは「ハル兄さん」と呼んでいる。また自分を助けてくれた雷電のことは「ジャック」と本名で呼んで慕っている。母オルガのことはスネーク達から聞かされたらしく機内のキッチンに彼女の写真を飾っている。その天才的なスキルでスネーク達に役立つ情報を集めたり、オタコンがスネークの為のサポートロボットとして開発したマークII及びマークIIIの開発に協力もしている。その一方でノーマッドの料理担当をしているものの料理を教えてくれる人がいなかった為に目玉焼きもまともに焼けずに落ち込んでいた(一方で上手く焼けたらいい事があるというサニーサイドアップという占いの面も強かった模様)。また急速に老化するスネークの体を気づかって機内を禁煙にした張本人であり、事あるごとに隠れて煙草を吸うスネークをその度に注意していた。, 元々その境遇ゆえに外の世界に出たことはなくネットという内側から外の世界を見ることに没頭するなどかなり内向的だったが[注 1]、ノーマッドにやってきたナオミ・ハンターから正しい料理の仕方や女の子としてのお洒落などを教えられ最初は警戒していたもののやがて心を許して慕う(この際に青い薔薇を彼女に贈られている)。一方でナオミの方も過去の自身との境遇の一致から彼女を気にかけて、さらにオタコン以上の能力を持つ彼女に自身の計画の為にG.Wやその破壊用のウイルスプログラムのデータを渡す。, 彼女はそれにかつてアーセナルギアのA.lプログラマーだったオタコンの義妹エマ・エメリッヒ・ダンジガーのワームクラスターを落とし込んでウイルスを完成させる[注 2]。そしてナオミがFOXALIVEと名付けた(囚われていた狐達を野に解き放つという意味)。そのウイルスによってJ.D(ジョン・ドウ)を始めとした「愛国者達」の代理A.I.は完全に崩壊し、全てが終わった。しかし事前にサニーがウイルスの破壊対象からインフラ等の社会基盤を支えるシステムをブラックボックス化して外していた為、文明崩壊は免れた。, 全てが終わった後はメリルの結婚式に参加してそこで現地の少年と言葉が通じないながらも親しくなり、生まれて始めての外の世界での友達になる(小説版では後にこの少年と結婚している)。そしてその様子を見たオタコンからは「愛国者達」が消えたことや生前のナオミの後押しもあって外の世界で生きることを勧められる。, エンディング後も自殺の必要がなくなり余生を銃を置いて世界の行く末を見届ける為に生きることを決めて帰ってきたスネークとそのスネークに最期まで同行し彼の全ての足跡を記録して後世に伝えることを決めたオタコンと共に暮らしている。, 2018年。11歳。この時期には外の世界で生きる上での社会的な都合もあって、正式にオタコンの養子になっており、名前も「サニー・エメリッヒ」になっている。, 学校にも1年程行ったが、すでに大学の教養課程レベルの知識を身に着けていたサニーは年齢相応の周囲のレベルに合わせることができず、飛び級の話もあったが、最終的には本人の希望やオタコンのコネクションによって、宇宙開発事業を行うソリス社へ就職した。, そこでもサニーは才能を発揮し、幼くして宇宙往還機のプロジェクトを任せられるほどの立場に就いている。, 大統領暗殺計画を止めるため、パキスタンへ向かう必要があったが、計画実行まで時間がなく、通常の飛行機では間に合わない状況であった雷電は、第一宇宙速度(概算でマッハ23、約28400Km/h)での飛行が可能な宇宙往還機を利用するため、ソリス社にいるサニーを頼ることになった。, このときのサニーは、かつてノーマッドにいた時からは考えられないほどに笑顔の似合う明るく活発な性格になっていて、ブレードウルフ(LQ-84i)にお手をさせたり、服装も亡き母のオルガに似た格好になっていた。, 過去の誤ちを繰り返さず科学を平和利用することを理想として掲げており、ナオミからもらった青いバラを模した髪飾りとオタコンから受け継いだ「オタ魂」のワッペンをつけている。, 事件が終わった後も、引き続きソリス社で働いている。ブレードウルフもサニーが引き取った。今回の一連の事件の中で雷電が助け、色々あってサイボーグとなった元ストリートチルドのジョージもサニーと共に働いている。ジョージの「可愛い」という言葉に動揺する様子も見せた。ただ、サニー曰く「科学が恋人」。, 自らを救いだしてくれた雷電のことは、過去のことを知った上で、永遠のヒーローと思っている。, また、現在のサニーの目標はオタコンが存命の間に有人での木星旅行を達成することであることも語られている。, オタコン自身も彼女の高すぎる能力と科学者としての能力を利用された自身の過去の経験もあって彼女を外の世界に出すことを不安視していた, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サニー・エメリッヒ&oldid=80316591.

