〜 はい!終わり, 【悲報】メイドインアビスさん、にわかが増えすぎてボンボルドをいい奴だと思ってる馬鹿が急増www, 勇次郎といい最強ラスボス引っ張り過ぎるとageるにせよsageるにせよ扱い面倒になるんだよな, 【悲報】にじさんじトップの月ノ美兎さん、ホロライブの中堅に登録者数を次々と抜かされてしまうwww, ひろゆき「カレー事件の林真須美さんは無実で、真犯人は近所の小学生だと思うんですよね」, なんJ民「スターウォーズEP8のローズはブス!」ワイ「どうせ大げさに言ってるだけやろ……」, 【芸能】沢尻エリカ逮捕により新たな疑惑大物俳優Xを特定 クラブモザイク写真より「服装」がほぼ名指し, 【速報】ラストオブアス2のエリーさん、寄生されたおかげで超人化してる設定が追加される, 夜神月「ボボボーボ・ボーボボ、心臓麻痺っと…(カキカキ」ボーボボ「ぐああああ!!!(死亡)」. NPCがもっと進化したら今のゲームの完成形に近いと思う マルチも面白いからやろうぜ, 発明者を片っ端から些末していこうとする! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); またこれまで積み上げてきた過去の設定がまったく生かされていないことから、 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 初代・森川ジョージが「一歩」に焦点を当てたの対し、二代目は「全員が主人公」を公言した。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 今回は伝説のボクサー ”アイアン” マイクタイソンの記事を書いていきます。 マイクタイソンと言えば、1980年後半~90年代を代表した史上最強のヘビー級ボクサーです。 一瞬のスピードとダイナマイトパン ... こんにちは! スポーツや日常の事柄を独自視点で書いていきます♪ 今回は、日本テレビ系で「アナザースカイ」という番組が(毎週金曜日23:00~23:30放送)ありますが 僕普段は観ないけど、ゲストに「長 ... ルイス・ネリにはガッカリ・・ WBC世界バンタム級タイトルマッチを翌日に控え、前日計量が行われたが・・ なんとチャンピオンのルイス・ネリが体重オーバーで王座剥奪とういう失態をしました これには、ボクシ ... あっけない幕切れでした 本日3月1日、山中慎介が因縁の相手のルイス・ネリとリマッチを行いましたが・・ 動きの良いルイス・ネリに太刀打ちできずTKO負け このままピリオドとなりますが、ルイスネリとの2度 ... ある時は国会議員、またある時はみんなの憧れるレジェンドボクサー。 御年「39歳」のマニー・パッキャオが、ルーカス・マティセに貫禄の7ラウンドTKO勝利をおさめました! あのKO率80%をこえるマティセ ... こんにちは! 今回は嬉しい話題、山中慎介とルイス・ネリの再戦がついに決まりました! 山中慎介にとっては因縁の相手、ぜひとも勝ってベルトをもぎ取ってほしいです スポンサーリンク プロフィール ここで簡単 ... ボクシングの魅力にハマってしまった筆者がPFPの選手や世界王者、レジェンドや井上尚弥、また人気選手などの情報をお届けします. 貧乏になった日本国民には痛い出費。, ツシマは操作、移動、ロードなどなどプレイヤーがほとんどストレスを感じない ボクシング歴代最強世界チャンピオン(1985年以降)のtop10を選出!数々の名世界チャンピオンから選ばし最強ボクサー10名。top10+5名を加えてtop15位まで決定!日本人で唯一入れた世界チャンピオン … そちらの方も併せて見て頂けたらいいなと思います。. 一方で一歩以外の試合の増加、試合のページ数が増えた、合宿など試合以外のイベントの長期化など // ]]> 大橋は試合前にロペスの映像を見て、評判は高いが勝てると思ったと言っている。選択試合だから簡単に勝てそうな相手を選ぶ事も出来たはずだが、そういう考えは彼にはなかった。