石井 幹大: 青山学院大学大学院: e-06: ピクトグラミングの自然言語文によるプログラム入力機能の実装: 岸本 和理: 近畿大学: g-07: 仮想マシンを活用したクロスサイトスクリプティングの実践的学習環境の開発: 高木 一宏: 関西学院大学大学院: g-102 Copyright© 砂間功輝,伊藤一成:人型ピクトグラム作成環境「ピクトグラミング」における仮面装着表現の効果とその評価,第14回日本感性工学会春季大会, (2019.03), 永松 礼夫, 西田 知博, 松永 賢次, 山崎 浩二:大学情報入試の必要性と情報入試研究会の活動, 第57回プログラミング•シンポジウム (2016.01.11), 伊藤一成,“プログラミング,何をどう教えているか : Scratchを用いた授業実践報告 ”,情報処理学会誌,Vol.52,No.1,pp.111-113 (2011.01), 伊藤一成,“高等教育機関におけるスマートフォン活用の展望”,視聴覚教育,No.765(2011年7月号),pp.4-5 (2011.07), 伊藤一成,“タブレット教育で教員に求められる役割とは”,教職研修,No.505(2014年9月号),pp.94-95 (2014.09), 監修者 兼宗進・辰己丈夫・中野由章・伊藤一成 著者 吉田葵・佐々木寛:IT・Literacy  Scratch・ドリトル編 日本文教出版,ISBN 978-4-536-60091-0(2016.05), Kazunari Ito (伊藤一成)and 青山学院大学 社会情報学部 伊藤研究室, SVuGy – Exploring the Space between Procedural and Declarative Graphics, SVG Pictograms with Natural Language Based and Semantic Information, Kazunari Ito: Pictogramming – Programming Learning Environment using Human Pictograms -, IEEE Global Engineering Education Conference (EDUCON 2018) , pp.134-141 (2018), Kazunari Ito: Pictogramming—Learning environment using human pictograms based on constructionism, Constructionism 2018 , pp. 林志憲, 伊藤一成, Martin J. Dürst, 橋田浩一: 動画の対話的視聴システムSevinaの実装, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2007)シンポジウム論文集, pp. さて、現在高校生の石井幹大さんですが通われている高校というのは、青山学院高校のようですね!母親の木佐彩子さんと同じということですから、頭も良いのでしょうね(笑) ただ、本当に野球素人ではないのではないでしょうか?小さな頃はキャッチボールの相手がいないほど速い球を投げていたそうですから、どちらかと言うと復帰というような見方となるかもし� (2011.02.20), 増永良文, 石田博之, 伊藤一成, 伊藤守, 清水康司, 荘司慶行, 高橋徹, 千葉正喜, 長田博泰, 福田亘孝, 正村俊之, 矢吹太朗: 集合知アプローチに基づく知の創成支援システムWikiBOKの研究・開発,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム DEIM2011,D2-1 (2011.02.27), 伊藤一成: スマートフォン普及期の到来と大学を取り巻く環境変化 ,情報コミュニケーション学会 第8回研究会(2011.12.08), 増永 良文, 石田 博之, 伊藤 一成 , 伊藤 守, 清水 康司, 荘司 慶行, 高橋 徹, 千葉 正喜, 長田 博泰, 福田 亘孝, 正村 俊之, 森田 武史, 矢吹 太朗 :知の創成支援システムWikiBOKにおける構造化オブジェクトの編集競合解決法, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム DEIM2012,C8-2 , (2012.03.04), 渋谷 俊介, 伊藤 一成, 増永 良文, 矢吹 太朗, 佐久田 博司: 集団の知識構造を抽出する WikiBOK システムの拡張, 第4回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム