J. Health-Syst.

[相互作用を示す薬剤名(代表的商品名)] 〔薬効分類 394 痛風治療剤〕 [相互作用の内容] 本剤の作用を増強する可能性がある。【アロプリノールの添付文書に併用注意の記載がある】 [併用 座右の銘は、 J.,    303,    789(1991)    WF-0524 3)Poucher RL et al. ・数値が大きいほど効き目が強い→血が固まりにくく、出血傾向が強くなる J.,    282,    1361(1981)    WF-0223 6)Thompson PL et al. : Clin. : J.



: JAMA,    197,    1069(1966)    WF-0720 4)永沼 雅基ら: 脳卒中,    25,    334(2003)    WF-1658 5)Reimer SM et al. : J. Clin. : Eur.

Copyright(C) 2017 Eisai Co., Ltd. All rights reserved. Pharmacokinet.,    19,    167(1990)    WF-0569 2)USP-DI,22nd ed.,Vol.Ⅰ,        265(2002)    WF-1157 3)Rawlins MD et al. Engl.

J. 当面の目標は、 ミナカラおくすり辞典:ワーファリン錠1mg, ワーファリンは血液凝固検査により、その人に合った薬の量を決めます。 : Br. Pharmacol.,    48,    693(1973)    WF-0855 4)Pond SM et al.

: Drug Metab. Pharmacol.,    18,    91(1978)    WF-1739, 4)Ogiso T et al. 心筋梗塞や脳血栓などの血栓症に処方される経口抗凝固薬がワルファリンカリウム(商品名:ワーファリン)です。, 骨粗鬆症治療薬のビタミンK2製剤メナテトレノンとワルファリンの併用はワルファリンの効果を減弱させるため併用禁忌となっています。, メナテトレノンがのビタミンK依存性凝固因子の生合成阻害作用と拮抗することが理由とされています。, 併用があった場合は、基本的にワルファリンの治療を優先し、ビタミンK2製剤の投与を中止します。, 関節リウマチ治療薬のイグラチモド(商品名ケアラム、コルベット)とワルファリンとの併用はワルファリンの効果を増強するため併用禁忌となっています。, 併用があった場合は、ワルファリンの治療を必要とする場合はワルファリンを優先し、イグラチモドの投与を中止します。, 抗真菌薬のミコナゾール(商品名:フロリードゲル、フロリードF注)とワルファリンの併用はワルファリンの効果を増強するため併用禁忌となっています。, ミコナゾールはCYP2c9とCYP3A4を強力に阻害します。ワルファリンの代謝酵素は主にCYP3A4やCYP2c9が関与します。, もともとは慎重投与でしたが、出血時間の延長やINR上昇が報告されたことから2016年に併用禁忌と改訂されました。, ミコナゾール入りのクリーム(フロリードDクリーム)や膣錠(フロリード膣坐剤)は併用注意とされています。, 併用があった場合は、ワルファリンの治療が必要な場合、ワルファリンを優先し、ミコナゾールの投与を中止しなければいけません。, 併用禁忌ではありませんが、SU剤とワルファリンを併用する場合、ワルファリンとSU剤の作用を増強する可能性があるため併用注意となっています。, SU剤がワルファリンの肝代謝酵素を阻害、ワルファリンがSU剤の肝代謝を阻害するためです。, 2006年 京都薬科大学 薬学部卒。

: Ther. いずれにしても、ワーファリン服用中に他の薬を併用する場合は、自分の数値を確認しながら、出血傾向に注意することが必要です。, ワーファリンの効果を強めてしまう薬には、風邪薬や抗生剤以外にも、他の抗血栓薬、精神神経用剤、抗てんかん薬、痛風治療剤、糖尿病用剤、高脂血症用剤、甲状腺ホルモン剤、抗真菌剤、アレルギー用薬など、非常に多くの薬があります。

Ⅷ‐19.酵素製剤との相互作用(適正使用情報別冊(Ⅷ 相互作用各論) 第3版 2019年... 【レンビマ・甲状腺癌】 副作用として報告されている低カルシウム血症はいつごろ起きやすいですか?(発現時期). J. Clin.

Med. : Clin. Pharmacol.,    53,    153(1997)    WF-1091, 本剤との相互作用はないと考えられる。【ナテグリニドの添付文書に併用注意の記載がある】, ナテグリニドの添付文書によると、低血糖症状(空腹感、あくび、悪心、無気力、だるさ等の初期症状から血圧上昇、発汗、ふるえ、顔面蒼白等の症状を経て意識消失、けいれん、昏睡にいたる)、血糖降下作用が増加されることがあるので、血糖値モニターその他患者の状態を十分に観察し、必要であればナテグリニドを減量する。, 健康成人男子12名にワルファリン30mgを単回単独朝食前投与、またはナテグリニド120mg 1日3回4日間食前投与の第2日朝食前に単回併用投与した。S-ワルファリン、R-ワルファリンのAUC0-∞、AUC0-168、最高血漿中濃度、同到達時間、プロトロンビン時間の最高値および同到達時間、プロトロンビン時間-時間曲線下面積、INRの最高値および同到達時間、INR-時間曲線下面積には、ナテグリニド併用による有意な変化はなかった。ワルファリンの血中濃度、プロトロンビン時間、INRの経時的変化は単独時と併用時で近似したグラフを描いた。また、ナテグリニド投与初日(ナテグリニド単独投与時)と投与2日目(ワルファリン併用時)のナテグリニドの体内薬物動態には差はなかった。(海外), 【参考文献】    [文献請求番号] 1)Anderson DM et al. : J. Clin. Pharmacol. ・マクロライド系