, 王者でいられる時間は限られている。挑戦者を選べる立場にいる間は、強いと言われる選手と戦いたいと。, 5回TKO敗けの試合ではあるけど、何も出来ずに負けた訳じゃない。ロペスの顔色を変える見せ場も作った。, 初回と2回に大橋の右フックがクリーンヒット。被弾したロペスはほんの一瞬たじろいだ様に見えた。そう悟らせない様にフットワークを駆使して試合の主導権を渡さなかったが、「もう少し深い角度で入れば…!」という期待も持てるシーンで、この時点では試合の行方はまだ分からなかった。, 次の3回以降、大橋は極端に手数が減ってしまう。一発を狙い過ぎて手数が減ったのかと想像していたが、本人曰く「出す前にパンチを避けられてる気がした」大橋ほどのボクサーにそう思わせるロペス。, 大橋の勝利を信じたファンにとって辛い結末だったが、彼はここで終わらずに再起して見事に世界王者への返り咲きを果たし、1994年に現役を引退した。, 大橋戦はロペスにとっても思い出深い一戦であり、WBC総会やイベントなどで大橋を見つけると必ず「オオハシ!」と言って握手を求めてくるという。, 大橋から獲ったベルトをロペスが何年も何年も防衛を続けて負けないものだから、引退から数年経っても大橋はずっと”前王者”のままだった。, 2013年7月に新宿で「拳闘芸人トークライブ」というイベントがあった。ここで聞いたときめく話を今日、共有したい。, ボクシング好きの芸人が集まって名試合やトピックスを振り返る内容でその場には大橋会長、和氣慎吾選手がゲストとして招かれてトークに参加。ファン心を掴むとても有意義なイベントだった。, 新宿の会場でギャラリーは30~40人ぐらいだっただろうか。ここで大橋会長から直接聞けたロペスとの話しは感動的だった。, 「世界王者の大橋より、ロペスにベルトを獲られた大橋」に価値があると、当時から現在の事までを熱く語ってくれた。, 「正直な話、私が海外の総会やイベントで『元王者の大橋だ』と言っても、誰も分からないんですよ。ところが『ロペスにベルトを獲られた大橋だ』と言うと誰もが『オッー!』となる。だから、その時代に最強と言われる選手がいるなら絶対にやっておいた方がいいと思うんです。その経験は後々必ず活きてくる」, 「ロペスは引退後、私との試合でメキシコ国歌が流れた時、恐怖のあまり涙が出てしまったと話していました。実際に映像を見ると、ロペスが泣いているんですよ。, だから私はロペスの話を出して、『あのリカルド・ロペスだって足が震えるんだ。怖いと思うのは恥ずかしいことじゃない。恐怖と向き合うことが大事なんだ』と話すんです」, この話はトークライブから6年経った今も忘れられない。聞いた瞬間に熱いモノが込み上げて来て、ツイッターで長文を呟いた事を覚えている。, 大橋会長はこのトークライブから1年後、八重樫の防衛戦の相手としてローマン・ゴンサレスからオファーが来た時のことを専門誌のインタビューで語っている。, 会長自身がロペスと戦ったからこそ得られたものと、その意味を伝えると八重樫は迷うことなく「やります」と即答。, 強敵とのマッチメークは、黒星を喫するリスクよりも得るものが多い。戦わない人が言うのは簡単だと思う。それを即答でやると答えた八重樫に大橋会長は「これで最後とか思うな、そんな切羽つまった気持ちでやるな」そう伝えたらしい。, ロマゴン戦以降、試合前に八重樫がコールされる時はひときわ大きな大歓声が沸き上がる。八重樫の熱いラッシュと、勝利の瞬間に子供の様に涙するロマゴン。この試合を見た人は絶対に忘れない。, ベルトはいつか手元から無くなる。 脇役にしっかりとした設定の肉付けがされ、また脇役同士の試合にもドラマが生まれた。 リカルド・ロペス・ナパは、メキシコのプロボクサー。元wbc 世界ミニマム級王者。元wbo世界ミニマム級王者。元wba世界ミニマム級王者。 5.ホセ・ウルタイン(30) 今世界のボクシングはアメリカを中心に回っています。 その「本場」アメリカで活躍している選手は、ロマチェンコ、ゴロフキン、カネロ、クロフォード、スペンス、パッキャオなどなど・・ 一流の選手ばかり!