Make sure this account has posts available on instagram.com. しかし、昼寝中に「可愛い」と思えるのは、それぞれの保育士の寝かしつけの努力があってこそです。 幼稚園の卒業式で、ママはどんな気持ちになるのでしょうか。先生やお友だち、そして大好きなママと歩み、成長した月日を思い出して感極まってしまうママもたくさんいます。こちらでは、人生の中で一番成長する幼児期の、一つの節目である「卒園式」の感動エピソードをご紹介します。 すてきな いちねんせいになる, みんな ありがとう いつも ありがとう 最終更新日:2019/02/03, 友達や先生、親への感謝の気持ちを込めた歌。保育園での思い出を歌った歌。これからの将来を歌った歌。いろいろな歌あります。, 今では、どんな歌を歌ったのか、どんな気持ちで歌ったのか、思い出せないかもしれませんね。, 卒園式の歌は、卒園する生徒たちが、保育園の後輩や、先生、両親に向けて歌いますが、本人たちよりも、聞いている先生やご両親たちの方が、大切に育ててきた子供たちの晴れの姿に感動して感涙してしまうことでしょう。, ここでは、卒園式で歌う歌を5つご紹介します。どれも保育園の生徒たちが一生懸命歌っており、感動の映像になっています。, 保育園の生徒たちが、卒園式で感謝の気持ちを歌っています。歌は、1番と2番で構成されており、最後に1番のさびを繰り返しています。, どこまでも 遥かな道を 歩いていける勇気と 子どもにとって、初めて「別れ」を経験する卒園式。卒園式で歌う卒園ソングには、心も身体も大きくなった子ども達をより一層輝かせる効果があります。ここでは、「リリース」の時期や「ジャンル」などを参考に、おすすめの人気卒園ソングをランキング形式でご紹介します。, 幼稚園や保育園の卒園式では、今までの感謝の気持ちを込めて歌を歌いますよね。どのような歌を選択するかによって、卒園式の雰囲気が大きく変わります。, 卒園ソングの中には、昔から歌われ続ける定番の曲もあれば、近年人気が急上昇している新しい曲もあります。ここでは、そんな新旧入り混じるおすすめの人気卒園ソングをランキング形式でご紹介します。子ども達にぴったりの卒園ソングを探してみてくださいね。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51-DjDN5xaL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fajewelry%2Fcocx-35911%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fajewelry%2Fcocx-35911%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B002OOPGFE?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B002OOPGFE"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fmedia-marketplace%2Fb002oopgfe.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 国民的アニメ「ドラえもん」のエンディング曲として使用されていた卒園式でも人気の曲です。アニメソングならではの分かりやすいストレートな歌詞は、子ども達の共感も得やすいのでおすすめです。, まだ感情のコントロールが難しい幼稚園児は、お友達との喧嘩を経験したことがある子も多いでしょう。そんな子ども達に仲直りの素晴らしさ、友達の大切さを教えてくれる心温まる一曲となっています。, [{"key":"アーティスト","value":"にしわきゆい"},{"key":"リリース","value":"1992年"},{"key":"ジャンル","value":"アニメソング"}], 子供の頃から聞いていた曲もあり懐かしくもあり新鮮な感じもしました。子供も大人の方にもお勧めしますよ。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51ZVZCkkgzL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fk-daihan%2F10003596%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fk-daihan%2F10003596%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B001DONBB2?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B001DONBB2 https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZVZCkkgzL.jpg"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fpigeon-cd%2Fdqcl-2017.html"}], 森山良子が歌うしっとりとしたバラード曲です。NHKの「みんなのうた」でも放送されており、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。50年以上も前にリリースされていますが、今でもなお卒業シーズンで歌われる定番曲として親しまれています。, こちらは、作詞作曲を担当した金子昭一が子ども達の友情を深める目的で作った曲と言われています。「さようなら」や「お別れ」といった別れの言葉が入っていますが、未来に向けての希望がたくさん詰まった心に響く一曲となっています。これから新しい生活が始まる卒園児達にぴったりですね。