この7月でアルバム『Bee Gees First』が発表されて50年になります。 uDiscovermusic.com(2017年7月25日付)が「『ビー・ジーズ・ファースト』を再発見しよう」という記事に取り上げました。 以下に内容を簡単にまとめてご紹介します。 MONDAY'S RAIN (1978.8 US) TURN AROUND, LOOK AT US (1967 Aus.) 最初にお断りしておくと、70年代のディスコ・サウンドをお求めの方にとっては時間の無駄になります(^^) 1967年の夏、ビージーズが世界に向けてデビューしました。 Natural」からの数枚しか聴いていないので、これも要チェックですね。, イイですね~、その調子でB面まで進んでください(^^) B面もポップ史上見逃せない曲が多いんですよ~. B-side [Playdown] and [All of my life]

@1978”N‚ɃI[ƒXƒgƒ‰ƒŠƒA‚ŁAuBIRTH OF BRILLIANCEv‚Æ‚µ‚Ä”­”„‚³‚ꂽ2–‡‘gLP‚́AƒI[ƒXƒgƒ‰ƒŠƒAŽž‘ã‚Ì3–‡‚ÌLP‚©‚ç22‹ÈAuINCEPTION / Take hold of that star (1963.8) TURN AROUND, LOOK AT ME (1978.8 US) Spicks and specks / I am the world (1966.9) Claustrophobia / Could it be (1964.8) 最初にお断りしておくと、70年代のディスコ・サウンドをお求めの方にとっては時間の無駄になります(^^), ビージーズの中核を成しているのは Barry, Robin, Maurice の Gibb三兄弟でした。長兄の バリーが1946年生まれで、双子の兄弟のロビンとモーリスが1949年生まれ。彼らは生まれはイギリスで、まだ幼かった50年代から音楽活動を始めていました。, 58年、年齢の離れた末弟 Andy が生まれた直後、彼らは両親とともにオーストラリアに移住することになります。オーストラリアで3兄弟はレース場でレースの合間に歌を披露していました。そんな姿がレース場経営者の Bill Goode の目に留まり、彼が友人のDJである Bill Gates に3兄弟を紹介したことがきっかけとなって、彼らはテレビ番組にレギュラー出演するなどある程度の人気者になることができました。ビージーズというグループ名は、そんなオーストラリア時代の2人の恩人の頭文字から付けられたと言われています。, オーストラリアでのレコード・デビューは1963年。爆発的に売れたわけではありませんでしたが、そこそこの成績を残していました。, 1967年になってから、3兄弟はイギリスに戻ることを決意して両親を説得し、書き貯めた曲を持って2月に久しぶりの帰国。ロンドンで、後にRSOレコードの社長になる Robert Stigwood のオーディションを受け、5年間のマネージメント契約を結びました。彼らはそのままロンドンでレコーディングをしてシングル、アルバム発売にこぎつけました。, 画像はUS盤LPレコードです。当時日本で発売されていたものはジャケットのデザイン違いでしたが、残念ながら私は持っていません(><), の体制でした。当時の彼らは、ロビン・ギブ、モーリス・ギブが17歳、バリー・ギブとコリン・ピータースンが19歳、ヴィンス・メローニーが21歳とまだまだ「超若~い」グループでしたね。, ビッグ・ネームの世界に向けたデビュー・アルバムなので、「大器の片鱗を感じさせる」とか書きたいところですが、なんとファーストから大ヒットしてしまいました(^^), 『ザ・ビージーズ・ファースト』を聴いて驚くのは、彼らの音楽性の豊かさです。「超若~い」が作った割には、Herman's Hermits の Peter Noone のような鼻にかかったヴォーカル・スタイルを取っているにもかかわらず、お手軽なバブルガム・ポップにはなっていない。, 一方、60年代中盤から後半にかけて世界を席巻していた The Beatles の影響を明らかに感じさせる曲はあるものの、当時のポピュラー・ミュージックの世界的な潮流として見られた「ビートルズの後追い現象」に呪縛されるところまでは行っていない。, つまり、彼らが何度とない危機を乗り越えて、長年にわたって音楽界で生き残ってこられたのは、「時代を読む力」と「自分たち独特の音楽性」が共存していたからだと言えるのではないでしょうか。, 3 To Love Somebody/ラブ・サムバディ (1967 - 全米17位、全英41位), A-1 「ターン・オブ・ザ・センチュリー」はポップだけれども物悲しいメロディが心に残る曲。