そして ... 先日の井上尚弥VSパヤノ戦、井上尚弥の戦慄なKOにはまだ興奮しています。   1戦1戦進化している井上尚弥ですが、パヤノ戦で一気に突き抜けた感があります。   到底人にはマネのでき ... ワシル・ロマチェンコは現在のボクシング界で最強を欲しいままにしています。 一体どこまで行っちゃうのでしょうか?? ここ最近の試合でも、相手を棄権に追い込む試合運びは、付け入るスキさえも与えず完璧なボク ... パウンド・フォー・パウンド・・すなわち、体重を皆一定にしたとしたら誰が強いかというのを具体化したもの。 そのパウンドフォーパウンドですが、各サイトによって選手のランキングがバラバラなんです。 なので各 ... Copyright© コブシノトリコ|ボクシングの魅力・楽しさ・人気選手情報を共有するコミュニティサイト , 2020 All Rights Reserved. 投稿日:2019年8月15日, 11:53 pm. そもそもこれは漫画でフィクションやから!

8.カルロス・サラテ(28), これがTOP10ということになるかと思いますが史上最強候補として名前が挙がる人物がほとんどいません。, 昨今、重要視される複数階級制覇にしてもメイウェザーやパッキャオの記録は偉大ではあるものの階級の増加はともかくとして認定団体の増加、さらには一つの団体の一つの階級で3~4人の世界チャンピオンが存在するなど参考にもならないものです。, 記録は相対的スポーツである以上、数字が即レベルの話にはならないのは当然ではあるもののボクシングにおいては特にそれが言えるかと思います。, 例えば相撲ではその時代の最強候補たちが何十回も対戦します。同部屋で対戦しないということはあっても共通の対戦相手とこれまた何十回と対戦しますので目安にはなります。, ところがボクシングの場合はその時代の同階級の強者が必ず対戦するとは限らない。対戦しても1回、多くて2回。3回以上対戦することは稀ですね・・・。, ただ私はそれに加えてどういう風に戦ったか?というのもそれと同じくらい重要であると思います。, 例えば日本でいうと亀田の対戦相手を批判すると「長谷川や西岡、井岡だって格下と対戦したことがあるじゃないか?」という人がいます。, しかしその格下相手に接戦のうえ拙戦でやっと判定勝ち、しかもどちらの勝ちだかよくわからない判定勝ちの亀田と格下に圧倒する勝ち方をする長谷川、西岡、井岡らと同列に語ることはできないものです。, 防衛記録、第3位のリカルド・ロペスにしても「対戦相手の質ということで評価はいま一つという人もいます。, 個人的にはサマー・ソー・チャトロン、李敬淵らもいましたのでそんなに言うほど質が悪いとは思いませんが、それにもましてあの圧倒する勝ち方、顔に傷一つなく試合前のような顔でリングを後にするロペスは数字以上に評価されるべきチャンピオンでもあると思います。, 最強候補に名前が挙がるボクサーに対して私も正直言って異議はほとんどありません。確かに素晴らしく強いチャンピオンで最強ボクサーはこの中にいると私は思いますがそれは誰と戦ったというのもさることながらどういう風に戦ったかというのも評価されてのことであると私は思います。, そして相撲に関しては数字は参考ではあるものの、大きなウェイトを占める要素でもあるとは思いますがボクシングに関しては数字は参考の域を出ないもので重要度という点からいえば三の次くらいではないかなと思います。, 誰と戦ったか、そしてどのように戦ったか。この2つがボクサーの価値を決定させる大きなウェイトであるとつくづく思いました。. リカルド・ロペス・ナパ(Ricardo López Nava、男性、1967年7月25日 - )は、メキシコの元プロボクサー。元WBC 世界ミニマム級王者。元WBO世界ミニマム級王者。元WBA世界ミニマム級王者。元IBF世界ライトフライ級王者。El Finito(フィニート、素晴らしい男)の異名を持った。