1 田宮二郎版1978年『白い巨塔』の魅力とは? 1.1 『白い巨塔』は田宮二郎の魅力がすべて; 1.2 『白い巨塔』田宮二郎のテーマは「愛」 2 白い巨塔 (1978年のテレビドラマ) キャストが凄い! 2.1 白い巨塔 田宮 二郎 キャスト①地のままの演技をする太地喜和子

その後、この名コンビは再び田宮さんが貞の弟・清次という役でシリーズに復帰し、全16作品も作られた人気シリーズとなりました。こうして芝居の手ごたえを感じ、役者人生が軌道に乗り始めた頃、田宮さんは人生を大きく変える、ある作品と出会うこととなります。1966年に製作された映画版「白い巨塔」。傾倒する山崎豊子原作の作品でした。そう、田宮さんは、ドラマが始まる12年前に財前五郎を一度演じていたのです。

「やっぱり最初の頃は堅いし。やっぱり無理あるし。やっぱり演じよう演じようとしてましたからね。だから、私は「芝居をしなさんな」って言ったんですよ。「一切芝居をする必要は無い」と。「その主人公がそこにいればそれでいい」って言ったんですよ。「その本人自身だから嘘が無い」って言ったんですよ。ところが役を演じよう演じようとすると、どんなに上手いことやってもしゃらくさいしね、鼻に付くって言ったんですよ。技巧ばかり目に付く。そんなのはもう舞台ではいいけども映画とかそういうものでは一切ダメよって。」 鬼沢慶一さん 美輪明宏さん 「白い巨塔」といえば、田宮さんが傾倒していた山崎豊子作品。当時、田宮さんの年齢は42歳。劇中の財前五郎は43歳。これ以上のタイミングは考えられませんでした。こうして、山崎豊子さんの許諾を得て、ドラマ化が決定されました。しかも原作は完結しており、財前五朗の最後まで描かれる完全な「白い巨塔」。田宮さんはこのドラマに役者人生の全てを捧げました。

中村玉緒さん 中村玉緒さん

「主人が「悪名」の時は何も言わなかったんだけど。その財前五郎って言うのが死ぬ時に「あの演技はすごい、と。あの田宮は恐ろしい。 玉緒あの演技はすごいよ」初めて田宮さんを褒めたんです。」

そんな中、時代は大きく変わり始めていました。日本映画界が斜陽化し、テレビ全盛の時代へと突入していったのです。すると、田宮さんにある仕事が舞い込みました。「クイズ・タイムショック」の司会者です。田宮さんは、最高視聴率29%を記録した、この番組の初代司会者を約9年間務めました。

美輪明宏さん 「突然電話かかってきて「今日クランク・インだ」って。とにかく部屋へ来てくれっていうんで行きました。部屋行ってばっと座るなり、いきなりぽろぽろぽろって涙こぼして、「山本薩夫監督を俺は恨むし、憎むし、許せねえ」って怒鳴るんですよ。「主人公は財界の御曹司で、鉄平と言ってね。猟銃が大好きな男なんだよ。最後にその男は猟銃を胸に当てて足の親指で引き金を引いて死んでいくんだよ。あれは俺の役だよ!」って怒鳴ってましたね。ありゃあもう、異常なほどだった。これだけは俺の役だ、つって泣いてたね。」

鬼澤慶一さん

「食事するんだって、かなり意識して食事するからね。「お前くたびれねえか」ってな話をしたことあるんだけど。箸ひとつ動かすにしても、彼はきちんともう、何て言うのかな、「俺は俳優なんだ、みんなから見られてるんだ」っていう意識は持ってたね。」 「とにかく、主人とは違った形のこうなる(のめりこむ)人ですね。一本の映画にこうなる方です。普通ね。俳優さんは2つあるわけなんですよね。ずーっと同じ俳優さんと、普段三枚目の俳優さんがガラっと2枚目に変わる…。田宮さんて言うのは、いつでも同じでしたね。どっから芝居が始まって、どっから俳優さんになるのか。「おはようございます」って言う時から「田宮二郎」さんでしたね。」 黒のシリーズに見る 田宮二郎の魅力 こんばんは。今年も残すところあと一日。 どんな年末をお過ごしですか?? クリスマスを過ぎてバタバタ。。。パソコンに久…



田宮さんは諦めませんでした。いつか映画俳優としてカムバックする為、夫人を社長に個人プロダクションを設立。だが、舞い込んできた仕事は慣れない地方回り。キャバレーでの営業や舞台の司会…。田宮さんは弱音を吐かず、何でもこなしました。