上品なメロディにコーラス・ワークが完成されているのは、オーストラリアでの経験が生きているのでしょう。ちょっとサイケデリックな、ストリングス・セクションやホーンの音につい惹き込まれてしまいます。, A-2 「ホリデイ」は、切ないメロディに切ない歌い方のロビンのヴォーカルが光るバラード。サビメロで前に出てくるスネアドラムが印象的です。全米ではサード・シングルとして、ビルボード・ホット100で最高16位を記録しました。ちなみに Madonna の「Holiday」とは全然別の曲ですが、最高位は同じ16位でした。, A-3 「想い出の赤い椅子」は60年代らしいサイケデリック色が強いロック・ナンバー。このあたりは書き貯めたストックではなく、ビートルズも意識して新しく作った曲だと思われます。, A-4 「ワン・ミニット・ウーマン」はバリーの語りかけるようなヴォーカルが心に染みる曲。移り気でなかなかこちらを振り向いてくれない女性に対してひざまずくなんて、私にはなかなかできませんから、そんな時には相手にこの曲を送りましょう(^^), A-5 「イン・マイ・オウン・タイム」は明らかにビートルズを意識したポップ・ロック。彼らは『Revolver』をよく聴いていたんだろうな(^^) ちなみにLPレコードの裏面の曲目では「In My Own Good Time」と印刷してありますが、レーベル面や後のCDでは「In My Own Time」となっていて、表記の乱れが見られます。, A-6 「ライオン・ハーテッド・マン」には彼らの音楽性の豊かさが表れています。全体としてはサイケなロック・ナンバーですが、出だしや間奏部で登場するユニークなコーラスはグレゴリアン・チャントそのもの! この曲は特にシングル・ヒットはしていませんが、こういう独自性のあるサウンドづくりこそ、数多の「ビートルズ亜流バンド」たちの中から彼らを生き残らせた原動力と言えるでしょう。, A-7 「ロイヤル・アカデミー・アーツのクレイズ・フィントン」もビートルズ・サウンド、特に Paul McCartney の色合いが強いと言える曲。バックは、モーリスが演奏する実に心惹かれるピアノだけというシンプルなアレンジで、アルバムの中で異彩を放っています。ロビンが一人でリード&ハーモニー・ヴォーカルを担当していて、ソロに近い曲ですね。, レコードをひっくり返しましょう。B面トップの「ニューヨーク炭坑の悲劇」は、全米デビュー・シングルとなったナンバー。ビルボード・ホット100で最高14位、UKチャートでも最高12位と大西洋の両側でヒットしました。切ないマイナー・メロディの部分と弾むようなビートが入る部分の対比がくっきりとしていて、メリハリがあるのがイイです。, B-2 「キューカンバー・キャッスル」はサイケデリック色が強いです。中世の架空の城に想いを馳せて作ったストーリーは、サイケデリック時代らしい空想の産物。ロビンによれば当時はこういう曲を歌うのが大流行していたとのことです。Bill Shepherd によるオーケストラ・アレンジが決まっていますね。ちなみに3年後、ビージーズは同名のアルバムをリリースしますが、この曲は収録されていません。, B-3 「ラヴ・サムバディ」は間違いなくアルバムの中で最も輝いている曲でしょう。イントロを聴くと「ああ、これこれ!」と安心しますよね~。優しくて美しくて切ない、初期のビージーズの持ち味がよく出た曲です。セカンド・シングルとしてカットされた「ラヴ・サムバディ」はビルボード・ホット100で最高17位と健闘しました。Janis Joplin, Al Green, Rod Stewart らの名唱の原点はここにあった♪, B-4 「瞳を閉じて」は「間隔を置いた2連打」のビートが耳に残るアップ・ナンバー。ビートルライクでありながらアレンジがなかなかユニークでオリジナリティを感じさせます。オルガンやフルートなどを上手い具合にフィーチュアしているんですよね~!, B-5 「誰も見えない」はロビンのヴィブラートの利いたヴォーカルが泣かせるバラード曲。終盤の盛り上がりはけっこう感動的だと思うんですよね~。この曲は66年に書かれたもので、アルバムの中ではかなり初期にレコーディングされました。というのも、シングル「ニューヨーク炭坑の悲劇」のB面に収録されることになっていたからです。, B-6 「プリーズ・リード・ミー」はバリーの優しいヴォーカルと丁寧に重ねられたコーラスが特徴のミドル・ナンバー。ドラムスのコリンがリズムトラックの補強にトムトムを叩いているのが、合間合間でよく聞こえてきます。