, [{"key":"アーティスト","value":"森山良子"},{"key":"リリース","value":"1967年"},{"key":"ジャンル","value":"歌謡曲・フォークソング"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51JSMlN-FPL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fshimamura-gakufu%2Fg0228576%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fshimamura-gakufu%2Fg0228576%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00GTJ17F8?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00GTJ17F8"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ffelista%2F00001123558.html"}], 新しいことをはじめる時は、大人だって勇気が必要ですよね。小さな子どもだって、新しい生活は不安でいっぱいです。「はじめの一歩」は、「別れ」や「さようなら」といった歌詞はありませんが、「新しい明日」に目を向けて一歩を踏み出す勇気をくれます。小学生になる期待と不安がいっぱいの園児達にはぴったりの一曲ですね。, 分かりやすいながらも心に響く歌詞で、子どもから大人まで幅広い年齢層から支持を集めています。古くから愛され続ける名曲なので、子どもの頃に歌ったという親世代の方も多いのではないでしょうか。, [{"key":"アーティスト","value":"NHK東京放送児童合唱団"},{"key":"リリース","value":"1987年"},{"key":"ジャンル","value":"合唱"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61gcbq1mAFL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B015SGHW0G?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B015SGHW0G"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fmedia-marketplace%2Fb015sghw0g.html"}], NHKの連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌でもお馴染み、子供たちも大好きなAKB48が歌うこちらの曲は、子どもでも歌いやすいメロディなので卒園ソングとしても支持されています。爽やかなメロディと希望が詰まった歌詞は、聴いている人の気持ちも明るくしてくれますね。, 子ども達の好きな「紙飛行機」を自由の象徴としたこちらの曲は、希望でいっぱいの新しい世界に旅立つ子ども達にぜひ歌ってほしい一曲です。曲の最後の「飛んでいけ」という部分で実際に紙飛行機を飛ばすなどの演出をしている園もありますよ。, [{"key":"アーティスト","value":"AKB48"},{"key":"リリース","value":"2015年"},{"key":"ジャンル","value":"J-POP"}], 子供が保育園で歌ったのを家でも歌いたい、2番も歌いたい!と言ったのですぐに探して購入して一緒に楽しく歌いました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51ZCdpGW26L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14403718%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F14403718%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01KM7XDZ4?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01KM7XDZ4"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhmv%2F7259519.html"}], 元保育士が作った「こころのねっこ」は、NHKの「おかあさんといっしょ」でも歌われていた卒園式シーズンに大人気の名曲です。初めて親元を離れて集団生活を送る幼稚園や保育園。最初は泣いていた子どもも、いつの間にか笑顔で登園するようになりますよね。, こちら曲を聴いていると、気づけばあっという間だった我が子の成長にじんわりと感動してしまいます。楽しいことも辛いこともいっぱい吸収して全て心の根っこにして、また一回り成長した姿を見せて欲しいという親の気持ちを代弁してくれるような、感動的な歌詞が魅力です。, [{"key":"アーティスト","value":"土居裕子"},{"key":"リリース","value":"2009年"},{"key":"ジャンル","value":"おかあさんといっしょ"}], 入園前のお子さんを幼稚園や保育園に送り出すのですが、お母様と一緒に過ごした時間、お友達と初めての触れ合いを経験した子ども達にピッタリの歌詞です。こころのねっこ。この言葉も大好きです!, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51-aml9RsRL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fgakuhu%2Fm4988003456917%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fgakuhu%2Fm4988003456917%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00LY9WCE8?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00LY9WCE8"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fmedia-marketplace%2Fb00ly9wce8.html"}], バラードが多い卒園式ソングの中、やっぱり幼稚園児らしい元気いっぱいの曲も人気があります。