「田宮くんもやっぱり「分かりました」っていうことで、それを立派に受けてたちましたからね。でも、それからの田宮くんの苦労ってのは、そら大変でしたよ。」

田宮二郎さんは、もともと大映の大部屋の俳優で、どれだけ映画が当たっても”格”が認められず、妻になる藤由紀子さんのギャラが1本25万円の時、田宮さんのギャラは1本10万円と、途中、大映から松竹へ移籍した奥さんの方が、ギャラが高かったそうです。 1935年8月25日。この世に生を受けた田宮二郎(本名・柴田吾郎)さん。誕生して4日目に父親が亡くなり、母子3人で祖父の家に引き取られました。6歳の時に、第二次世界大戦が開戦。そして、戦後まもなく今度は母親が急死。一気に財産を亡くし、つつましい生活を余儀なくされる中、幼い頃からアメリカ進駐軍の英語を身近に感じ、自然と英語が堪能になっていた田宮少年は、将来外交官になる事を夢見ていました。そんな彼に人生の転機となる出来事が訪れます。1955年、学習院大学に入学した田宮さん。敗戦による荒廃や混乱が落ち着き、日本経済が飛躍的な成長を見せ始めたこの時代は、映画全盛の時代でもありました。その丹精なルックスゆえ、周りの人々から「俳優に向いている」とよく言われ、外交官を目指していた彼の目も、いつしか芸能界へと向かっていったのです。その頃の田宮さんにいち早く注目していた人物が各界の著名人、文豪達がこぞって足を運んだ銀座のシャンソン喫茶『銀巴里』で活躍していた美輪明宏さんです。 美輪明宏さん



柴田光太郎さん 中村玉緒さん そして、財前が癌で倒れるシーンに臨む際、田宮さんは撮影3日前から、一切の食事を摂りませんでした。スタッフが声をかけると「癌患者が元気ではいけません」と答えたそうです。 1978年12月に猟銃自殺した俳優田宮二郎さん(享年43)の妻・柴田幸子さんが、没後40年を経て初めて明かした真実「田宮二郎の真相」(著者石田伸也、青志社、1400円)が9日に出版される。, 同書では田宮さんが「M資金」と言われた架空詐欺にのめり込み、自身で億単位の製作費を注ぎ込んだ主演映画が不振だったことで、莫大(ばくだい)な負債を抱えた姿が赤裸々につづられている。, さらに、当時、幸子さんが田宮さんとの関係が取り沙汰されていた女優・山本陽子(76)とテレビ局で対峙(たいじ)したエピソードも紹介している。晩年の田宮さんは金と愛とで精神が不安定な状態に陥っていく。, 幸子さんは「田宮との思い出は今も色あせることなくよみがえります。思い出すことはつらいことでしたが、真相をお話しする機会を与えていただきましたことをありがたく思っております」と語っている。, 引用元: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000002-spnannex-ent. ©Copyright2020 Personal Gimmick.All Rights Reserved. こうして徐々に名前を知られていくのと同時に、芝居の懐が広くなっていった田宮さんは、ついに映画初主演の座を掴みました。その作品が、1959年23歳の時に出演した「私の選んだ人」。父と娘の心温まる愛情を描いた作品で、娘の結婚相手である青年を演じ、脚光を浴びたのです。その後、山崎豊子原作の映画「女の勲章」では、早くも、自身初となる当たり役をつかみました。ファッション界を舞台に、女性を踏み台にしてのし上がっていく男・銀四郎を好演し高い評価を得たのです。この時、田宮さんの役者としての才能にいち早く注目したのが、戦後の日本で数々の名作に提言を残してきた映画評論家・淀川長治さん。「この女たちを次々に食っていく銀四郎を田宮二郎は早い関西弁で、見事に肉付けした。努力賞を呈したい日本映画の名調子である」。 「「朝吉・貞」って言う関係は撮影が終わってからもそうだったんです。もう、朝から晩まで家でずーっと主人のそばにいらっしゃいました。あんな俳優さんはいるの?だって、撮影終わったら帰って寝たいし、食事も自分でしたいし、または暇な時は掃除も自分でしたいし、ゴロッとしたいのに…。これはもう、主人も田宮さんがいてこそ、悪名というものができたと思うんですね。」

「田宮は俺に言ったよ。「食事してないし大丈夫?」って言ったら「大丈夫、大丈夫、いつものことだから」ってさ、あいつね。やっぱりさ、あの芸にかける魂ってのは凄かったね。普通の人間よりも自分に厳しかったんじゃないかね。」 これをきっかけに大映映画社が新人俳優を養成する「演技研究所」の第十期生として入所しました。外交官を夢見ていた田宮さんが、映画俳優への第一歩を踏み出した瞬間でした。

田宮二郎さんの「白い巨塔」、日本のドラマ界における唯一無二の財産だと思っています。 6 : suz***** : 2018/11/06(火)15:13:25 これは買って読みたいな。