ハーモニー・コーラスを注意深く聴くとファルセットが! これが記念すべきビージーズ初のファルセットという歴史的な瞬間です!, ラストを飾る「クローズ・アナザー・ドア」は「サッド・パート」と「ポップ・パート」から構成される意欲的な作風の曲で、この曲によってアルバムの最後の雰囲気がぐっと引き締められます。ア・カペラで始まる「サッド・パート」でいきなり心を鷲掴みにされ、淡々とした「ポップ・パート」との対比に虚を突かれ、以下その両者の間を行ったり来たりして翻弄されるのが心地よいんですよね。ラストはロビンが伸びやかに、そしてかなり自由に歌うパートで締めくくられます。, このリイシュー版はCD2枚組で、1枚目にはオリジナル・アルバムのステレオ・ヴァージョンとモノ・ヴァージョン計28曲が、2枚目には各楽曲の未発表ヴァージョンや未発表曲が収録されていました。特にCD-2は貴重な音源がいっぱいで、ビージーズ・リスナーにとっては嬉しいリリースとなりました。, 13 Craise Finton Kirk Royal Academy Of Arts [Alternate Take], 14 New York Mining Disaster 1941 [Version Two], ③「ギルバート・グリーン」はロビンとバリーが掛け合いで歌う切なげなメロディが良い曲。エンディングのインスト・パートは本来は「The End of Gilbert Green」という別クレジットらしいです。もう少しアレンジを施せばシングル・ヒットもだって待できるクォリティだと思うんですが、アルバムから外れたのが不思議です。, ⑤「ハウス・オブ・ローズ」はストリングスとハープシコードが入ったユニークな小品。The Monopoly なるバンドのシングル用に提供された曲のようですが、詳細は不明です。, ⑦「ハリー・ブラフ」はビートルズの影響を強く感じさせるロック・ナンバー。シングル用にレコーディングされたようですが、結局リリースされず。ところがどっこい次のアルバムで再レコーディングされて息を吹き返しました。, ⑨「アイヴ・ガット・トゥ・ラーン」は極めてロック色が強い曲。ギターのリフに導かれてヴォーカルがシャウトしているビージーズなんて、なかなか聞けませんよね。この曲がアルバムに入っていたら、存在感が際立っていたことでしょう。, ⑪「オール・アラウンド・マイ・クロック」は弾むようなリズムの楽し気な曲ですが、メロディの進行にちょっとした無理があるような気も。, ⑫「ミスター・ウォローズ・ウェイリング・ウォール」はミュージカルの一コマを切り取ったようなユーモラスな曲。ある意味ノヴェルティ・ソングのような作りは彼らの音楽性の幅広さを感じさせますが、その振り幅が広すぎて、アルバムにはそぐわなかったものと推察されます。それでも私としてはとても好きな感じ, モーリスが2003年に53歳で、ロビンが2012年に62歳でそれぞれ亡くなっています。ビージーズのメンバーではありませんが末弟のアンディも1988年にわずか30歳で亡くなっているので、現在は長兄のバリー(73歳)だけが残っています。バリーには長生きしてもらって、新作のリリースや他のアーティストのプロデュースなど期待したいところですね。, 音楽愛好家、井戸探偵、甘味系男子、旅好きなどいろいろな顔を持つ自由人が、思いつくままに気まぐれライフを発信します。. *6 RARE PRECIOUS AND BEAUTIFUL, volume 3 BEE GEES BONANZA (1978.8 UK), Songs by the Bee Gees in Australia 1963-1966, *1 THE BEE GEES SING AND PLAY 14 BARRY GIBB SONGS 11/04 - The Bee Gees - 'Number Ones', The Bee Gees, View the Music Artists Biography Online, VH1.com, Robbin Gibb - Releases - Singles - Wing And A Prayer, Robbin Gibb - Releases - Singles - Ellan Vannin, Home Coming Mix, http://www.bkwsu.org/index_html-ja?set_language=ja, ChartArchive - Jenkins / West / Jones / Gibb, U2, Comic Relief Top U.K. ‚ð’ljÁB, ƒI[ƒXƒgƒ‰ƒŠƒAŽž‘ã‚̃r[EƒW[ƒY‚ɂ‚¢‚ẮA•Ê‚ɂ܂Ƃ߂ĉðà‚µ‚½B, Theme from "The Travels of Jamie McPheeters". Copyright © 2020 自由人 Gutch15 の気まぐれライフ from 横浜. @ˆÈã‚̃I[ƒXƒgƒ‰ƒŠƒA‚Ì3–‡‚̃Aƒ‹ƒoƒ€‚́A1968”N‚©‚ç69”N‚É‚©‚¯‚Ä uRARE ロビンはマン島で父ヒュー・ギブ(1916~92)と母バーブラ(1920~2016)の下で生を受け、モーリス・ギブと双子だった。