1番シンプルなキッズメニューで、パスタ、アイスクリーム、ジュース、パンです。 今回のレビューは、投稿時に山梨県全ジャンルで食べログ1位のお店【otto sette 】のランチレビューです。(食べログ投稿時3・81) お店は星野リゾート『リゾナーレ八ヶ岳』内の1階にあり、基本的には『星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳』の宿泊者の夕食に選択で利用されます。 快晴の翌朝、アルプス広場へ出てみた。通りの突き当たりに八ヶ岳が大きい。振り向けば甲斐駒ケ岳。大自然のデザインを巧みに取り入れた実に心憎い設計である。古代ギリシャの歴史家ヘロドトスは「エジプトはナイルの賜物」と言ったが、リゾナーレ八ヶ岳そして”OTTO SETTE”もまさに「八ヶ岳の賜物」であった。[by 高木壮太]. 是非、また行きたいです!!さらに表示, リゾナーレはワイワイグリルでの食事も楽しいのですが、ゆったりと夜をすごしたいなら、おススメです。主人の誕生日に滞在した時利用しましたが、デザートにメッセージを添えてくれました。(歌のプレゼントは恥ずかしくて断りましたが), リゾナーレ八ヶ岳内にあるフルコースが味わえるイタリアンレストラン。 季節の野菜を中心とし、お魚やお肉も素材にあった調理で、チョイスされるワインがまた最高で、マリアージュしました!!!

詳しくはこちら, 食べログの会員になるとレストラン情報を編集する事ができます!この機会に是非ご登録ください!, 会員登録する ワインは食事にあったソムリエオススメのグラスワインをお願いしました。 (オットセッテ). 夫が予約したので詳しくは知りませんが、季節のコースだと思います。 でクーポンのあるお店を探す, 最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら, 今年最初のご馳走ディナー。八ヶ岳の季節の旨い食材と、甲信産の日本ワインを揃えたリゾナーレ八ヶ岳のイタリアンダイニングotto setteです。席に着いて係りの方に伺ったところ以前のようなアラカルトメニューはなくなり、1コースメニュー\11,800(税・サ込)のみになっていました。前回、アラカルトで色々リクエストや相談にのって貰ったので正直かなり残念でしたが、せめてコースでは量が多すぎる旨を伝えると「メイン料理の前の魚料理をなくす」提案をいただき、それに決定!でもドリンク以外、メイン料理も含めて“何かを選ぶ”余地は全くありません。コースメニューは下記のとおり。融和 Distensivo 人参、玉葱、椎茸、生姜のスープ仕立て自然 Natura 鱒、里芋、鶏肉、海老を4つのカップにアレンジ畑 Orto 八ヶ岳高原野菜と牛肉のテリーヌ、岩魚一途 Imperituro フォアグラソテー、紫白菜直前 Catastasi 帆立と根菜、春菊のスパゲッティーニ郷土 Patria 鹿肉、牛蒡、ペコリーノのパッパルデッレ(相性 Affinit 鱈、ジャガイモ → 私はこのひと皿を省略)期待 Aspettanza 牛肉のタリアータ変化 Cangiare 柿のムース重奏 Raddoppio ラングドシャでチーズクリームを巻いたお菓子、イチゴ、煮リンゴ、キャラメルアイスクリーム。毎度の定番ながら、八ヶ岳高原の野菜の美しいガラスプレート、パスタも、こちらのは魚介系より肉のラグーソースなどコッテリ系が旨いですね。全ての料理に必ず添えられる野菜の美味しさも、もちろん。今回感動したのは、フォアグラソテーのとろけるような絶妙な味わいと、地元・北斗市のワイナリーの赤ワイン「TSUGANE BEAU PAYSAGE」の深さと豊かさ。娘も、小学生向きコースScoraloをたまに私の料理と交換し合いながら楽しみました。さらに娘は、前回同様にお気に入りのココのパンをお代わりを重ねて6個も平らげました!スタッフの方、何度もお代わり恐縮でした(^_^;)。相変わらず、地のものの良さを引き出す丁寧なお料理と地のワインを堪能しました。でもやっぱり、コースメニューのみになってしまったのはチョット残念だなぁ。ご馳走様でした。, ラングドシャにチーズクリームを詰めたお菓子、イチゴ、煮リンゴ、キャラメルのアイスクリーム。, 2015.4 再訪娘にとっては春休みレジャーですが、私の今回のリゾナーレ滞在目的は、こちらを再訪することでした。今回は娘と二人だけなので、コースではなく、アラカルトでいただく旨を伝えます。