鬼沢慶一さん 「その会場に、「やぁ!」なんつって声をかけてね。知ってる記者がいるからって入ってくるのは、ある意味では失礼なのかもしれないし、でもあいつの場合は嫌味じゃなかったね。」 それから間もなくのこと。田宮さんは『薔薇の木にバラの花咲く』という映画に出演しましたが、大映としてはその作品で、新人女優の浜田ゆう子さんを売り出す方針を立てていました。すると、田宮さんは会見場に現れ、「僕もついでに売ってくれませんか?」と切り出したのです。そして記者会見中、強引に割り込み、なんと取材陣の前で勝手に自己PRを始めてしまったのです。

美輪明宏さん 「よくテレフォン吾郎って言われたぐらいに、テレゴロって言われたぐらいにね。もうそこいらへんに、片っ端から電話するんですよ。」

(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 「瀬戸康史「関西弁より英語のほうがずっと簡単」→ヘンゼルはそのまま続けて欲しい。」, 「潮田玲子、澤穂希さんとの合同誕生会を報告→なんか澤さん、小さくなった感じがする。」, 「白い巨塔」の演技は勿論、素晴らしかったですが、私は、「高原へいらっしゃい」の田宮さんが好きです。舞台となったホテルにも行きました。, その当時の田宮さんと、今、同じ年代に自身がなり、あの田宮さん…というか面川マネージャーのような人でいたいと思っています。, 確か、自宅が神社か墓地を見下ろす場所に建っていて、この自殺は祟りって当時言われてたのを覚えてる。次男だって47歳の若死にだし。, 田宮二郎さんの「白い巨塔」、私は再放送を録画して十数回観ました。命懸けとも思える鬼気迫る名演技、脇を固める充実した顔ぶれ。, 特に真逆の人物設定がお互い憑依したかのような山本學さんとの対決図式、その中にある互いへの強い尊敬と信頼、愛情と友情。すべてが圧巻でした。何度観ても引き込まれてしまう。原作者の山崎豊子さんも納得のドラマ化だったのではないでしょうか。, 唐沢寿明さんと江口洋介さんは実力のある大好きな俳優さん、井上由美子さんも好きな脚本家ですが、あれは「ネオ白い巨塔」、別の作品として楽しみました。, 今度岡田准一さんが現代版をやるそうでそれも楽しみですが、やはり題材だけ同じにした別物と思って観ることにします。, 田宮財前は、今観たらいかにも昭和の古くさいドラマかもしれない…それでも、再放送が観たい。田宮二郎さんの「白い巨塔」、日本のドラマ界における唯一無二の財産だと思っています。, これは買って読みたいな。日本の場合は俳優の自伝とか伝記とかあまり出てないので残念でならない。, 白い巨塔の財前教授は田宮さん以外にできない役だと今でも思う。野望に満ち傲慢さを持つが良心に苛まれたり気弱なところもあり、, 結構複雑な人間性を演じないといけないし、華がないといけないし、知性も必要。すべて持ち合わせているのは田宮二郎くらいだと思う。, 40年前の事を知ってるコメントが多くてビックリ。ヤフコメ民て年寄りばっかなんだな。, 悪名のキザなチンピラ、財前五郎のダークヒーローっぷり、タイムショックのクールなのに人懐っこい司会ぶり 素晴らしい個性のいい役者でした, 死人に口無しぢゃき何を言ってもエエんぢゃw今更小銭でも欲しいんかいのってか田宮痔漏なんて 若者ゎ知らんのぢゃきwww, 「真相」を本にして、金に換えなくたって…。途端に安っぽくなるんだよね。田宮二郎は、あの当時の日本人としては(今でも、かな)奇跡みたいなルックスの良い俳優だったし、押し出しも満点だった。早死にして、残念だった。, 映画人が、スターだった時代の一翼を担う俳優だった。凄惨な自殺だったね。二枚目のまま死にたいのかと思っていたが、結局金だったのですね。, 田宮二郎は妄想の中の初恋の男性でした。学校で、ちょっと似てる先生がいてその先生の授業のときは下敷きに貼った田宮二郎の写真と見比べて心臓がバクンバクンでした。, だから、猟銃自殺したときは、驚くと言うよりあまりにも稀有な人だったのでこれで良かったのかもしれないと思ったほどでした。, それだけ彼は何か普通でない雰囲気の人でしたからね。どうしてあんな魅力的な人間が当時いたのかも不思議ですね。, 8時だよ全員集合にゲスト出演して当時の子供としては驚いたけど今にしてみればお金に困って出演していたのかな?と思う。, 映画のクレジットの順番ですよね。主役級なのに女優さん達の次はおかしいとか、もめたんですよね。海外でも右か左に名前が出る場合揉めることがあるらしいので、, 少し田宮さんが可哀想に思います。