なお、モーリスより35分先に生まれた。ロビンは5人兄弟で、1人の姉(レズリー 1945年生)と3人の兄弟(バリー 1946年生、モーリス 1949年生、アンディ 1958年生)がいる。家族とともに1958年にはオーストラリアのブリスベンに移ってから、彼らの音楽キャリアがスタートした。1967年にイングランドへ戻っ … *3 TURN AROUND, LOOK AT US 2012年5月20日、ビージーズのロビン・ギブさんが、亡くなられて 早、一週間・・若葉の頃・・この歌が、心に沁みます。Thank you for your b… 2017/07/28, この7月でアルバム『Bee Gees First』が発表されて50年になります。uDiscovermusic.com(2017年7月25日付)が「『ビー・ジーズ・ファースト』を再発見しよう」という記事に取り上げました。, 2017年6月にはバリー・ギブがグラストンベリー・フェスティヴァルに出演、大好評を受けて、ビー・ジーズのアルバム『Timeless-All Time Greatest Hits』が英国のアルバムチャートでトップ10入りを果たした。バリーの出演は、ビー・ジーズの国際デビュー・アルバムとなった『ビー・ジーズ・ファースト』発売50周年の直前にあたってもいた。そんなわけで、今日はこのアルバムを再発見してみたい。, むろん、ギブ兄弟は移住先のオーストラリアですでにレコード・デビューを果たし、アルバムも2枚出していたわけだが、1月(訳注:実際には2月)に帰英後、ロバート・スティグウッドをマネージャーに得て、この1967 年という年はバリー、モーリス、ロビンにとって大きな意味のある年となった。3月にはすでに、BBCのお隣さんともいえるロンドンのIBCスタジオで新曲14曲のレコーディングが開始されている。どの曲もバリーとロビンが書いたもので、当時の雰囲気があふれる、一部サイケデリックなポップスである。, イギリスでは7月14日に発売された(訳注: 当初の予定が14日だったが実際には22日発売)この国際デビュー・アルバムには、3月にシングル発売された「ニューヨーク炭鉱の悲劇」も入っていた。キャッチ―なメロディとシンプルでむきだしのボーカルという組み合わせは、ちょっととっつきにくかったのか、初登場は43位とささやかだったが、最終的にはトップ20圏内に5週間とどまり、最高位は5月末の12位。, 見過ごされがちなのは、これも『ファースト』アルバムからの第二弾シングルとなり、いまやビー・ジーズの名曲として確固たる地位を築いている「ラヴ・サムバディ」はイギリスではたいしてヒットしなかったという事実だ。「ラヴ・サムバディ」はアルバムと同時にリリースされたが、当時のトップ50の下の方で1ヶ月ばかりうろうろと苦労したあげく、最高位41位に終わっている。この曲がイギリスでヒットチャートのトップ5入りを果たすには、ニーナ・シモンの名カバー(1969年)を待たなくてはならなかった。, それでも『ファースト』の登場とともに、メディアはビー・ジーズを、特に『サージェント・ペッパー』時代にふさわしいその現代的なポップ・センスゆえに、第二のビートルズと呼ぶようになった。たしかに、『ファースト』には、ヒッピー・ムーヴメントが隆盛したサマー・オブ・ラヴらしい「想い出の赤い椅子」や宗教色のある「ライオン・ハーテッド・マン」などの曲も入っているが、同時に、「ワン・ミニット・ウーマン」「誰も見えない」など、もっと従来のポップス色の濃い、オーケストラを多用したナンバーもごく自然に入っている。, アルバム中の14曲すべてに共通していたのは、以降数十年、ギブ兄弟のトレードマークとなる、入念な曲作りである。9月には、ヒットの流れももどり、アンセム風の「マサチューセッツ」がチャートをのぼりはじめた。この曲はやがてナンバーワンの座に4週間もとどまることになる。この曲は『ファースト』には入っていないが、とにかくこれでビー・ジーズの地位は確立されたといっていい。, 「マサチューセッツ」の勢いが衰えはじめると、ビー・ジーズの次のトップ10ヒットとなる「ワールド」がチャートをのぼりはじめた。こうしたヒットのおかげで、『ファースト』アルバムも注目を浴びた。