メニューから前菜を一品選ぶつもりでしたが、テーブル担当の方に希望を伝えるとコースの定番メニュー、ガラスの大皿に美しく盛られた「季節の地元野菜を中心にした前菜」を用意して下さる、とのこと。さらに、「アラカルトメニューはポーションが多めなので、コース同様の量にアレンジいたしましょうか。」とご提案いただき、大喜びでお願いします。こういうサービスを提案いただけるところが、こちらの第二に素晴らしいところ。でも最も素晴らしいところは、季節に合わせた地元産の美味しいものを活かした料理を提供したい、という堅実で揺るぎない意志。笛吹市の名ワイナリー「ルミエール」のオーク樽の薫り高い「光 甲州」をいただきながら、最初に生姜の効いた、野菜たっぷりの小さなミネストローネ。娘は、白ブドウのジュース。まるでグレープフルーツジュースのような色合いと濃厚さ、です。次にお願いした前菜。虹鱒、岩魚、ホタルイカ、甲州豚なども織り込んだ、八ヶ岳高原の野菜達の彩りと新鮮さを味わいます。娘も、取り分けた美しいブロッコリーやスナップエンドウ、にんじんなどをきちんと食べています。プリーモピアットには、娘は「トマトソースのスパゲッティーニ」。私は「豚と春野菜のタリアテッレ サワークリームとともに」。トマトソースのパスタは、定番中の定番なのでしょうが、普段はたらこスパゲッティ好きの娘も、美味しそうに完食しました。(私は味見もさせてもらえず…(^_^;)私のパスタは、肉感たっぷりのミートボールと甘い春キャベツ、菜の花を和えたタリアテッレに別添えの、チーズの風味を加えたアツアツのサワークリームをかけて食べるもの。ふんわりチーズが薫り、春らしい甘さとほろ苦さがステキです。赤ワインは、塩山市・機山洋酒の「キザンファミリー リザーブ」を。パンはプチフランス(娘がエラく気に入って翌朝も食べたがっていました(^_^;)と米粉パン、全粒粉パン。どちらももっちり、小麦粉の甘さを感じます。セコンドピアットに選んだのは、娘は「牛肉のロースト」。ゆっくり火入れをした柔らかい牛肉に、ローストしたアスパラガス、クレソンのサラダが付け合せです。私の「鴨肉のロースト」は、フランス・シャラン鴨の分厚い胸肉に、カブやエンドウなどの春野菜ロースト、そして県内産のバルサミコを使ったソースを合わせています。ブラックペッパーが効いた鴨肉は、噛みしめると野趣あふれる匂いと旨みが口の中にじゅわっと拡がります。そのまま食べると野趣豊か、バルサミコソースと付けると強さが緩和されて柔らかさが増します。大満足したところで、ドルチェが登場。娘は「イチゴのジュレ&レモンソルベ」。飴がけの大きなイチゴを頬張ってニコニコ(*^。^*)です。私の「甘夏のデザート」がまた、スゴイ。天球儀のような球体はメレンゲで出来ていて、その中に甘夏のジュレとマスカルポーネのムース。まわりを取り巻く惑星たちは、甘夏のエキスを固めたザラメみたいな飴とバラの香りのするムース(泡)。なんとも想像力を刺激する、手の込んだドルチェです。コースでお願いすると、時間がかかるだけじゃなく、満腹になりすぎて最後の方は食べることが苦行のようでしたが(-_-;)、アラカルトで食べたいものを厳選してお願いしたら、どれも適量で美味しく、実に満ち足りたディナータイムになりました。唯一残念だったのは、ふだん食べきれずにお持ち帰りして後から余韻に浸れる「焼き菓子の小箱」が(当たり前なんですが)今回はなかったコトぐらいでしょうか(^^ゞ。食事を終えた時にも「量はいかがでしたか。ご満足いただけましたでしょうか。」とお気遣いをいただきましたが、なんのなんのホントに幸せなひとときでした。贅沢な季節を楽しみに、また来たいなア…と思います。ごちそうさまでした。2013.10 再訪娘の7歳の誕生日祝い(ホントは10日ほど早いけど)ディナーに、お泊りしていたリゾナーレ八ヶ岳内のリストランテを再訪しました。大人は9,000円のディナーコース。娘は小学生向けの「Scolaro」コース5,000円です。天井の高いゆったりした店内に、キャンドルランプと生花が飾られた真っ白なクロスのテーブル。いつもよりドレスアップした娘は、緊張しているのか、今日はいつものように足をブラブラさせたり、食器をいじりまわしたりせず、神妙な面持ちでお嬢サンらしくしています…(^O^)。テーブル担当の爽やかな青年が、笑顔でメニュー選びの相談にのってくれます。メインの料理とドルチェ、飲み物を選んだら、あとはサービスされるのを待ちます。最初の飲み物はグラスの白にしました。地元ルミエールワイナリーの「光甲州」。オーク樽の薫りを仄かに感じる、個性的で重たい黄金色の白ワイン。こういうクセのある白、結構好きなんです。