映画を干された後に仕方なくテレビのタイムショックの司会とかされてましたけど、, 役者をしたかった田宮さんには同情しますが、素晴らしい司会ぶりでした。インテリでもあったんで、ある時期はプライドがズタズタだった時期もあっただろうと思うと心が痛みます。今は天国で次男と酒でも交わしていたらいいなと思います。, 足の指で散弾銃の引き金を引いてというのを子供ながらに強烈な印象として残っています。, 田宮さんの奥さん、ご主人も息子さんも若いうちに亡くなられて辛い思いをされたでしょうね。, あの事件は衝撃的だった、不謹慎だけど 猟銃口に咥えて引き金ひいての自殺は劇的、、流石役者と感服した 最後まで、役者だった 合掌, 山本陽子との「白いシリーズ」は鮮明に覚えている。シリーズ全ていいドラマだった。遺書は山本陽子にもあったと当時は報道されたけど、彼女は一切沈黙を貫いた。今さら奥さんが真相を語ってイメージを壊してほしくないね。, 個性が売り物の俳優の中でも田宮次郎という人は子供ながらにも別格の人だった気がする。クラス担任の先生や私の叔母もファンだったのでよくおぼえている。, 柴田幸子さんは息子さんの田宮五郎さんにも先立たれている訳ですね。お辛い人生だとは思いますが、良いことも多くあってほしいと思います。, 当時は信じられず・・・訃報を聞いてショック死因を聞いて再びショックすごくすごっくショックでしたあれから40年・・・自分も歳とったって事か・・・, 田宮二郎は、本当に立派な人物を演じきった。それに疲れきってしまったのかもしれない。, やっぱり田宮二郎といったら「クイズタイムショック」。エンディングの「じゃあ」はよく真似したな。, ついでながら、「イエロードッグ」と「3000キロの罠」のBlu-rayを発売して下さい!, 死神に取り憑かれてしまったんですね。残された遺族はさぞかし大変だったと思います。でも、今さら真相だなんだと言われても興味あります?, 結局本当の事は分からないだろうし、きっと亡くなったご本人にも分からないだろうと思いますけどね。ま、未亡人の老後生活の足しになるほど本が売れれば良いけれど…, この記事にコメントしてる人達って何歳ぐらいなんだろう?ちなみに私は30代田宮二郎、全く知りません。笑, 白いシリーズ観て兵隊やくざ観たら、落差が激しく驚きました。背が高くスラーっとしてカッコ良かったのを覚えてます。兵隊やくざ勝新とのコンビ良かった。笑える。, 【高校野球】星稜・奥川にスカウト驚嘆「全てが高校生離れ」→及川はコントロールが悪すぎる, 日本人は「ちっこい」=ブラジル大統領、侮蔑的に言及→素行に問題ある人のようですね。, 大津市 家族に会いに車で…2台衝突、小4死亡4人けが→深夜の移動はスピードが出る場合も多い。, タクシー運転手殺害、逮捕された日本人は23歳の元自衛官→こいつらは日本の汚点です。, 百戦錬磨の綾野剛が「ヤバイ!」を連発→人に優しくなろうって思える素敵なドラマだね。, 真剣に話し合って、妊活あきらめた。LiLiCo、50歳→幸せの在り方って本当に多種多様, ペルー新大統領が辞任 就任から5日、デモ激化→このまま政情不安に突入するのだろうか, 「選挙人」実質廃止の動き 得票総数で勝敗を→日本も比例区をやめて中選挙区に戻すべき。.

Zoom 顔出ししない方法 パソコン 8, Astro ムンビン 復帰 いつ 19, 三井ホーム シュシュ 外構 4, Emily Honebone Wiki 58, Fgo 強化クエスト 11弾 予想 9, イケメン ぼっち ありがち 30, 花江夏樹 鬼滅の刃 アフレコ 5, It's 135 Meters Tall意味 4, 鹿島アントラーズ 背番号 歴代 10, Ayako 双子 アンチ 38, 産後 寝不足 なのに 眠れない 5, 嵐 ドラマ はまり役 6, パチンコ 海物語 最新 動画 9, 豊橋市 保育園 内職 20, 俺ガイル Ss デート 26, プレミアムウォーター チャイルドロック 邪魔 17, 恋 はつづくよ どこまでも 10 話 Dailymotion 10, 奥平邦彦 坂口 果 津 奈 9, 唐田えりか 匂わせ写真 韓国 18, 鬼平犯科帳 久栄 過去 4, 必然 偶然 英語 6, かつ徳 豊平店 ランチメニュー 19, 源 義経 女 5, 重岡 大 毅 裏の顔 19, オリビアニュートンジョン カントリーロード 歌詞 6, 見 間違えやすい 漢字 10, Asmr 生放送 やり方 26,