こちらは、元気に歌えるリズム感がある曲なので、お父さんお母さんも思わず一緒にリズムを取りながら笑顔になれてしまいますよ。, テンポ良く語りかけるように進むので、子ども達も覚えやすく楽しんで歌うことができます。「おじいちゃんやおばあちゃんになってもずっと友達だよ」と友達との絆が伝わる歌詞も素敵ですね。, [{"key":"アーティスト","value":"高瀬麻里子、ひまわりキッズ、はゆの仲間たち"},{"key":"リリース","value":"2007年"},{"key":"ジャンル","value":"キッズソング"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51mZ1bs3ftL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15243996%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F15243996%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B077LZ7M9H?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B077LZ7M9H"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fdss%2Fkicg-574.html"}], 子どもらしい歌詞とテンポが特徴的な「みんなともだち」は、リズムに乗りながらみんなで元気いっぱい一緒に歌える卒園式の人気定番ソングです。単純な言葉を繰り返しているようですが、実はとっても大切な言葉がたくさん詰まっているため、ぜひ子ども達にも歌ってほしい一曲ですね。, 「ずっとずっとともだち」離れていても、学校に行っても、大人になっても…大切な友達といつまでも仲良くいたいというメッセージ性の強い一曲です。子ども達にぴったりな元気なテンポは、聴いている大人もつい一緒に口ずさんでしまいたくなる不思議な魅力があるとは思いませんか?, [{"key":"アーティスト","value":"ひまわりキッズ"},{"key":"リリース","value":"2004年"},{"key":"ジャンル","value":"童謡"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61ojxRf2QiL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12577359%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12577359%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00GSWCGFG?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00GSWCGFG"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ffelista%2F00001203551.html"}], こちらはNHKの「おかあさんといっしょ」でもお馴染みの曲なので、聞きなれている園児も多いのではないでしょうか。知っている曲だと歌いやすいですよね。, 「ありがとう」という言葉の大切さ、温かさを教えてくれる一曲です。これを聴くとみんなに「ありがとう」と伝えたくなります。卒園ソングにはぴったりですね。園児たちの元気いっぱいの歌声で「ありがとうの花」が満開の卒園式になることでしょう。, [{"key":"アーティスト","value":"横山だいすけ・三谷たくみ"},{"key":"リリース","value":"2009年"},{"key":"ジャンル","value":"おかあさんといっしょ"}], だいすけお兄さん、たくみお姉さんの優しい歌声に息子だけでなく私も癒され、励まされます。子どもだけでなく大人の心にも響いてきます。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51pKRRhkM9L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fgakufu-nets%2F162939%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fgakufu-nets%2F162939%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/4285140624?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=4285140624"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fchuya-online%2F91064.html"}], 「こどもちゃれんじ」の名曲「ありがとうでおわかれ」は、多くの幼稚園や保育園で歌われている人気の卒園ソングです。しまじろう達が歌う原曲は、子ども達からも大人気!「もうすぐ1年生」という歌詞も出てくるので、小学生への期待も高まりますね。, こちらの曲には、「さようなら」ではなくてみんなに感謝をしながら「ありがとう」でお別れをしようというメッセージが込められています。「さようなら」のお別れは寂しいけれど、「ありがとう」なら笑顔でお別れできますね。しまじろうらしい優しさ溢れる一曲となっています。, [{"key":"アーティスト","value":"しまじろうと仲間たち"},{"key":"リリース","value":"不明"},{"key":"ジャンル","value":"アニメソング"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51IJ7CwpP9L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmifsoft%2Fcoce-36338%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmifsoft%2Fcoce-36338%2F"},{"site":"amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RECEF0?