トマトのズッペッタ(スープ)、秋刀魚や鹿のサルシッチャなど秋らしさ満喫のひとくち前菜盛り合わせに続き、こちらの名物、ガラスの涼しげな皿に盛られた地元野菜と虹鱒・山女魚のサラダ仕立ての前菜。野菜の美しさ、とろけるような虹鱒と、山女魚のホロ苦さ。娘も、ホタテのソテーやアイコ(ミニトマト)とモッツァレラのカプレーゼ、生ハムサラダ、海老とポテトのタラコ和えなどの前菜4種を静かに(^_^;)食べています。温前菜はとろ~りフォアグラのソテーにきのこのムースとなめこの素揚げを添えたもの。自家製パンは乾いた食感が美味しいプチフランスと全粒粉を使った香ばしいパン。そろそろ赤が飲みたくなりますネ…(*^。^*)。夫があれこれ悩んだ末、シチリア産「GIFFARRO」のボトル6,400円を注文。渋味はないけれど重くて深い、ゆったりと秋の味覚にピッタリの赤です。2種のパスタ、最初は蛸と茄子のラグーソースのスパゲッティーニ。オリーヴの酸味がアクセントになっています。もう1種のパスタは富士桜ポークのサルシッチャと地元のきのこにポルチーニの風味が効いたパッパルデッレ。娘もボリュームのある秋茄子入りのクリームボロネーゼのパスタを、ほぼ完食。さて、メインのビーフがサービスされました。甲州ワインビーフのタリアータ、山葵のピュレ添え。娘には牛フィレ肉の網焼き、温野菜添え。柔らかくて豊潤なビーフに、大人も子供も幸せいっぱい、ニッコニコです(~o~)。最初のひとくちドルチェは巨峰にローズウォーターのムースをかけたもの。そしてしばらく間が空いて…特注したバースデーケーキが、7本のキャンドルに照らし出されながら、娘の前に厳かに登場\(^o^)/。カジュアルなレストランではないので、やや小さい声で歌を歌い、キャンドルを嬉しそうに吹き消す娘にカメラを向けます。その後、ケーキは6ピースにカットしてもらい、半分はお部屋にお持ち帰り。バースデーケーキは一番小さなサイズにしましたが、ふくよかながら後味がイイ良質のクリームがたっぷり、スポンジはしっとりとまるでクリームに同化してしまったような軽さ。ケーキのデザインや素材については、事前に相談に乗ってもらえます。その後で、各自チョイスしたドルチェがサービスされました。私の洋梨のジュレとソルベもそれなりに美味でしたが、特筆すべきは夫がチョイスした「苺のサイフォン」。見た目はシンプルながら、ものすごく凝ったつくりのドルチェで、苺のつぶつぶ感と酸味に、シュワッとした炭酸の清涼感がマッチした今まで出逢ったことのないような逸品でした。できれば味見じゃなく、オーダーしてしっかり味わってみたかった…(^^ゞ。食後のエスプレッソと一緒に、オリジナルの焼き菓子詰め合わせが銀色のキレイな缶に入れてすすめられます。これがまたホントに美味しいので、もはやオナカに入れる余地のない私たちは残ったワインと一緒にお部屋にお持ち帰り。ステキな想い出と満足感に包まれながら、お店の方に見送られてお部屋へ。焼き菓子は、マカロン、プチシュー、さつまいものケーキ、りんごのケーキ、生チョコレートのトリュフ、アーモンドキャラメル etc.…。翌日までも美味しい味の余韻に浸ることができました。こちらは、純粋なイタリア料理というよりは、フランス料理風の創作イタリア料理、と表現するべきリストランテかと思います。創意工夫と手間を惜しまない、繊細で美しい皿の数々。とにかく地産地消の素材にとことんこだわったレシピと豊富に使われる新鮮な野菜、そして何よりスタッフの皆さんのホスピタリティと落ち着いた雰囲気で、子供連れでも気兼ねせずに心づくしのお料理を一緒に味わえる…と言うより、この雰囲気の中で美味しいものをゆっくり味わっていると、子供も決して騒いだり、飽きたりしないということが、前回(前回利用時は娘は5歳)も今回もよくわかりました。実際、この晩も子供連れの家族でほぼ満席でしたが、どの子供もみなお行儀よく、静かに‘食べること’に集中しており、他のテーブルに迷惑をかけるようなことはありませんでした。こちらは子供にとっても、貴重で美味しい体験ができる、素晴らしいお店だと思います。穏やかな、いい時間を過ごせました。ご馳走さまでした。2011.6 の初訪問時のレビュー↓昨年、家族の誕生日をリゾナーレで過ごした時に、記念日ディナーをこちらでいただきました。涼しげなガラスのプレートに盛られた「高原野菜の前菜」のカラフルな美しさとフレッシュな美味しさにまず驚き!パスタもメインもドルチェも本当に素材の良さが活きていて素晴らしく、忘れられない記念日になりました。