DEIM2012,C8-2 , (2012.03.04), 渋谷 俊介, 伊藤 一成, 増永 良文, 矢吹 太朗, 佐久田 博司: 学習者主体の モ バイルデバイスを活用した知識の構造化,情報処理学会第74回全国大会, (2012.03.07), 木暮祐一, 伊藤一成, 古川宏, 萓忠義, 小張敬之: スマートフォン普及後の大学生のモバイル端末利用実態 , モバイル学会 シンポジウム「モバイル’12」(2012.03.16), 増永良文, 石田博之, 伊藤一成, 伊藤守, 清水康司, 荘司慶行, 高橋徹, 千葉正喜, 長田博泰, 福田亘孝, 正村俊之, 森田武史, 矢吹太朗: 知識体系(BOK)創成支援システムWikiBOKの研究・開発,第3回ソーシャルコンピューティングシンポジウム SoC2012 (2012.06.23), 伊藤一成:“モバイルネット社会の到来とデジタル教科書に関する一考察”,日本デジタル教科書学会 設立記念大会(2012.08.18), 伊藤一成,新目真紀,阿部和広: 世代や組織を超えた相互学習を促進するためのプログラミング導入教育の実践報告,情報処理学会研究報告 コンピュータと教育 CE116  (2012.10.14), 伊藤一成: 初等中等教育との連携を重視した大学における プログラミング導入教育の実践と今後の展望,情報コミュニケーション学会第10回全国大会CIS2013, 2p. 752-756 (2018.08), Kazunari Ito:   Pictogramming Workshop (Learning Programming Concepts with Pictogram Contents Creation), The proceeding of the 5th IAFOR International Conference on Education – Hawaii (IICE Hawaii 2020) , pp.165-176    (2020.01), Mikihiro Ishii, Kazunari Ito:   Implementation of Input Methods with Natural Language for Pictogramming, The proceeding of the 5th IAFOR International Conference on Education – Hawaii (IICE Hawaii 2020) , pp.177-192    (2020.01), 伊藤一成: 道聴塗説と同調圧力について考えさせるコンテンツGODOUCHO(ご道聴,ご同調), 情報処理学会・コンピュータと教育研究会情報教育シンポジウム SSS2015, (2015.08.18), 伊藤一成:ピクトグラミング – 人型ピクトグラムを用いたプログラミング学習環境 – 情報処理学会 情報教育シンポジウム SSS2017, (2017.08.18), 伊藤一成:ピクトグラミングを用いたデザイン教育とプログラミング教育の融合,日本デザイン学会 第66回研究発表大会, (2019.06.30), 伊藤一成:Picthon(ピクソン)- Pictogrammingを用いたPython言語の学習環境の提案 – , 情報処理学会 情報教育シンポジウム SSS2019, (2019.08.18), 伊藤一成:Picby(ピクビー)- Pictogrammingを用いたRuby言語の学習環境の提案 – , 情報処理学会 Entertainment Computing 2019 EC2019, (2019.09.22), 石井 幹大,伊藤一成:モバイルピクトグラミングへの音声による自然文入力機能の実装 , 情報処理学会 Entertainment Computing 2019 EC2019, (2019.09.21), 神田 剛志,伊藤一成:深層学習を用いたピクトグラム画像における多クラス分類問題とその応用 , 情報処理学会 Entertainment Computing 2019 EC2019, (2019.09.21), 伊藤一成,“大学におけるスマートフォンの活用事例”,情報処理学会誌,Vol.52,No.8,pp.1026-1029 (2011.08), 伊藤一成,“コラム さりげない情報教育のさりげなさ”,情報処理学会誌,Vol.56,No.9,p 897 (2015.08), 森本容介,伊藤一成 ”Webのしくみと応用(’19)”, 放送大学教育振興会,ISBN 978-4595319600 ,(2019.03), 2019-09-23 