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RECEF0"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fvanda%2Fc-coce-36338.html"}], 卒園式の大定番と言えば、こちらの「さよならぼくたちのほいくえん・ようちえん」ではないでしょうか。こちらの曲は同じメロディーで歌詞の部分だけ少し変えた「保育園ver.」と「幼稚園ver.」があります。子供たちが一生懸命歌う姿はじーんと心に響くものがありますね。, 以前に芦田愛菜が主演を務めた同題名のドラマで使用されてから、多くの幼稚園や保育園の卒園式で歌われるようになりました。保育園や幼稚園で過ごした日々を思い出しながら、別れと感謝が伝わる素晴らしい楽曲です。, [{"key":"アーティスト","value":"稲村なおこ"},{"key":"リリース","value":"1996年"},{"key":"ジャンル","value":"童謡"}], 卒園の季節にぴったりです。後半にかけて盛り上がるので、うるうると泣ける曲だと思いました, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/6143BofebTL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsurprise-2%2Fazncocx-37597%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsurprise-2%2Fazncocx-37597%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B008VURJLO?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B008VURJLO"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fgakufushop%2F4988001737674.html"}], 「よろこびのうた」は、子どもの成長を感じられるとても人気の高い卒園式ソングです。「おかあさん/なあに」「せんせい/なあに」と子どもと掛け合いながら歌えるので、卒園式に一体感が出て感動するという声が多く寄せられています。, 卒園は子供にとって大きな大きな第一歩。そんな成長姿を大好きなお母さんに伝えられるこちらの曲は、子どもからも大人からも高い評価を得ています。涙なしでは聴くことのできない名曲ですよ。, [{"key":"アーティスト","value":"ひまわりキッズ/田中真弓"},{"key":"リリース","value":"不明"},{"key":"ジャンル","value":"掛け合い"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61T7QEip-xL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fgakufu-nets%2F114880%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fgakufu-nets%2F114880%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B001GKXQKY?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B001GKXQKY"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fvanda%2Fc-cocx-35272.html"}], 昔から卒業シーズンになると歌われている定番中の定番です。子どもの頃に歌った記憶がある方もいるのではないでしょうか。自分が歌っているのと子どもが歌っているのを聴くのとでは、また違った感じ方があるかもしれませんね。, 春夏秋冬、1年間思い出をアルバムを開くように振り返るこちらの曲は、聴いていると「色々なことを思い出して涙が出てしまう」という保護者の方も多い感動の名曲です。, [{"key":"アーティスト","value":"芹洋子"},{"key":"リリース","value":"1981年"},{"key":"ジャンル","value":"童謡"}], 自分が卒園するときに歌ったのですが、当時「あぁ、いい曲だなぁ」と思ったのですが、35年経った今も「あぁ、いい曲だなぁ」としみじみ思います。春になると聞きたくなります。今、年中の我が子もたくさん幼稚園で思い出を作って、再来年の卒園式で歌うのかな。。私は号泣するだろうな。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61RyuIjOyTL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12899278%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F12899278%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B00MO6WDN0?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00MO6WDN0"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Ffelista%2F00001255833.html"}], こちらもまた、卒園ソングとしては定番中の定番ですね。子ども達が今までお世話になった幼稚園や保育園のもの、たくさんの人、みんなに感謝とお別れができる素敵な曲です。