, 戴冠前の試合はほとんど残っていないがかといって放送がなかったわけではなくよくロペスの試合は放送されていた。, 1989年11月7日、WBCアメリカ大陸ミニマム級王座決定戦をレイ・エルナンデスと行い最終12回KO勝ちを収め王座獲得に成功した。, 1990年3月15日、ホルヘ・リベラと対戦し、8回KO勝ちを収め初防衛に成功した。, 1990年10月25日、後楽園ホールでWBC世界ミニマム級王者大橋秀行(日本・ヨネクラボクシングジム)と対戦した。4回にダウンを奪うと、5回に更なる追撃を浴びせダウンを追加し、3度目のダウンから立ち上がろうとしたところでレフェリーストップ。5回2分TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。, 1991年5月19日、静岡市の草薙体育館で平野公夫(日本)と対戦し、8回1分42秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。, 1991年12月21日、ソウルの蚕室体育館で元IBF世界ミニマム級初代王者李敬渕(韓国)と対戦し、引導を渡す12回3-0(118-110、116-112、120-107)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。, 1992年3月16日、メキシコシティのフロントン・メキシコでプリティ・ボーイ・ルーカス(フィリピン)と対戦し、12回3-0(120-104、2者が120-106)の判定勝ちを収め3度目の防衛に成功した。, 1992年8月22日、シウダド・マデーロのアウディトリオ・デ・マデーロでシンプラサート・キティカセム(タイ)と対戦し、5回1分5秒KO勝ちを収め4度目の防衛に成功した。, 1992年10月11日、後楽園ホールに2年振りの登場。WBC世界ミニマム級1位のロッキー・リン(台湾)と指名試合を行い、一撃で失神させる2回1分46秒KO勝ちを収め5度目の防衛に成功した。日本での試合はこれが最後となったが、以降も日本での世界戦に出場する同国人選手の応援や韓国やタイでの遠征試合の調整などでたびたび来日した。, 1993年1月31日、浦項市の浦項体育館で呉光洙(韓国)と対戦し、9回2分38秒TKO勝ちを収め6度目の防衛に成功した。, 1993年7月3日、ヌエボ・ラレドのパルクェ・ラ・ジュンタで後にライトフライ級でタイのボクサーで初の統一王者で長期政権を築くサマン・ソーチャトロン(タイ)と対戦し、2回2分45秒TKO勝ちを収め7度目の防衛に成功した。, 1993年9月19日、バンコクのキャピタル・シティ・ディスコザクェでトートー・ポンサワン(タイ)と対戦し、11回2分30秒TKO勝ちを収め8度目の防衛に成功した。, 1993年12月18日、ネバダ州ステートラインのモントブルーで元IBF世界ミニマム級王者マニー・メルチョル(フィリピン)と対戦し、11回2分KO勝ちを収め9度目の防衛に成功した。, 1994年5月7日、ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで後のWBO世界ミニマム級王者ケルミン・グアルディア(コロンビア)と対戦し、12回3-0(2者が117-110、119-109)の判定勝ちを収め10度目の防衛に成功した。, 1994年9月17日、MGMグランド・ガーデン・アリーナでヨドシン・センガーモロコット(タイ)と対戦し、ミニマム級世界戦最速KO記録となる初回1分53秒TKO勝ちを収め11度目の防衛に成功した。, 1994年11月12日、メキシコシティのプラザ・デ・トロス・メキシコでハビエル・バルガス(メキシコ)と対戦し、8回1分33秒TKO勝ちを収め12度目の防衛に成功した。, 1994年12月10日、モンテレイのエスタディオ・デ・ベイスボル・モンテレイでヤミール・カラバリョと対戦し、自身が持つ従来の最短記録を大幅に更新する初回1分10秒TKO勝ちを収め13度目の防衛に成功した[2]。