本研究室所属の修士1年石井幹大さんが2019年度情報処理学会関西支部大会で学生優秀発表賞を受賞しました., 2019-08-18 情報処理学会 情報教育シンポジウム SSS2019において,題目”Picthon(ピクソン)-Pictogrammingを用いたPython言語の学習環境の提案–”で発表し,優秀発表賞を受賞しました., 2019-07-15 情報処理学会学会誌2019年8月号の「2018年度論文賞の受賞論文紹介」のコーナーでピクトグラミングの論文紹介記事が掲載されました., 2019-06-05 2018年度情報処理学会論文賞および2018年度情報処理学会優秀教材賞を受賞しました., 2019-06-01 放送大学 TV講座「Webのしくみと応用(’19)」がスタートしました., 伊藤一成, 斎藤博昭: 汎用アノテーション記述言語MAMLの提案とその生成・処理プロセス, 情報処理学会論文誌TOD, Vol.45 No.SIG7(TOD22), pp.137-150, (2004), 伊藤一成, 酒井康旭, 斎藤博昭: 音声と映像の一貫性を考慮したニュース動画の要約, 日本データベース学会論文誌 DBSJ Letters, Vol.3 No.1, pp.5-8, (2004), 伊藤一成, 斎藤博昭: アノテーションの副次生成とテキスト処理への応用,日本データベース学会論文誌 DBSJ Letters, Vol3 No.1, pp.117-120, (2004), 伊藤一成, 高倉康弘, 斎藤博昭: 非単調活性化関数を用いたカオスニューラルネットワークとメモリサーチシステムへの適用, 電気学会論文誌C, Vol.124 No.3, pp.897-903, (2004), 伊藤一成 : アノテーションの概念に基づく情報可視化インタフェース,日本データベース学会論文誌 DBSJ Letters, Vol.4 No.1, pp.169-172, (2005), 伊藤一成,橋田浩一 : 絵文字のセマンティックオーサリングのためのオントロジー設計,情報科学技術レターズ, Vol.5, pp.63-65, (2006), 伊藤一成,橋田浩一 : 絵文字の利用と理解を促進するためのオントロジマッピング,日本データベース学会論文誌 DBSJ Letters, Vol.5 No.2,pp.93-96 (2006). (2014.03.14), 真壁豊,上松恵理子,岩居弘樹,安藤明伸,伊藤一成,島田英昭,松下慶太:デジタルネイティブの特長と課題 ,第3回日本デジタル教科書年次大会 (2014.08.16), 伊藤一成:気づきと想起を促すモバイル端末活用教育 ,第3回日本デジタル教科書年次大会 (2014.08.16), 伊藤一成: PC やスマートデバイスの日常利用に 気づきを与えるシステム GOSEICHO の拡張,情報処理学会研究報告 コンピュータと教育 CE126, 6p. (2016.02.28), 佐藤雄太, 伊藤一成: コンピュータサイエンスアンプラグドのピクトグラムとScratch利用による実装と評価,情報処理学会研究報告 コンピュータと教育 CE134,(2016.03.05), 小川悠輝, 伊藤一成: 軽率な言動について考えさせ 鍵暗号方式の理解も深めるコンテンツ GOKEICHO(ご傾聴,ご軽佻),情報処理学会研究報告 コンピュータと教育 CE134,(2016.03.05), 吉田葵, 伊藤一成, 阿部和広: ものづくり体験を通したプログラミング授業の設計と評価, 情報処理学会研究報告 コンピュータと教育 CE134,(2016.03.05), 伊藤一成, 吉田葵, 安彦智史, 竹中章勝, 中鉢直宏: 過去体験を重視した横断型プログラミング授業の設計と評価, 情報処理学会研究報告 コンピュータと教育 CE134,(2016.03.05), 伊藤一成: コンピュータサイエンス教育導入へ向けての「デジタル教科書」からの移行, 第5回日本デジタル教科書年次大会 (2016.08.20), 長谷川春生,伊藤一成,竹中章勝: 小学校コンピュータクラブにおけるプログラミング学習の実践, 第5回日本デジタル教科書年次大会 (2016.08.21), 玉城亮治,金仙雅,伊藤一成: コンピュータサイエンス教育導入へ向けての「デジタル教科書」からの移行-整列アルゴリズムを例に-, 第5回日本デジタル教科書年次大会 (2016.08.21), 金仙雅,玉城亮治,伊藤一成: コンピュータサイエンス教育導入へ向けての「デジタル教科書」からの移行-n 進法学習を例に-, 第5回日本デジタル教科書年次大会 (2016.08.21), 