このサイトで提供している情報は、弊社の日本国内で販売している医療用医薬品等に関する情報を医療関係者(医師・薬剤師・看護師等)の皆様に情報提供することを目的として作成されています。一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。, 上記の内容を確認後、あなたに該当する項目からお進みください。あなたのクリックは上記への承認とみなされます。, 会員限定のコンテンツが閲覧いただけます。エーザイでは、medパス*1の会員システムを採用しています。medパスIDをお持ちでない方は、「新規会員登録」より会員登録をお願いいたします。会員登録できる方は、原則、国内の医療機関にお勤めの医療関係者*2の方に限らせていただいております。, *1 medパスとは複数の医療サイトで共通して利用可能な「医療関係者の共通ID」です。, *2 医師・歯科医師・薬剤師・保健師・看護師・助産師・歯科衛生士・歯科技工士・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・臨床検査技師・臨床工学技士・管理栄養士・介護福祉士, ※medパスのサイトに移動します※2018年9月2日までに会員登録された方もこちらへ, 臨床上問題にならない程度と思われるが、併用開始時および併用中止時は、血液凝固能検査値の変動に注意すること。, 利尿剤により血液量が減少し、血液凝固因子の濃度が上昇することが原因と考えられている。, 健常成人10名にワルファリン0.8mg/kgを単回投与したときと、ブメタニド1mg/日を14日間連続投与してその8日目にワルファリンを単回投与したときの血中濃度、プロトロンビン活性を測定したところ、いずれも有意差は見られなかった。(海外), 45才男性。アルコール、コカインの乱用で、解毒のため入院した。患者にはコカイン乱用用の注射器からの感染による細菌性心内膜炎、大動脈弁置換術の既往があった。大動脈弁置換術後、ワルファリン40mg/週、KCl 10 mEq/日、キナプリル5 mg/日、フロセミド20 mg/日が処方されていたが、患者の話ではワルファリン以外は真面目に服用しなかったとのことであった。患者のINRは1.93であった。入院後、上記薬剤にロラゼパム、葉酸、チアミンが追加された。入院8日後、INRは1.44に低下した。ワルファリン 42.5mg/週に増量した。入院12日後のINRは2.08に上昇した。入院14日後にフロセミドを中止した。以後、INRは徐々に上昇した。(海外), 健康成人男子6名にフロセミド80mg/日、5名にブメタニド2mg/日を8日間投与した。利尿剤の投与前と投与開始5日目、ワルファリン50mgを単回経口投与した。ワルファリン投与8時間後と48時間後の血漿ワルファリン濃度、ワルファリンの半減期には、いずれも利尿剤投与による有意な変動はなかった。また、ワルファリン投与48時間後のプロトロンビン時間も、利尿剤投与による有意な変動は示さなかった。(海外), (1)ワルファリン1.2mg/kgを単独またはフロセミド1.67mg/kg、5mg/kg併用にて、単回静注した。フロセミド5mg/kg併用で、ワルファリンの消失速度定数と総クリアランスは有意に上昇、半減期は有意に短縮、AUCは有意に減少した。, (2)ワルファリンを第1日は0.6mg/kg、第3日と第5日は0.3mg/kg経口投与した。半数には第1日~第5日、フロセミド2mg/kgを併用にて経口投与した。併用群では、ワルファリンの消失速度定数は上昇、半減期は短縮、AUCは減少、最高血漿中濃度は低下したが、いずれも有意ではなかった。, (3)ワルファリン1.2mg/kgを単独またはフロセミド5mg/kg併用にて、単回静注した。プロトロンビン複合体活性の回復は、投与60時間後以降は併用群が有意に速かった。ワルファリン0.6mg/kgとフロセミド10mg/kgを単回静注すると、投与12~24時間後のプロトロンビン複合体活性は、併用群が有意に低値を示した。, (4)ワルファリン1.2mg/kgを単独またはフロセミド5mg/kg併用で単回静注した時、血漿遊離脂肪酸値は群間に差はなかった。, (5)ワルファリン2.5mg/kgとフロセミド10mg/kgを併用にて単回静注すると、ワルファリン単独時に比し遊離形ワルファリン濃度、肝内ワルファリン濃度が有意に上昇した。, (6)In vitroで、ワルファリンのウシ血清アルブミン、ラット血漿蛋白への結合は、フロセミドにより阻害された。, 1)Nipper H et al.

Fate ヘブンズフィール 1章 アニユーズ 15, 斉藤由貴 予感 名曲 7, クズに なりたい 2ch 6, けんけん コスプレ インスタ 37, キムタク 静岡 県立こども病院 57, Nv200 プレミアムgx 車 中泊 14, 恋獄の都市 ネタバレ 10話 11, ギガ 600馬力 中古 5, 東方ロストワード 紅魔塔 考察 12, コーチャンフォー Wi Fi 7, 2020 お盆休み トヨタ 40, 愛という名のもとに 1話 Pandora 9, 誤解 お詫び メール 9, Rninet オイル 消費 7, 数学 できない やつ 34, 絵が上手くなる 方法 ポケモン 10, ゆき ぽ よ ピーナ 4, ウェンガー 時計 海猿 4, 東京独身男子 1話 キャスト 7, ハウルの動く城 ソフィー 英語 5, Nfl 人気チーム 2019 10, サンゲツ Ebクロス 補償 33, バンダナ 巻き方 登山 14,