「ありがとう」と「さようなら」は子どもでも分かりやすい言葉なので、感謝の気持ちをしっかり込めて歌うことができますね。, まだ何も分からない幼い頃から通い始める幼稚園や保育園。そんな中で心も身体も大きく成長し小学生になっていく…そんな子どもの成長を感慨深く噛み締めることのできる一曲です。, [{"key":"アーティスト","value":"中井貴一、吉田直子"},{"key":"リリース","value":"1985年"},{"key":"ジャンル","value":"みんなのうた"}], ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51B8V6YDYYL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmifsoft%2Fowcr-1012%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmifsoft%2Fowcr-1012%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B000CSUW4O?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B000CSUW4O"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fdss%2Fowcr-1012.html"}], 元々はNHKの「生きもの地球紀行」のエンディングテーマとして使用されていたこちらの曲。後に合唱曲として編曲され、今では卒業シーズンでは欠かすことのできない大定番となりました。, 「たとえば君が傷ついて、くじけそうになった時は…」と始まる「BELIEVE」は、大切な人への想いが伝わる優しさ溢れる一曲となっています。園児には少し難しい内容かもしれませんが、「一生懸命歌う姿がなんとも可愛らしく成長を感じられた」と、保護者からの人気も高いです。, [{"key":"アーティスト","value":"井上あずみ"},{"key":"リリース","value":"1998年"},{"key":"ジャンル","value":"合唱"}], 最初に、娘が学校で合唱しているのを聞いて、鳥肌が立ちました。優しい詩、心が澄んでいくようなメロディー・・・子ども達に忘れて欲しくない歌だなと思い、購入しました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/51CRxc98XgL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsurprise-2%2Faznkicg-571%2F&m=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsurprise-2%2Faznkicg-571%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B076KXRMC8?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-baby-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B076KXRMC8 https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51CRxc98XgL.jpg"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fhakucho%2F4117101634.html"}], 最近、卒園ソングとして非常に人気を集めているのが、元保育士が作った「えがおでありがとう」です。子どもを一番側で見守ってきた先生が作った曲とあって、とても共感できる歌詞が多く、園児・保育士・保護者のそれぞれの立場から感情移入できる素敵な曲です。, こちらは、子ども達が歌った後に先生達が歌うパートがあり、その部分がとても感動的だと話題になりました。大好きな先生が涙を流しながら歌ってくれる姿はきっと、子ども達の心にずっと刻まれていくことでしょう。, [{"key":"アーティスト","value":"えびな少年少女合唱団"},{"key":"リリース","value":"2016年"},{"key":"ジャンル","value":"合唱"}], なかなか音源が見つからなかった「ありがとう」が入っていて、満足でした。早速使っています。, ここまで、おすすめの人気卒園ソングをご紹介してきましたが、名曲揃いで何を選べば良いのか迷ってしまいますよね。ここからは、卒園ソングの選び方についてお伝えします。思い描くイメージにぴったりな卒園ソングを探してみてくださいね。, メッセージ性の強いものが多い卒園ソングは、「誰か」に向けて歌うといったものがほとんどです。先生や親、友達など「誰に向けて歌うか」を基準に選ぶと方向性が掴みやすくなりますよ。, 幼稚園や保育園では、卒園式に歌う歌は大体先生が選ぶことが多いでしょう。先生本人が先生に向けて歌う曲を選ぶことは少ないかもしれませんが、謝恩会やお別れ会などでは保護者が歌を決めることが多いため、先生への感謝の気持ちを込めた卒園ソングがたくさん選ばれています。, また、卒園ソングには幼稚園や保育園の一部として先生が登場する歌詞も多いため、先生への感謝が伝わる曲も多く選ばれていますよ。さらに、「えがおでありがとう」は先生から子ども達に向けて歌うパートがある珍しいタイプの卒園ソングとなっていますが、そちらも「感動する」との声が多く寄せられていておすすめです。, 卒園という節目の日に、今まで育ててくれたお父さん・お母さんに感謝の気持ちを込めて歌う曲も、卒園ソングとして人気があります。色々なことが分かりはじめる5~6歳にとって、なかなか面と向かって「ありがとう」と言うのは気恥ずかしいものがあるのかもしれません。そんな気持ちを歌に込めて両親へ伝えることができたら、卒園式は感動に包まれるでしょう。, 「よろこびのうた」は、園児と保護者、先生が掛け合いながら歌うタイプの卒園ソングとなっていますので、そちらもおすすめですよ。