, 1995年4月1日、ネバダ州プリムのバッファロー・ビルズ・スター・アリーナで「タバナス大塚」のリングネームで日本でも活躍しているアンディ・タバナス(フィリピン)と対戦し、最終12回2分45秒TKO勝ちを収め、14度目の防衛に成功した。その後負傷の影響で約1年試合から遠ざかる。, 1996年3月16日、MGMグランド・ガーデン・アリーナで「アラ・ビラモア木村」のリングネームで日本でも活躍したアラ・ビラモア(フィリピン)と対戦し、8回40秒KO勝ちを収め15度目の防衛に成功した。, 1996年6月29日、カリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリングス・リゾート・カジノでキティチャイ・ブリーチャ(タイ)と対戦し、3回1分46秒TKO勝ちを収め16度目の防衛に成功した。, 1996年11月9日、MGMグランド・ガーデン・アリーナでモーガン・ニドゥモ(南アフリカ)と対戦し、6回55秒TKO勝ちを収め17度目の防衛に成功した。, 1996年12月7日、ファンタジー・スプリングス・リゾート・カジノで朴明燮と対戦し、初回2分22秒TKO勝ちを収め18度目の防衛に成功した。, 1997年3月29日、ラスベガスのラスベガス・ヒルトン内ヒルトン・センターでモンコル・チャーロンと対戦し、12回3-0(2者が120-107、119-108)の判定勝ちを収め19度目の防衛に成功した。, 1997年8月23日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでWBO世界ミニマム級王者アレックス・サンチェス(プエルトリコ)との統一戦を行い、5回1分58秒TKO勝ちを収め、WBC王座は20度目の防衛、WBO王座も獲得に成功した。その後、WBO王座は防衛することなく返上した。, 1998年3月7日、メキシコシティのプラザ・デ・トロス・メキシコでWBA王者ロセンド・アルバレス(ニカラグア)との王座統一戦を行った。前評判ではロペスが圧倒的に有利とされたが、2回にWBA王者の強打を受けてしまい、アマ・プロ通じて初のダウン。辛くも立ち上がり、試合続行に応じたものの、本来の調子とは程遠かった。そして、迎えた7回2分に、偶然のバッティングで右眉毛からまぶたまでをカットし出血する。レフェリーは偶然のバッティングで1点減点を宣言、ドクターは続行の判断をし、残り50秒はファイトという掛け声とともにそのままの続行している。その7回の残り50秒の間に医師と隣に座っていたWBCホセ・スレイマン会長(ちなみにその隣はドン・キング)と傷の深さなど語ったとされる。ラウンド終了後間近で傷を見たトレーナーのナチョ・ベリスタインは、続行不可能と判断、ロペスはガードを高く掲げるポーズで8回開始すぐに戦闘続行の意思を示したものの、ベリスタインはスレイマン会長に状況を訴える。この間会場では観客同士の小競り合いが起こるほど騒然とした状態となる。スレイマンは医師の意見をもう一度確認した後、偶然のバッティングによる負傷判定と決断し結果は8回1-1(67-64、63-68、66-66)薄氷を踏む引き分け。お互いに王座防衛には成功したものの、ロペスは初のダウンを奪われた末に完璧な全勝レコードに初の引き分けを挟むことで傷をつける形になってしまった。しかし無理を押して続行して、相手をKOまでいかなくてもダウンを奪うなど明らかな優位を付ければよく、この時点でベリスタインとスレイマンによって引き分けの判断があったとされロペス優遇という結果に議論が巻き起こることになった。, 1998年11月13日、ラスベガスのラスベガス・ヒルトン内ヒルトン・センターでWBA世界ミニマム級王者ロセンド・アルバレスと再戦となる王座統一戦を行う予定だったが、アルバレスが体重超過により計量失格となり、WBCは王座統一戦を承認せず、ロペスが勝った場合のみWBA王座が懸かった試合となった。