さらにこちらで紹介していただいた地元ワイン、勝沼醸造の『アルガブランカ ヴィニャル イセハラ』の豊かな芳香と深い味わいには、これまで持っていた国産ワインの印象がまったく覆され、すっかり惚れこんでしまいました。このディナー以来、通信販売でこのワインを探し、自宅での記念日ディナーには必ずいただくようになりました。簡単に「また行きたい」とは言えないリストランテですが、機会があればぜひまたお伺いしたいと思っています。, 利用規約に違反している口コミは、右のリンクから報告することができます。問題のある口コミを連絡する, イノダコーヒ(110)(烏丸御池、京都市役所前、烏丸 / コーヒー専門店、喫茶店), 味舌(40)(祇園四条、京都河原町、三条 / 懐石・会席料理、京料理、割烹・小料理), 「みんなで作るグルメサイト」という性質上、店舗情報の正確性は保証されませんので、必ず事前にご確認の上ご利用ください。 子供が小学生になったので、OTTO SETTE初利用です。 子連れ客が多いので、気兼ねなく子連れで食事ができてとても良かったです。 リゾナーレでは、自然の恵みを堪能し、自然を遊びつくす特別体験を数多くご用意しています。自分好みにアレンジして、思うがままの休日をお愉しみください。, 家族の絆を深める催しや、お子さまだけのアクティビティ、赤ちゃんとママをサポートするサービスなど、家族みんなが安心して愉しめるリゾートステイをご紹介します。, 石畳の回廊が印象的な美しい街並みに面したレジデンススタイル、壮大な山々を望む森の中の滞在を演出するホテルスタイル。お好みのスタイルをお選びください。, ホテル棟から独立。回廊と一体化した趣ある佇まい、そこで暮らしているかのような、寛ぎが魅力です。, 居心地を追求したモダンラグジュアリー。すべてのデザインは、日常から解き放たれるために。, すべてのお客様に安心してお食事をお召し上がりいただけますように、産地・生産者を吟味した食材をお届けしております。季節の移ろいを感じる旬の味覚をお愉しみください。, 熟成した葡萄の深い香りに包まれるVINO SPA®や、流れるようなリズムとタッチのオイルトリートメントを。心と身体を整えて、安らぎの時間へと導きます。, 栄養豊富な葡萄の力で輝きに満ちた清々しい素肌へ。ワインに愛された土地「八ヶ岳」で厳選された葡萄のみを使用した上質なオリジナルトリートメントです。, ゆったりとした流れるようなリズムとなめらかなタッチのオイルトリートメント。精油の香りで、深い安らぎの時間へと導きます。, 石畳の回廊「ピーマン通り」など、八ヶ岳高原に住まう人々が集い楽しむリゾナーレ八ヶ岳。訪れた人々が思い思いに過ごせる空間です。, 四季折々で多彩なイベントが開催されるリゾナーレ八ヶ岳。ホテルがお勧めする旬の魅力をご覧いただけます。, 日帰りでご利用いただける多様な館内施設。気軽にお立ち寄りいただける、非日常の高原リゾートです。, お子様連れの旅だから、レストランで楽しく食卓を囲みましょう。お子様との食事のための様々なアイテムが、年齢や身長に応じてご用意されております。, レストランではお子様の年齢や体の大きさに合わせた椅子、ぴったりサイズの専用シート、カトラリーなどのご用意がございます。.

ドイツ 犬 名前 28, 中村悠一 Ff11 サーバー 8, Yui Aragaki Nylon Japan Archive Book Zip 31, ジャイロ スライダー 投げ方 10, ママスクエア パート 口コミ 9, 推奨 英語 略 19, マンデン占星術 日本 2020 6, Cancam 6月号 2020 5, ゴリラ マッチョ グラブル 18, 思い 想い 就活 5, ボンビーガール 上京ガール かわいい 10, メガテラゼロ 歌ってみた 一覧 41, コンフィデンスマンjp ロマンス編 Dvdラベル 11, 枕草子 ありがたきもの 係り結び 5, 高橋 太一 Nextremer 14, ゆりやん ナイキ ウェア 15, 竜之介動物病院 入院 費用 8, 戌亥 と この Re I Am 4, 学芸大学 古着屋 Issue 11, ドラクエ ウォーク こころ トレード 6, ガブリアス 色違い Bw2 9, カジサック 幼稚園 私立 31, 警察官 彼女 身辺調査 7, 渋野日向子 全英オープン 岡本綾子(解説) 6, 平野紫耀 アレルギー 小麦 51, 納品書 テンプレート 受領印 10, テレ マーカー Vpn 15, ごめん避け 目が合う 女性 17, 伊東 四朗 自宅 住所 40, 娼年 舞台 キャスト 4, You Live Eternally In My Heart 意味 8,