, 多くのことを共有し、一緒に大きくなった友だちに向けて歌う歌も、卒園ソングとしては大定番ですね。卒園してみんなバラバラの小学校に進学する子ども達にとって、友だちとの別れはとても寂しいものだと思います。, そんな「寂しい別れの気持ちを笑顔に変える」歌や、「離れてもずっと友だち」というメッセージが込められた曲など、卒園ソングには子ども達に大切なことを気付かせてくれるメッセージ性の強いものがとても多いですよ。, 卒園ソングには、心に響く魅力的な歌詞のものがたくさんあります。「どのようなことを伝えたいか」という点で選ぶと、卒園ソングも選びやすくなりますよ。, たくさんの人に「ありがとう」という気持ちでいっぱいになる卒園式。そんな気持ちをストレートに伝える歌詞のものは、子ども達にも分かりやすく感情を込めて歌うことができます。「ありがとう」の気持ちを伝える卒園ソングは、日本中の幼稚園や保育園で選ばれています。, 練習で何度も歌うことで、きちんと意味を理解しながら「ありがとう」という言葉の大切さも考えられるようになりますよ。, 今までの幼稚園・保育園生活を振り返りながら思い出に浸れる曲も、卒園ソングの中では人気が高いです。「幼稚園や保育園が大切な場所」だということを子ども達に気付かせてくれますよ。子ども達だけでなく、先生や親達も歌を聴きながら一緒に思い出を振り返ることができる感動的な卒園式になるでしょう。, 今回ご紹介した中でも、「こころのねっこ」「ありがとうでおわかれ」「思い出のアルバム」「ありがとうさようなら」「さよならぼくたちのようちえん・ほいくえん」など、こんなにたくさん思い出を振り返る曲がランクインしていました。, 卒園は、小学生への第一歩!新しい生活に胸を躍らせている子も多いのではないでしょうか。この時期にしか分からないドキドキやワクワクを表現した曲も、卒園式にはおすすめですよ。, 卒園ソングの中には「もうすぐ一年生」という歌詞が出てくるものも多いので、お兄ちゃん・お姉ちゃんの顔付きになっている子どもの成長した姿を見ることができる卒園式になりそうですね。, 5~6歳では、まだ難しい言葉やメロディーを理解しきれないこともあると思います。歌詞の分かりやすさや歌いやすいメロディーなど、子ども達にとって練習がしやすい曲を選ぶことも大切です。, また、もし少し背伸びをして難しい曲に挑戦したい場合も、頑張る子ども達の成長した姿が見られるかもしれませんね。, まだまだ元気いっぱいな年頃の子ども達。リズムが分かりやすくテンポ良く歌える曲は、子どもも楽しんで覚えてくれるのでおすすめです。, 身体を動かしたり、少し振り付けなんかもあると、より一層楽しく歌ってくれますよ。「あしたも ともだち」「ね」「みんなともだち」などがアップテンポでおすすめの卒園ソングです。, 「お兄さん・お姉さんに成長した姿を見せたい」と少し背伸びをしてバラードを選ぶ場合は、歌詞の理解からはじめることをおすすめします。難しい歌詞があれば補足として説明を加えると感情を込めやすくて良いかもしれませんね。, バラードには、メッセージ性の強いものが多いので、子どもも大人も感動必至の卒園式になるのではないでしょうか。, 卒園ソングには、親世代からずっと歌われ続けている定番の名曲から、最近になって話題となったものまでたくさんあります。安定感のある卒園式にしたい場合は定番曲を、新しい風を吹き込みたい場合は新しい曲を選ぶと良いでしょう。, 新旧どちらにしても名曲揃いなので、どれを選んでも失敗することはありません。卒園式の雰囲気に合わせたものを選ぶことをおすすめします。, 卒園式は、子どもだけでなく親にとっても一大イベントです。親子で感動できる曲選びをすることが、思い出に残る卒園式になる秘訣ではないでしょうか。今回のランキングを参考に、ぜひ思い出いっぱいの卒園式にしてくださいね。, ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2019年12月12日)やレビューをもとに作成しております。.

虹ヶ咲 コール 曲 41, ゆで卵 醤油 漬け 時短 9, パスワード 桁数 推奨 4, ハクセキレイ 鳴き声 意味 6, 仮面 ライダー 映画 Mp4 10, Aquos リモコン反応 遅い 6, Nec ネッツ エスアイ 株価 掲示板 15, Youtube かくし芸 大会 22, ジョジョ 海外人気 理由 13, 服好き 男 ブログ 4, 盛岡中央 サッカー メンバー 5, Determine Judge 違い 5, Chromeリモートデスクトップ フォルダ 転送 8, メタルギア サニー 結婚 11, 蝶の眠り 中山美穂 衣装 55, Ark 金属 破壊 恐竜 4, 海獣の子供 あらすじ ネタバレなし 5, 日本 財閥 現在 8, 朝鮮王朝 女性 髪型 9, 152mm 自 走 榴弾砲 6, ポケモン クリスタル ルギア 色違い 14, ソン ジェリム 私たち結婚しました 5, マイクラ 焚き火 温泉 17, 日 向坂 3rd ライブ 6, Rsp Saki インスタ 7, Sc軽井沢 カーリング メンバー 6, Directx 11 12 共存 29, 福山 岡山 通勤 5, 踊る大捜査線 映画 2 犯人 5, Around40 ドラマ 北川景子 49, アントニオ 愛称 イタリア 20, ニューオータニ テイクアウト 福岡 4, モーター 結線 6本 6, 岡山 市 過去 天気 7月 14, リックジー フリースタイルダンジョン 動画 4, 岩間恵 友永真也 目撃情報 17, ナルト 主題歌 Go 歌詞 18, アラブ 香水 日本 17, 高輪ゲートウェイ 芝浦側 出口 12, ユピテル ドラレコ Q20 7, ヴィジランテ 相澤 消 太 11, ゆうパック 楽器 キーボード 7, デイズ 漫画 無料 8, 北海道 高校野球 弱い 13, ジャニーズwest ラジオ 藤井流星 22, 小学生 怖い話 本 おすすめ 33, アジア人 若く見える なぜ 11, ルイガンズ プール 子供 16, ヒトリゴト Mp3 Download 12, リーディング リスト バレる 17, 富嶽百景 段落 分け 7, ゴッドイーター3 主人公 名前 5, ルパン三世 グッバイ パートナー Kissanime 10, オンライン飲み会 スマホ 置き方 18, アナグラム 例 小学生 56,