父親のヒューイは歩行機械を研究する科学者だったがCIAにスカウトされて各種無人兵器を、MSFではメタルギアを、XOFでもメタルギアを未完成ながら建造している。母親は父と同じくCIA、MSFでAI研究を行っていたストレンジラブ。 ヒューイ(MGS) ストレンジラブ メタルギアソリッドシリーズの、ソリッド・スネークおよび雷電を主人公としたシリーズに通して登場するキャラクター。 ソリッド・スネークの良き理解者にして最大の盟友。 本名のハルの元ネタは映画2001年宇宙の旅の hal9000 。 相棒ソリッドの本名デイビッドと対になっている。 本編ではウルフが、スネークに介錯された時にはスネークのことを一切責めなかったが、バンドデシネではウルフが死んだ時に彼のことを責めている(ちなみに、死ぬ前にウルフが打ち明ける内容は本編かバンドデシネで異なり、本編では自分の過去を話しているがバンドデシネではオタコンへの思いを告白している)。 ナオミやオタコンの悲願でもあった科学技術の平和利用のために日々尽力しており、その決意を忘れないためか、青いバラを模した髪飾りとオタ魂(オタコン)のパッチを身に着けている。

その際に現地の男の子と親しくなり、彼にメタルギアMk.IIIを譲り渡そうとしていた。そしてこの様子を見たオタコンから外の世界で生きることを促され、本人もそれに前向きになった。伊藤計劃著の小説版では、後に彼と結婚することになる。, 4年の時を経て色々とちょっぴり成長した姿で登場。性格は以前に比べてすっかり明るくなって口調もしっかりしたものとなり、軽口やいたずらっぽくジョークを言ったりもするようになった。また服装もMGS2の時点のオルガに近いものになっている。

事件終結後は晴れて自由の身となり、メリル・シルバーバーグの結婚式に参加する為に初めて外へと出ることとなる。 さらにタンカー編では端末からRAYの写真を4枚転送するというミッションがあるのだが、その時に艦内で撮ったグラビア写真を転送すると、これじゃないと言いながら「保存しとこっ」と小声で呟く様子が見られる。, 34歳。 ノーマッド機内が禁煙なのはスネークの体を気づかった彼女の意向によるもの。一人でいる時はPSPで遊ぶこともある。

小説版ではメタルギア(正確にはサヘラントロプス)に幼少期に実験台として乗せられていた事を朧げながらに覚えており幼少時のトラウマとして今もどこかに残っている模様。(この時の様子もおぼろげに語られているが、当時の彼が実験後は病院のベッドの上で意識を取り戻していたほどに実験の内容は苛烈だった模様)

またメタルギア開発も含めた自分の過去の誤ちに対する後悔や責任感も非常に強く、生涯をかけてそれらを自ら償おうとしている。 科学者 天才少女 青薔薇. 「待たせたね」

かつてスネークが自分達のことを「木星にも行けそうなコンビ」と評したことをオタコンから聞いたのか、現在の目標はオタコンが生きてる間に木星旅行を達成することで、オタコン達から雷電の過去を聞いていたが、現在の自分があるのは彼のおかげだと深く感謝しており、自分にとって雷電は「永遠のヒーロー」と述べている。, MGS MGS4 MGR 本作では義妹のエマの件もあって直接現場に出てきて行動し、スネークや本作の主人公である雷電をサポートする。ちなみに彼は自身を政府の技術者と偽装して、SEALsに随行する形でビッグ・シェルに潜入しており、現地でスネークと合流した。

