はたらく細胞(第1話『肺炎球菌』)のあらすじと感想・考察まとめ. 今回は「はたらく細胞」第5話『スギ花粉アレルギー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。, 『いつまでも半人前じゃ、足手まといになってしまう。迷わず最後まで一人で、この循環器を一周してみせる!』そんな熱い思いを持った方向音痴の赤血球を、ひそかにサポートする心配性の白血球。ふたりは、下大静脈から心臓へ行き、次に肺へと向かわなければならない。キラーT細胞は、免疫細胞が他の細胞や血球たちと仲良くすることに、なぜか不満のようだ。 !”, 「はたらく細胞BLACK」2021年1月TVアニメ化!赤血球役は榎木淳弥、白血球役に日笠陽子, https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002496.000016356.html, 『バイリンガル版デラックス はたらく細胞 1 CELLS AT WORK!』(清水 茜,タナカ ヤマト)|講談社BOOK倶楽部, 『よくわかる! 「はたらく細胞」 細胞の教科書』(清水 茜,講談社)|講談社コミックプラス, 細胞を擬人化「はたらく細胞」今夏TVアニメ化、監督は「ジョジョ」の鈴木健一(コメントあり / 動画あり), 『はたらく細胞』TVアニメ新作エピソード「風邪症候群」が制作決定! 放送は2018年12月26日(水)に, はたらく細胞:テレビアニメ第2期が2021年1月スタート 特別上映版「最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!」も, https://natalie.mu/comic/pp/hatarakusaibou02/, https://gigazine.net/news/20181007-hataraku-saibou-machiasobi21/, http://www.standby-media.jp/case-file/173841, “TVアニメ「はたらく細胞」の「がん細胞」回、癌研究者が絶賛「研究者目線でも、とても正確」”, https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0820/blnews_180820_9558371852.html, “アニメ「はたらく細胞」中国でも大人気! コア層だけでなく一般層にまで支持されたワケは?”, https://animeanime.jp/article/2018/10/10/40689.html, ““ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙 2018 夏”人気ナンバー1アニメは『はたらく細胞』、キャラクターは“血小板”に決定!”, https://www.famitsu.com/news/201810/15165862.html, 【イベントレポート】「はたらく祭典」大盛況!花澤香菜らが各細胞の衣装でみんなを活性化, TVアニメ『はたらく細胞』x『クラッシュフィーバー』コラボを2019年4月12日に開催! ~TVアニメ『はたらく細胞』のキャラクターがクラッシュフィーバーの世界に登場!~, 「はたらく細胞」が東急ハンズ&ヴィレッジヴァンガードとダブルコラボ 限定グッズ発売, 免疫力を高める「乳酸菌 L-137」と「はたらく細胞」が「風邪対策」啓発マンガを公開 風邪をひいたとき体のなかでは何が起きているのか!?免疫細胞が風邪ウィルスを克服するまでを、マンガで分かりやすく解説!, “11月は「薬剤耐性(AMR)対策推進月間」 薬剤耐性(AMR)対策に関するさまざまな啓発活動を行います”, ポカリスエットweb movie|はたらく細胞第11.5話熱中症~もしもポカリスエットがあったら~, ポカリスエットweb movie|帰ってきた!はたらく細胞第11.5話熱中症~もしもポカリスエットがあったら~, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=はたらく細胞&oldid=80375918, 清水茜 『はたらく細胞』講談社〈シリウスKC〉、既刊5巻(2017年8月9日現在), 清水茜&シリウス編集部・講談社 『はたらく細胞 公式コミックガイド』 2018年7月6日発売, 清水茜、訳:タナカヤマト 『バイリンガル版デラックス はたらく細胞 CELLS AT WORK!』講談社〈KODANSHA BILINGUAL COMICS〉、既刊1巻(2019年10月18日現在), アンサンブル - 阿瀬川健太(第1弾)、松本城太郎(第1弾)、菅野慶太、福田圭祐、来夢(第1弾)、髙久健太、高橋凌、網代将悟、栗本佳那子、松田祐里佳、田中里奈、柿の葉なら.

彼らは働く、24時間365日休みなく!