ここでもロペスは5回に右目尻を6回には左目尻をカットし、10回にはレフェリーがドクターストップか負傷判定かと医師に迫るくらいに顔の腫れ切り傷、出血が酷かったため、大苦戦を強いられるものの、12回2-1(116-114、116-112、113-115)の判定勝ちを収めWBA王座獲得に成功した。, 1999年、IBF世界ライトフライ級王者ウィル・グリッグスピー(アメリカ合衆国)に挑戦が決定したのに伴い、9月29日付で正式にWBA王座とWBC王座を剥奪された。WBA王座とWBC王座を8年7ヶ月保持し続けてきたミニマム級に別れを告げた[3]。, 1999年10月2日、ラスベガスのラスベガス・ヒルトン内ヒルトン・センターで、IBF世界ライトフライ級王者ウィル・グリッグスビーと対戦し、12回3-0(118-110、116-112、117-111)の判定勝ち。プロ、ちょうど50戦目にして2階級制覇を達成したが、その後は負傷の影響で1年以上試合から遠ざかる。, 2000年12月2日、1年2か月ぶりの復帰戦。マンダレイ・ベイ・イベント・センターでフェリックス・トリニダードVSフェルナンド・バルガスの前座で元IBF世界ミニマム級王者ラタナポン・ソーウォラピン(タイ)と対戦し、3回2分11秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。, 2001年9月29日、マディソン・スクエア・ガーデンでバーナード・ホプキンスVSフェリックス・トリニダードの前座で、ミニマム級時代に戦わなかった最後の対立王者で元IBF世界ミニマム級王者並びにIBF世界ライトフライ級2位のゾラニ・ペテロ(南アフリカ)と対戦し、8回1分32秒KO勝ちを収め2度目の防衛に成功した。この試合を最後に2002年11月27日、「まだ1、2試合はできると思うが、この先何が起こるか分からない。これまでの検査で異常は見つかっていないけど、ダメージを抱えて余生を送るようなことは避けたい」と語り、王座在位のまま引退を表明した。1つの引き分けはあるものの、アマ・プロ通じ、敗戦を知る事なくリングを去った[4][5][6]。, 2005年9月12日、BBCの読者投票「読者が選ぶパウンド・フォー・パウンド・リスト」で10位に選出された[8]。, 2007年6月7日、ニューヨークの国際ボクシング名誉の殿堂博物館でミニマム級の世界王者として初めて殿堂に迎え入れられた[9][10]。, ボクシング世界図鑑 (ハリー・ムラン、ボブ・ミー、マット・ボジート著)248ページ参照, ボクシング世界図鑑 (ハリー・ムラン、ボブ・ミー、マット・ボジート著)247ページ参照, "Finito" López, un ejemplo de vida... y de deportista, Finito López: no todo es salvajismo en el boxeo, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=リカルド・ロペス&oldid=80006314.



パラダイスロスト 受け方 風 14, 西野七瀬 4k 画像 18, パズドラ 茂茂 ランク上げ 4, 簿記3級 求人 在宅 5, ジョジョ 英語 版アニメ 10, ワコーズ 取扱店 ホームセンター 4, 志村けんが 認め た 芸人 4, 大使 英語 敬称 8, ネット対戦 ゲーム 作り方 10, テレビ 副音声 変わらない 11, 銀魂 お妙さん 近藤 7, 稚内 カーリング 建設 反対 20, 黒島結菜 那覇 マラソン 4, ポケモン エキスパンションパス 複数アカウント 20, フゼア シプレ 違い 6, Vivi 平野紫耀 ツイッター 5, ミヤネ屋 放送事故 車から上半身が飛び出てる車を映す 14, アンビリーバボー フロイド 挿入歌 8, 医学部 留 年 学費 10, エアガン 塗装 ミッチャクロン 29, 西野カナ 君の声を フル 33, 卓球 ラケット 大きさ 5, トランプ かする 方言 8,