このようにシリーズが進むにつれてソリッド・スネークに並ぶ、同シリーズの「もう一人の主人公」と言っても過言ではないキャラクターになっていく。(実際に同シリーズの主人公であるスネーク・雷電・ネイキッド・スネーク(ビッグボス)以外で唯一、例の「待たせたな」というシリーズを代表する決め台詞を作中で複数回言っているキャラである)

ポリスノーツ Z.O.E その後はメリルの結婚式に参加し、そこでドレビンから自身の正体を含めた真相を聞かされる。そして外の世界で始めての友達を作ったサニーの様子を見て彼女に外の世界で生きる事を促した。 もう一人の主人公 事件終結後はウルフを自分の元に引き取っており、雷電が助け出した少年・ジョージを雇い、アシスタントにしている。 性格は冷静で温和で誰に対しても優しく人なつっこく、運動と高い所が苦手(ただし後にVRでヘリの操縦技術を習得した為、高所恐怖症については克服した模様)。一方で芯は強く一度決めた事や自分の信念は決して曲げないという意思の強さがある。そしてシリーズを通して様々な不幸な目に合うがそれでも折れずに自分の成すべきことを成し遂げるという強いメンタルも持っており、これらの点はスネークからも「あいつは強い男だ」として高く評価・信頼されている。 セーブを繰り返すとあまりの適当な解説に業を煮やしたメイ・リン本人が乱入してくる。 独学でマサチューセッツ工科大学に入学。若くして博士号を授与され、プリンストン大学でも学士号、修士号を取得し、FBIにスカウトされた俊才。FBIではERF(技術開発研究所)に所属していたが、ハッキング行為を行なっていたことが発覚。FBIを追われアームズテック社に入社した。, 1980年に出生。この頃は4歳の子供である。

愛国者達に囚われている間に何らかの人体実験を施され、それにより脳が拡張したのか天才的な頭脳を持ち、さらにオタコンから機械工学の手ほどきを受けてノーマッドではオタコンと共にハッキングによる情報収集やメタルギアMk.IIの開発の一端を担っている。特にネットワーク関連の技術ではオタコンが自らを超えたと言うほどの才能を持つ。 本編終了後はスネークと合流し、オルガ・ゴルルコビッチの娘のサニーを救出すべく動き始める。 シャドー・モセス当時は島をテロリストに占拠されたという環境のせいもあって身なりを整える余裕もなくボサボサ頭に無精髭の眼鏡面だったが、よく見ると非常に端正な顔立ちをした美形であり、その人柄もあって女性に好意を寄せられることが多いが、全て悲恋で終わっている。 非常に複雑な家庭環境の中で育っており、自身も屈折した家族関係に悩まされていたが、上記のメンタルの強さとスネークを始めとした仲間達との出会いで現在の人柄を保ち続けている。 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALでもやはりスマッシュアピール時の無線キャラの1人として登場している。なお、無線通信の内容は「X」の時のものの流用である。 )は継母の連れ子で、血縁のない兄妹である。

その後は空爆命令が撤回されたことで助かり、事件収束後は軍に保護されたが、全ての真相を知っていた為に姿を消して再びスネークと合流する。 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット事件収束後に外の世界で生きる上での社会的な都合もあって、オタコンの正式な養子として引き取られてエメリッヒ姓となっている。