『はたらく細胞』(はたらくさいぼう、英題:Cells at Work!)は、清水茜による日本の漫画。『月刊少年シリウス』(講談社)にて、2015年3月号より連載中。, メディアミックスとして、原作者監修による複数のスピンオフ漫画が講談社各誌で連載されているほか、2018年からはアニメが制作されている。, 清水茜のデビュー作。2014年に行われた第27回少年シリウス新人賞の大賞を受賞した読切作品『細胞の話』を連載化したもの。2016年宝島社『このマンガがすごい』7位。2020年8月時点で、シリーズ累計発行部数は450万部を突破している[1]。, とある「人」の体内で年中無休で働いている数十兆個もの細胞(主に免疫系の諸細胞が中心)を擬人化した物語。1、2話完結型のストーリーで、新米の赤血球「AE3803」や白血球「U-1146」などを中心に、群集劇の形で細胞たちの日常を描いている。, 最初から連載化を目標に創られた作品ではなく、商業とは無関係の読切作品が出版社の編集者の目に留まって連載化したものである。, 作者の清水が日本マンガ塾在学中、当時高校生の妹から「細胞について覚えたいので読み切り漫画を1本描いて」と細胞を擬人化したキャラクターのイラストを提示されたのがきっかけと言う[2][3]。折しも卒業制作のテーマを探していた清水は、この案を基に卒業制作として『細胞の話』を描き、審査にあたった各出版社の編集者からも好評を得て「少年シリウス新人賞」への応募を勧められたとのこと。その後、上記のように大賞を受賞し、連載化まで至った。, 元々作者本人は医療系に関わりが全くなかったため、細胞などの知識は高校生程度のものしか持っておらず[3]、話を考える際はまず身体の機能を本などで調べ、それを題材に担当編集と打ち合わせしてストーリーの構成を決めている[2]。打ち合わせの際は、話のプロットを1ページ漫画形式にして用意している[2]。このやり方は本作から始めたものであり、言葉だけでは自分の意見をすべて伝えることが難しいと判断したためである[4]。題材の選択はまず登場させる細胞を決めてから、その細胞に相対する菌や病気などを決定する順序を取っている[3]。, 登場キャラクターの擬人化は、細胞は人間化、病原体などはモンスター化・怪人化して描かれている。実際の細胞の姿を基に擬人化を行う場合(例として赤血球の帽子は実際の赤血球の形を模している[2])もあれば、音の響きなどからインスピレーションを得ることもあり、例えばステロイドは名前からアンドロイドを連想したためロボットとなった[5]。なお、赤血球や白血球などは妹が描いたキャラ設定を基にしている[3]。, キャラクターは全て細胞名・細菌名で統一されているため、基本的に個体ごとの固有の名前はない。他の細胞を呼ぶときは細胞名を使うが、同種の細胞間で呼び合うときは二人称を用いるか、白血球の場合は個体識別番号(赤血球にも存在するが作中ではほぼ使われない)、赤血球やキラーT細胞などの場合は先輩・後輩・班長などの肩書を用いる。血小板は互いにニックネームをつけている。, 「自分の身体かもしれない」と思って読んでもらうほうが読者も楽しめそうということで、細胞たちの宿主たる人間自身については描かない方針で、年齢や性別を特定し得る病気もなるべく登場させないようにしている[2]。, 2018年7月下旬には、連日の猛暑で熱中症が社会問題となっていることを受け、正しい知識を啓発するために編集部が第6話「熱中症」を特別に全ページ無料で公開している。編集部が作者およびアニメの制作委員会に事前に確認を取ったところ、どちらも快諾している。これと同時期にアニメがポカリスエットとコラボレーションして熱中症回の番外編を公開している(#コラボレーションを参照)。, 2019年10月下旬からは乾癬パートナーズとコラボして、乾癬パートナーズウェブサイト、honto、および池袋駅構内広告スペースにて「はたらく細胞 乾癬編」が公開された(2020年10月現在はいずれも終了)。, 劇中では、体内の細胞がもつ様々な機能が職業や技能として表現されており、個々の細胞はその職種に所属する人物として描写されている。同種の細胞でも外見や性格は違い、特に赤血球と好中球には個別の識別番号も存在する。登場キャラクターとして明確に区別されている個体についても個別に記述する。「声」はテレビアニメ版における担当声優。, 劇中の免疫系は指令系統を持つ防衛組織として描写されている。好中球などの自然免疫が初動対処を行い、しばらく経った後に抗原提示細胞であるマクロファージや樹状細胞が病原体の抗原情報をヘルパーT細胞へ伝達し、ヘルパーT細胞の指示によってリンパ球が駆除活動を始めるという、実際の免疫系の働きを模した構成になっている。