8月に34位でチャート入りしたあと、トップ40圏内に26週間とどまり続けた『ファースト』が最高位に達したのは11月、最高位8位である。こうしてシングル、アルバム両チャートでの常連としてのビー・ジーズの活躍が始まった。, 筆者のセクストンはビルボードなどに寄稿している音楽ジャーナリストだということですが、活動歴を見ると90年代ぐらいからジャーナリストとして仕事をしているようなので、どうやらいま4~50代、つまりこの時代をリアルタイムで知っているのではなく、チャート情報などの資料から当時の動きを再現しているような印象です。, それはさておき、記事中で、「ラヴ・サムバディ」がシングル・ヒットしなかった、という事実が論じられていますが、実は、当時、「バリーがリードを歌うと流行らない」というジンクス(?)がありました。それでいて、チャートを制覇したりはしなかった当時のシングルが、しっかり「名曲」として確立され、大勢に愛され、多くのアーティストにカバーされている…そのあたりからも、このビー・ジーズという、「ヒットメーカー」として語られることの多いグループが、実は、そう、単なるヒットメーカーなんかではぜんぜんなかった、ということがわかろうというものです。(よね?), © 2009 - 2020 Bee Gees Days. *4 RARE PRECIOUS AND BEAUTIFUL Cherry red / I want home (1966.3) Powered by  - Designed with the Hueman theme, 『グラミー・スペシャル―ビー・ジーズ・トリビュート・ライヴ』がエミー賞にノミネートされました!, 【2017年7月21日- コロンバス・アンダーグラウンド誌】アルバムレビュー『Please Don’t Turn Out the Lights』, 【ビルボード誌2020年11月】「バリー・ギブ、キース・アーバンやミランダ・ランバート等と組んでビー・ジーズのカントリー風カバー集を発表」【Greenfields詳報その2】, 来年1月発売! バリー・ギブ&フレンズのニューアルバム『Greenfields』詳報(その1), 製作チームが語ったビー・ジーズの新作ドキュメンタリー『How Can You Mend A Broken Heart』, 【映画レビュー】ビー・ジーズの新作ドキュメンタリー『How Can You Mend A Broken Heart』. Wine and women / Follow the wind (1965.9) ビー・ジーズのアルバムは「Mr. PRECIOUS AND BEAUTIFULv‚Ɓu“¯Vol.2v‚́AuƒXƒsƒbƒNƒXEƒAƒ“ƒhEƒXƒyƒbƒNƒXvuŽá‚«“ú‚Ì‘z‚¢ov‚Æ‚¢‚¤ƒ^ƒCƒgƒ‹‚Å“ú–{‚Å‚à”­”„‚³‚ꂽB ロビン・ギブ(英: Robin Gibb、1949年12月22日 - 2012年5月20日)は、マン島出身のシンガーソングライターである。2人の兄弟(バリー・ギブ、モーリス・ギブ)と結成したビージーズのメンバーとして知られている。, 彼ら3人はイギリス人の両親の下で生まれ、オーストラリアでデビューし、イングランドに戻ってから成功した。ビージーズは1億枚以上レコードが売れた、世界で最も成功したポップグループの一つである[1]。, ロビンはマン島で父ヒュー・ギブ(1916~92)と母バーブラ(1920~2016)の下で生を受け、モーリス・ギブと双子だった。なお、モーリスより35分先に生まれた。ロビンは5人兄弟で、1人の姉(レズリー 1945年生)と3人の兄弟(バリー 1946年生、モーリス 1949年生、アンディ 1958年生)がいる。家族とともに1958年にはオーストラリアのブリスベンに移ってから、彼らの音楽キャリアがスタートした。1967年にイングランドへ戻ってロバート・スティグウッドに見いだされ、彼らの音楽活動は成功した。, ロビンは、1960年代後半のビージーズ第一期黄金期では、常に兄バリー・ギブとリードボーカルの役割を競っていた。そして、彼の曲「Lamplight」がバリーの曲「若葉のころ」(First of May) のB面に追いやられた後、ロビンはグループを去りソロ・キャリアを開始した。, ソロ活動では、最初に出したシングル「救いの鐘」(Saved by the Bell) がイギリスで最高2位を記録する成功を収めた[2](100万枚売れてゴールドディスクと認定された[3])が、アルバム『救いの鐘』(Sing Slowly Sisters) はセールスではあまり成功しなかった。