個別EDが用意されており、スネークにオタコンの本名をして「木星へも行けそうなコンビだ」と称された。, タンカー編では27歳、プラント編では29歳。



スネークと雷電と並んで歩くシーンとその後のスネークと互いに腕を組んで抱き合い、別れるシーンは本作屈指の名シーンである。

ハル・エメリッヒ (Hal Emmerich、1980年 - ) は、コナミ(現、コナミデジタルエンタテインメント)のアクションゲーム、メタルギアシリーズに登場する架空の人物。, 愛称はオタコン (Otacon) 。天才的な技術者にしてハッカー。同シリーズの主人公の一人であるソリッド・スネークのパートナーであり親友。義娘にサニー・エメリッヒ、義妹にエマ・エメリッヒ=ダンジガーがいる。, アメリカ国籍の白人。1980年生まれ。身長177cm、体重62Kg。一人称は「僕」。初登場の『メタルギアソリッド』では、テロリストに占拠されたという状況もあって身なりを整える余裕もなく、眼鏡をかけボサボサの頭髪に無精髭という出で立ちであったが、シリーズが進むと身なりを整えた事とグラフィックの精密化によってとても端正な容貌をしていることがわかる。, 独学でマサチューセッツ工科大学に入学し、若くして博士号を授与され、プリンストン大学でも学士号、修士号を取得しFBIにスカウトされる。FBIではERF(技術開発研究所)に所属していたが、クラッキングを行なっていたことが発覚し、FBIを追われてアームズ・テック社に入社。, 日本のアニメが大好きで、アメリカで開催される日本アニメのイベント「オタコン」(オタク・コンベンション、Otakon) の常連であることから「オタコン (Otacon)」と呼ばれる(自ら「オタコン」と呼ぶよう要望していた)[1]。アニメのロボットに憧れており、彼が兵器開発者になったのも、アニメのような格好いいロボットを造りたいという純粋な思いから。, 性格は人なつっこく、誰に対しても優しく友交的に接している。運動と高い所が苦手(ただし後にVRでヘリの操縦技術を習得している為、高所恐怖症については克服した模様)。明哲な頭脳を持ち、パートナーとして冷静で温和な人格でスネークを常にサポートするが、時折見られるスネークの大胆不敵な行動を「非常識」と評している。また頑固であり、自分が一度決めた事や信念は簡単には曲げない意思の強さを持つ。メタルギアREXの開発などの自身が行った誤ちについても強い後悔と責任感を持っておりそれを自ら償おうとしている。, 『MGS1』では片思いしていたスナイパーウルフを失い、『MGS2』では義理の妹エマを失うなど、シリーズを通して数々の悲劇にみまわれる事が多いが、そのたびにその悲しみを乗り越えて「自分のやるべきことを成し遂げる」というメンタルの強さも持つ。こういう面もスネークからは高く評価され信頼されている。, 科学者としては「人間も兵器も弱みがなければ可愛げがない」という変わった理念の持ち主であり、自身が制作したメタルギアREXの弱点もこの理念に従って半ば意図的に加えたものである。今、完璧なものを追求するのではなくその欠点も許容しつつそれも踏まえて後継に発展させるというタイプであり、こういった科学者としてのスタンスもアニメによって培われた模様。, 祖父はマンハッタン計画に参加していた人物の一人で、原子核の専門家である。彼の祖父がマンハッタン計画に参加したことが最初の起点となり、メタルギアシリーズの歴史と現実の歴史は乖離していく。, 父親のヒューイ(後に彼の妻となるストレンジラブ博士に付けられたあだ名であり本名は不明[2])は月面歩行機械研究をするロボット工学の権威であり、広島に原爆が投下された1945年8月6日に生まれた。また、ヒューイは、「メタルギア」の原案者でありソ連軍事技術者のアレクサンドル・レオノヴィッチ・グラーニンと、研究分野の一致や二足歩行への拘りから友人関係にあり、グラーニンの生前に二足歩行戦車の開発データを受け取っている。, 『メタルギアソリッド ピースウォーカー』では、ヒューイがストレンジラブ博士に告白しそれに対して「自立できるようになるまで気長に待っている」と返答されていたが、『メタルギアソリッドV』にて彼女がオタコンの母親であった事が明かされた。