, キラーT細胞・単球・マクロファージは複数個体のチームで登場することが多いが、それ以外の免疫細胞はほとんどの場合単体で登場しており、主要キャラクター以外の個体が登場することは稀である。, 以下の中には、アニメのエンディングクレジットで細胞の種類が明かされたものも存在する。, タイトルは『細胞の話』。制作背景で述べた通り、日本マンガ塾の卒業制作として描かれ、「少年シリウス新人賞」への応募したもの。, とある人間の腎臓においてがん細胞が出現するが、免疫細胞たちは喧嘩とそれに伴うストライキを起こしており、まともな対応がとられていなかった。そんな折、腎臓への酸素運搬の仕事を抱える主人公の新米赤血球は、たまたま知り合った白血球(好中球)とともに腎臓に向かう。, 腎臓において、白血球・キラーT細胞・NK細胞の3名が戦いを挑むも、がん細胞はいつものものよりも手強く、さらにキラーTとNKの連携が壊滅的に悪いため、なかなか退治できずにいた。そんな窮地を知りながらも救援に行こうとしない他の免疫細胞たちに業を煮やした赤血球は、彼らを強引に戦場まで連れ出し、協力し合うべきだと主張する。そして、赤血球の説得に折れて一時休戦し、連携を取り戻した免疫細胞たちにより、がん細胞は駆除される。, 平和が戻ったものの、この仕事の完了により白血球は寿命を迎え、分解されて新しい血球として生まれ変わることになり、赤血球は再会を約束して彼と別れる。後日、かつての白血球と似た姿の白血球と出会った赤血球は、彼と一緒に仕事へと向かう。, 単行本第5巻(第25話)時点において、ネフロン以外のキャラクターは本編でもやや形を変えて登場する。, 世界観(舞台となる身体)は一部を除いて作品ごとにバラバラであり、メタ的な形以外で互いの作品(本編を含む)のキャラクターが共演することは無い。身体自体が別であることから細胞たちを取り巻く環境も全く異なり、連載誌ごとにターゲットとなる年齢・性別も違うため、描くテーマや作風も大きく異なっている。細胞知識解説の度合いも作品によりけりで、細胞たちが宿主の存在をどの程度認識しているかも異なる。, 本稿で解説するキャラクターは基本的に“キャラクター”としての内容を記載。本編未登場の種族に関しては本編節同様現実の細胞についても簡易的に解説している。, 『なかよし』2017年5月号から2020年8月号まで連載。漫画担当は吉田はるゆき。, こちらは体内の細菌を擬人化している。いわゆる悪玉菌から善玉菌まで様々な細菌を有害無害問わず扱う。, 舞台はとある女子高生の体内。初期は主に腸内細菌の陣取り合戦が描かれていたが、次第に口内や皮膚の表面などを舞台としたストーリーも描かれるようになる。他作品に比べると宿主の日頃の行動(食べる物や体の手入れなど)がダイレクトに物語に影響しており、掲載誌の趣向で美容に関連する話題も取り扱う。, 本編以上に群像劇のスタイルを取っており、主に腸内を舞台としたビフィダム菌(善玉菌)とウェルシュ菌(悪玉菌)、皮膚表面を舞台とした表皮ブドウ球菌(善玉菌)と黄色ブドウ球菌(悪玉菌)の活動に、回ごとの宿主の行動やゲストとなる細菌が関わってくるというストーリーが多いが、それらと全く無関係の細菌の話が描かれることもある。悪玉菌だからといって悪役やダークヒーローとして描かれるわけではなく、その回ごとの主役を正義として描いている(あくまでその細菌の正義であって宿主には迷惑となることも多い)。, 本編とは異なり、細菌は人間に近い容姿で描かれている。細胞も本編同様に擬人化されて登場するが、頻度は多くない。, 赤血球の分化前に当たる「赤芽球」を主軸としている。とある人の骨髄の中を舞台とし、何かと理由を付けて赤血球になろうとせず働かない赤芽球の問題児5人組と彼らを何とか赤血球にしようとする先生のマクロファージを中心とした騒動を描いている。, 『はたらく細胞』本編のアニメ化の際には、本作のキャラクターがアニメ制作現場を紹介するレポート漫画『はたらけ!アニメ化見学』が、同じく『月刊少年シリウス』において短期連載された。「働かないならせめて役に立て」とマクロファージ先生に体外へ引っ張り出された赤芽球の5人がレポート作成のためアニメ制作現場を見学するというもの。脚本打ち合わせから、都内の編集スタジオでのカッティング、多摩地区にある「デイヴィッドプロダクション」での作画、アフレコ現場などを見学。最終回は、5人の「まだ余裕でレポートできる」発言を「アニプレックス」の取材同行スタッフに録音され、いくらでも続編が作れるような終わり方になっている。