その後、ビージーズに復帰して 1970年に出したシングル「ロンリー・デイズ」(Lonely Days) は彼らにとってアメリカで最高順位を記録したヒットとなった[4]。翌年に出したシングル「傷心の日々」(How Can You Mend a Broken Heart) はアメリカで最高1位を記録したが、その後彼らの勢いは弱まり始めた。1974年にアリフ・マーディンよりプロデュースを受け、ブルー・アイド・ソウル・スタイルへ転換したことで、1970年代後半のディスコ自体による彼らの大成功時代へつながった[5]。, コンセプト・アルバム『Sesame Street Fever』で、ロビンはタイトル・トラック他数曲をセサミストリートのパペット達と歌った。, グループで活動している間も、ロビンはソロ活動を進めていた。1980年代には、3つのソロ・アルバム(『How Old Are You』『Secret Agent』『Walls Have Eyes』)を発表し、ヨーロッパで成功を収めた。1984年に発売したシングル「恋するボーイズ」(Boys Do Fall in Love) はビルボードTop40にチャートインした。, 彼の双子の兄弟モーリスの急死と同じ週である2003年1月27日に、ロビンの次のソロ・アルバム『Magnet』をドイツで発売した。モーリスの死を受け、ロビンとバリーはしばらくビージーズを解散することにした。しかし、2009年後半になって、ロビンとバリーはビージーズを再結成すると発表した。, ロビンはイギリスのテレビ番組「The Dame Edna Treatment」のオープニングテーマを歌った。, 2008年5月18日、ロビンはオーストラリアのDJであるアラン・フリーマンのトリビュート曲「Alan Freeman Days」を発表した。この曲はダウンロード販売のみだった。同年12月、「Wing and a Prayer」もダウンロード販売のみでリリースされたが、この曲は1970年にリリース予定だったがリリースされなかった曲「Sing Slowry Sisters」のメロディーだった[6]。1週間後、またダウンロード販売で曲「Ellan Vannin (Home Coming Mix)」を出した[7]。, 2008年にリリース予定だったソロ・アルバム『50 St Catherine's Drive』は、リリースされなかった。2009年8月に、そのアルバムからの50秒のクリップ「Instant Love」が発表された。それは彼の息子ロビン=ジョンとの共演だった[8]。 PRECIOUS AND BEAUTIFULvu“¯Vol.2vu“¯Vol.3v‚Æ‚µ‚Ä”­”„‚³‚ꂽB68”N3ŒŽƒŠƒŠ[ƒX‚́uRARE 邦題:若葉のころ 原題:ファースト・オブ・メイ. ビージーズは、紆余曲折は有りましたが、主として英国領マン島出身のギブ三兄弟によって構成されたグループです。 長兄のバリー・ギブは1946年9月1日生まれ、1949年12月22日にロビン、モーリス・ギブが二卵性双生児として誕生、翌年には父親の故郷、マンチェスターに転居しました。 I was a lover, a leader of men / And the children laughing (1965.10) LPs in Australian Days

RARE PRECIOUS AND BEAUTIFUL (1968.3 UK Ger 1968.11 US)

銀行員 出向 給料 24, 水泳 初心者 背泳ぎ 12, 卍line 歌詞 ブンシャカラカ 30, 三浦りさ子 息子 写真 4, 私は その 映画 は 面白いと 思い ます 英語 6, パワプロ メジャー 投手 11, Pubg 近接武器 業績 7, 島牧村 熊 警察 16, ピアノ 上手くならない 大人 5, 水戸黄門 24部 静香 46, オスカー 社長 娘 21, Lipps 自由が丘 評判 5, ワニ 英語 Alligator 発音 42, ゲーミングノートpc フォートナイト 144fps 19, うまdoki 曽田麻衣子 予想 22, 黒い雫 歌詞 Ofulover 9, チェーンソー レンタル 大阪 7, 完全感覚dreamer ギター コード 12, 黒い蛾 家の中 スピリチュアル 23, 福岡 川遊び 釣り 7, 米津 玄師 Raw 14, Ff11 Il119 装備できない 6, Openpose Confidence Score 4, パンダエクスプレス 木更津 メニュー 10, 丸高 愛実 妊活 8, 水川あさみ 事務所 退社 12, 櫻井 有吉the夜会 5月14日 動画 45,