, 『メタルギアソリッドV ファントムペイン』では、ヒューイに対する尋問中、ストレンジラブ博士は殺害される4年前に既に孕んでおり、出産を待たずに帝王切開で生まれたことや、夫妻の間ではHAL(ハル)と呼んでいたことが判明。また4歳にも満たない頃にヒューイによって開発中のメタルギアのコックピットに搭乗させられ実験台にされており、母親であるストレンジラブはこのことに反対してハルをヒューイから引き離した(ノベライズ版ではこの実験の結果、病院送りになっていたことも描写されており、また彼自身もこの時のことを幼少期のトラウマとして今も微かに記憶している模様)。, 『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』で語られた過去の話では、経緯は不明だが再び実父と再会しており父の再婚相手の娘である義妹エマ・エメリッヒ=ダンジガーが登場。しかし少年時代の家庭環境は到底円満とは言い難く、義母であるジュリー・ダンジガーに肉体関係を迫られた事や、義兄に対して想いを抱くエマ、実父であるヒューイが義娘であるエマを道連れに自殺を図るなど、非常に複雑かつ悲惨な家庭事情が明らかになる。, また上記のように親子3代に渡って核兵器と非常に縁が深く、オタコン自身は「核に呪われた家系」と自嘲しているが同時にその負の連鎖を自分の代で終わらせようという強い思いもある。, 2005年。兵器メーカーであるアームズ・テック社の技術者で、メタルギア・プロジェクトの開発チーフを務めていた。シャドー・モセス島でのメタルギアREXの演習に参加していたが、その最中FOXHOUNDが蜂起し、メタルギアを奪取。彼は身柄を拘束され、最終調整のために協力を強いられていた。, 彼自身はメタルギアREXを移動可能なTMDシステムとしか聞かされておらずそれを信じて開発していたが、メタルギアを止める方法をつきとめる為に接触してきたソリッド・スネークから事件の真相を知り、自らの過ちを悔いると共に、彼への協力を決意した。その後は無線通信や、ステルス迷彩を駆使して裏からスネークをサポートした。, オタコンに優しく接し、家族同然の狼犬にエサを与える許可をくれた女性であるスナイパー・ウルフに好意を抱いていた。スネークはこれを「ストックホルム症候群」と評していたが、小説版などにてこれは最初から呪われた運命を課せられていた彼女の境遇に自身を重ねていたからであり、実際に愛していたことが明かされている(ウルフの方もオタコンのことは意識はしていたものの、彼を自分と同じ世界に引き込まない為にあえて冷たくあしらった)。しかしウルフとの道が交わる事はなく悲恋に終わる。, 作戦終盤ではクラッカーでもある彼の才能が発揮され、メタルギアの破壊も含めたスネークの作戦遂行に数々の貢献をした。シャドー・モセスへの空爆が発動した際も「もう過去を悔いる生き方はやめた」「生きる目標ができた」として最後まで留まり、スネークとメリルの脱出を援護した。作戦終了後は軍によって無事に保護されたが、その後は真相を知ったことでアームズ・テック社へは戻らず、消息を絶っていた。, メリル死亡ルートでは生きる望みを失ったスネークを奮い立たせてスネークと共に脱出する。事件収束後は改めてお互いの本名を名乗り合い、やはりアームズ・テックには戻らずスネークと共に姿を消した(ただし正規であるメリル生存ルートでもスネークとの合流後に同じことはしたとの事)。, 2007年8月8日[3]。親友であるソリッド・スネークとともに反メタルギア財団「フィランソロピー」を設立している。リボルバー・オセロットの裏工作によって世界中に拡散したメタルギアの亜種を破壊すべく活動していた。, オタコンは、アメリカ海兵隊が世界中の亜種メタルギアに対抗するべく新型メタルギア「メタルギアRAY」を開発し、演習のために極秘裏に海上輸送を行なうという情報を入手。パートナーであるスネークと共に、メタルギアRAYが積まれている偽装タンカーへの潜入作戦を実行する。