, 『モーニング』2018年27号から36・37合併号まで第1部(第1話 - 第10話、単行本2巻まで)が連載され、同年45号から2020年35号まで主に隔号で第2部(第11話 - 第41話)が連載されている(『はたらく細胞BABY』開始後は『BLACK』と『BABY』のどちらか一方が掲載される)。原田重光(原作)・初嘉屋一生(作画)。, 細胞が働く劣悪な環境(不健康・不摂生な成人男性の体内)をブラック企業に喩え、喫煙・飲酒・ED・円形脱毛症・水虫・淋病・胃潰瘍・狭心症・痛風・心筋梗塞などを取り上げている。本編では稀にしか登場しない薬剤や抗生物質(細胞たちからすればロボット兵器)が対応策として頻繁に投与される。また、いわゆる「外の人」(細胞たちの職場となる体内の人間)の状況についてもある程度言及されている。コミカルな本編や他のスピンオフ作品に比べ、全編を通してシリアスかつ殺伐とした雰囲気、青年漫画ならではの題材と描写が特徴である。, 第1部は心筋梗塞を乗り越えたことを機に宿主の生活が改められ体内環境も改善していき、一応のハッピーエンドを迎える。第2部では、第1部とは別の世界(体)に(輸血によって)舞台を移す形式を取る。それにより同細胞だが別の性格のキャラクターが登場するほか、第1部の宿主とは別の健康問題を取り扱う。, 2020年1月4日、公式ツイッターにてPVアニメが公開された[41]。同年4月16日にはTVアニメ化の決定が告知された[42]。2021年1月放送予定。, デザイン自体は本編と共通。作風に合わせて細菌などは同じデザインながらも陰影のつけ方やセリフのフォントなどでよりモンスター然として描かれている。また、本編と異なり、白血球(好中球)は女性個体が登場し、逆に男性個体は見られない。赤血球も2020年現在、特別編を除けば登場しているのは男性個体のみとなっている。, 『別冊フレンド』2019年2月号から連載開始。黒野カンナ(原作)・和泉みお(作画)。, 内心では友達が欲しいが、他の細胞とうまく馴染むことができず苦悩するとあるキラーT細胞を主軸に、それらの日常生活を描く。, 髪が一束はねた赤血球や右目が隠れた好中球、筋骨隆々なナイーブT細胞など本編と類似している登場キャラクターが多いが、識別番号等が異なりあくまでも別キャラクターである。, 『月刊少年シリウス』2019年7月号より連載開始。 ヤス(漫画・漫画原作)・柿原優子(原作)。, 血小板たちの活動を主軸とした日常系4コマ漫画。2020年10月現在のスピンオフ作品では唯一本編と同一のキャラクターが登場する作品となっている。本編と異なり、各個体に名前がついている。, 『モーニング』2019年46号より連載開始。『はたらく細胞BLACK』と入れ替わりで掲載されている。漫画担当は福田泰宏。, 物語は妊娠40週目の出産間近の胎児の身体の中から始まり、第3話からは乳幼児の身体を舞台として、右も左もわからないの細胞たちがてんやわんや状態で働いている。, 出産前に登場する母親の細胞などを除けば、登場する細胞キャラクターの多くは生まれたてであるため、4頭身のデフォルメで描かれている。, 『モーニング・ツー』2020年3号より連載開始。原田重光(原作)、乙川灯(作画)。女性の健康問題を扱っている。, 第1期は2018年7月8日から9月30日まで放送された[88]。同年12月27日には新作特別編「風邪症候群」が放送された[90]。, 第2期『はたらく細胞!



ギターソロ 名曲 Tab 4, いかがお過ごしでしょうか 返信 コロナ 23, ガリガリ 服 女 6, 日 商 プログラミング検定 問題 17, 水の森 大阪 脂肪吸引 14, Teams Chatwork 連携 5, 蚊 種類 写真 21, 唐 田 えりか 嫌 われ 12, Ots 89式 フル カスタム 27, レペゼン 脇 目撃 15, 平井堅 父親 写真 4, 小学生 怖い話 本 おすすめ 33, 富川悠太 自宅 場所 43, ギター 速弾き 入門 曲 14, 丹沢湖 星空 駐車場 56, 塩釜 尾島町 スナック 7, ロドリゴ 久保 どっち 4, スカッと いい話 : 鬼女 16, Dqmsl パワーアップ シュミレーター 23, サンダーマン 動画 日本語 19, ウィッチャー3 Mod 導入 13, 彰 ギター 上手い 18, Tiktok 中村倫也 着物 4, 関ジャニ∞ 錦戸 フライデー 4, Netflix 字幕 勝手に 13, プロ野球 実況 5ch スレッド一覧 21, ブンブンサテライツ 歌詞 和訳 39, ヒーリングっとプリキュア ネタバレ 4人目 18, Pubg 索敵 設定 7, アメリカ 整形 女優 4, 倖田來未 ボディ メイク 5,