その目的は、スネークが船内のメタルギアRAYをカメラで撮影し写真データをオタコンへ送信、オタコンがそれをインターネット上で公開して海兵隊のメタルギア開発計画を暴露し、政府に圧力をかけるというものだった。, 実際の作戦では、スネーク一人が偽装タンカーに潜入し、オタコンは外部から無線通信での作戦指示やサポートを行ない、作戦終了後はヘリでスネークを回収するという段取りであった。スネークによって当初の目的は達成されたものの、スネークの脱出直前に、メタルギアRAYの奪取を狙うセルゲイ・ゴルルコビッチ率いる傭兵部隊がタンカーを制圧。さらにその後、彼らと行動を共にしていたリボルバー・オセロットが裏切りを宣言し、タンカーを爆破してRAYを奪い逃走する。この混乱でスネークは海上に投げ出されてしまうが、その後無事にオタコンに回収されている(この際に沈没するタンカーやその残骸をボートでかいくぐってタンカーに接近し、スネークを救出するという離れ業をやってのけている)。, 作戦の最中、スネークとの無線による通信中に、メイ・リンの真似をしてことわざをスネークに教えていたが、途中で彼女からもらったメモをなくしてしまう。そのまま意味不明なことわざ講座を始めたが、それに気づいて無線に割り込んだメイ・リンに怒られた。, 2009年4月29日[4]。タンカー沈没事件後、オセロットの策略によって、オタコンはスネークとともに事件の首謀者とされ、指名手配されてしまう。追われる身で二人がどのように活動を続けていたのかは不明。「ソリッド・スネークは死んだ」と偽装するため、前作で死んだリキッド・スネークの遺体を代わりに埋葬するという工作を行なっている。, タンカー沈没事件から2年後、オタコンは、海兵隊のメタルギアRAY計画とは別に進められていた海軍のアーセナルギア計画についての情報を得る。その内容は、事件後に現場の海域上に建設された海上除染施設「ビッグ・シェル」を隠れ蓑にしてアーセナルギアの開発が行なわれているというものであった。, 同時に、長らく音信不通であった義妹のエマがアーセナルギア建造計画に関わっているという情報も得て、真相究明のためオタコンは自らも政府の技術者に偽装して「ビッグ・シェル」に潜入する。この情報は既に故人だったリキッドがソリッド・スネークを呼ぶためにオセロットを操ってリークした物だった。, アーセナル内でエマと再会するも彼女はヴァンプによって致命傷を負わされ死去。最期に義妹の本当の想いを知ることになる。彼女の亡骸を抱き自分が彼女の前を去った本当の理由を告げ、彼女の名前を呼びながら慟哭する。, その後はスネークからアーセナルの人質救出を託され、スネークと雷電がアーセナル破壊に向かう裏でヘリで人質救出を試み無事完了させた。, 2014年。スネークや雷電と共に先の戦いで戦死したオルガ・ゴルルコビッチの娘・サニーを愛国者達の手から救出した後は航空機ノーマッドで彼女とスネークとの3人で暮らしていた。そして急速な老化が進むスネークの為に彼女と協力してオクトカム・スーツやメタルギアMk.IIとメタルギアMk.IIIを開発する。, ノーマッド機内からMk.IIを遠隔操作しスネークを追跡・支援する(後半からMk.IIが破壊されたため、Mk.IIIに変更している)。ビッグ・シェルでエマを殺したヴァンプに再会したり、ナオミ・ハンターとは境遇や立場の一致から互いに惹かれ合い恋に落ちるものの再び悲恋で終わり、その死に立ち会うことになるなど、辛い出来事にも遭遇した。, また、放置されていた自分の因縁の一つであるREXを自らの手で再び再起動させ今度はスネークを助けるために動かし、彼をサポートして対メタルギア用のメタルギアだったRAYを相手に勝利している。, 最終的にはMk.IIIを操作してナオミ、エマ、サニーの3人の手を通じて完成したFOXALIVEをG.W.に打ち込むことで「愛国者達」の代理A.I.システムそのものを崩壊させ全てを終わらせた。, この際に残されていたナオミのビデオメッセージから彼女の真意と自分に対する想いを知り、再び慟哭する。, 戦争終結後はメリルの結婚式に参加してそこでドレビンから彼の正体を始めとした真相を聞かされる。そして始めての外の世界での友達を作ったサニーの様子を見て彼女に外の世界で生きることを促した。, そして、共にやらなければならない事をすべてやり終え、人として、世界を見届ける事にしたスネークの記録を思いを後世に伝える目撃者になるため、最後までスネークと共にする。, 小説版では語り手として登場する。エンディング後にスネークの命が尽きるまで彼と共に世界の進む道を見届け彼の全ての足跡を記録し後世に伝えることをスネークに伝えていたが、実際にそれを文章にしたのが小説版であるという設定になっている。, ナオミに眼鏡を外した方が素敵と言われ、しばらくの間眼鏡を外していたがナオミの最期を見届けた後に再びかけ直した。, 2018年。雷電がサニーに無線で連絡するとハルの様子が分かる。ガンズ・オブ・ザ・パトリオット事件の後にサニーを養子として引き取り、彼女に自分と同じエメリッヒの姓を与え、自分のコネで「ソリス・スペース&エアロノーティクス」へ入社させた。, また、やたら女性にモテ出したそうであるが、過去の経験上「自分と付き合うと不幸になる」と断っている。しかし、その態度がむしろ余計に女性達に火をつけている模様。, スネークがゲスト出演を果たした本作にも登場する。ゲーム中、特定の条件を満たすとスネークが通信機を使い、その通話相手の一人としてメイ・リン、ロイ・キャンベル大佐と共にゲスト出演している。, リンクの武装やヨッシーの生態についてスネークに解説をしてくれる他、カービィを危険な生物だと思い込んでいる。また、ファミコンの周辺機器であるロボットについて日本版と海外版の違いを解説したり、Mr.ゲーム&ウォッチの概要についても解説してくれる。キャプテン・ファルコンの必殺技をスネークと共に叫んでくれる場面もある[5]。, 『SPECIAL』でもスネークが再度出演したことに伴い再登場。『X』同様シャドーモセス島でスネークがスマッシュアピールをすることで発生する無線通信で登場する[6]。, MGS5のブリーフィングにおいても「Dr.“Huey”Emmerich」と明記されている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ハル・エメリッヒ&oldid=78504353, 義妹:エマ・エメリッヒ=ダンジガー(1991-2009) - ジュリーの連れ子であり、オタコンとは血はつながっていない。, VR訓練を受けている為ヘリコプターの操縦技能があり、『メタルギアソリッド2』(Ka-62)、『メタルギアソリッド4』(UH-60を元ネタにした架空機)では操縦する場面がある。自動操縦時以外の輸送機ノーマッドの操作もオタコンが行っているため、 『4』の頃には大型航空機の操縦技能も習得している。, 『メタルギアソリッド2』で、グラビアのポスターを見ながらオタコンに無線をすると、興奮した様子を見ることができる。, 『サブシスタンス』の特典ディスク「EXISTENCE」の映像版「MGS3」でナレーションをつとめた。『サブシスタンス』のスタッフロールでは声優名が「???」と表示されている(「EXISTENCE」のスタッフロールでは名前は表示されている。またこれがオタコンなのかどうかは不明である)。.

俺ガイル 完 放送日 6, ハンチョウ 安積班 動画 5, サンコー ドライブレコーダー ダッシュボード 20, 中 日 ドラゴンズ ランキング 6, 爽やか 芸能人 女性 4, Pso2 パラレルエリア 出し 方 9, 大学 通学時間 限界 35, Teamviewer 管理ユーザー名 パスワード ドメイン 9, 浦安鉄筋家族 春巻 大東 5, 化粧品 による トラブル 5, チケプラ 問い合わせ 電話 14, ジオウ ファイナルステージ Bilibili 4, 抑え メンタル なんj 10, ゲゲゲの鬼太郎 97話 感想 7, 長安二十 四 時 龍 波 12, 東海市 人事異動 2020 7, 西 尾張 高校サッカー 4, 営業マン 英語 女性 6, Aliexpress Xiaomi 公式 10, それでは 言い換え ビジネス 4,