中野由章,谷聖一,筧捷彦,村井純,植原啓介,中山泰一,伊藤一成,角田博保,久野靖,佐久間拓也,鈴木貢,辰己丈夫,永松礼夫,西田知博,松永賢次,山崎浩二:「第3回・第4回大学情報入試全国模擬試験」の実施と評価: 情報処理学会・コンピュータと教育研究会情報教育シンポジウム SSS2016, (2016.08), 若林拓也, 伊藤一成:‹Š携帯型情報通信端末の有効活用を促すコンテンツGOKYOCHO(ご協調,ご凶兆),第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム DEIM2017, (2017.03.04), 御家 雄一,伊藤 一成,吉田 友敬,長谷川 聡,小橋 一秀:ブロックプログラミングを用いたサウンドプログラミング入門の提案,モバイル学会 モバイル’17(2017.03.09), 金仙雅,吉田葵, 伊藤一成:人型ピクトグラムを用いた 二進法を学ぶデジタルコンテンツの実装と評価,情報処理学会第79回全国大会, (2017.03.18), 玉城 亮治,吉田 葵,伊藤 一成:人型ピクトグラムを用いた ソートアルゴリズムを学ぶデジタルコンテンツの実装と評価,情報処理学会第79回全国大会, (2017.03.18), 吉田雄大,伊藤一成:深層学習を用いたピクトグラム画像への情報補完手法の提案,マルチメディア,分散,協調とモバイル DICOMO2017シンポジウム, pp.   めっちゃ不機嫌そうな顔してて、どっかにガン飛ばしてた。 , Junior 2018実施報告”,情報処理学会誌,Vol.60,No.4, (2019.03), 伊藤一成,“人と人型ピクトグラムの協働によるプログラミング学習”,情報処理学会誌,Vol.60,No.8, (2019.07), 伊藤一成,吉田葵,稲葉利江子,“Exciting Coding! 2人が話題にしています - 青山学院高等部野球部を純粋かつ熱く応援するページです♪シェア大歓迎♪なお、特定の選手、関係者に対する誹謗中傷等、管理人が不適切と判断した書き込みは削除します。 2019年9月23日に開催された情報処理学会関西支部 支部大会にて、石井幹大さん(修士1年)が発表した「ピクトグラミングの自然言語文によるプログラム入力機能の実装」が学生優秀発表賞を受賞しました。 (2010.08.27), 伊藤一成:モバイル端末を活用したビジュアルプログラミング教育, 第26回日本教育工学会, 2p. 石井氏の反応は「へぇ〜」とそっけないものだったが、あとは「自分で決めたんだったら、最後までやりなさい」と支援しているという。, 息子の幹太くんは、まずは「声出しやルールを覚える」という基礎中の基礎から学んでいたそうで、当時はユニフォームもドロドロにして帰ってきたと言います。, 泥だらけのユニフォームの洗い方に苦戦していた妻・木佐彩子さんに代わって、石井一久さんが自ら息子のユニフォームを洗ってあげることもあったようですよ。, また、2017年11月4日放送の同番組『メレンゲの気持ち』では、「母親に内緒にしていることは?」と題して、息子の幹太くんが今ハマっていることについても語られていました。, それまではアイドルが好きということ自体恥ずかしくて秘密にしていたようですが、この番組への出演を機に突然のカミングアウト!, — モ リタ ク (@Tsubuyai_Taro) November 4, 2017.

2017/11/05 松田基弘, 伊藤一成,Martin J. Dürst, 橋田浩一: ピクトグラムの構成要素に関するルール抽出方式とその応用, 日本データベース学会Letters, Vol.6, No.1, pp.165-168, (2007).   2019/02/14, 石井一久さんと言えば、東京ヤクルトやドジャースなどで活躍をした、日本を代表する名左腕なのですが、奥様は亀のものまねなどでも有名な木佐彩子アナウンサーですよね(笑), さて、今日は石井一久さんと木佐彩子さんの息子さんが、どうも野球を始めたという報道がなされたのですが、驚いたのが突然野球を始めたという事で、私は小学生の時から野球を始めていましたから、さすがにプロの子供だからといって、野球がすぐにうまくはならないと思うのですが、高校から初めてその先にいけるという自身があるのでしょうか。, 私の友人も高校から野球を始めた子はいましたが、正直お世辞にもあまりプレーはうまくなかったですし、ボールがバットに当たり始めたのも、高校2年生から3年生になるぐらいだったので、約2年ぐらいかかってその状態でしたから、石井一久さんの子供でも本当に苦労すると思いますよ。, さて、今日はそんな高校野球などから始めた選手がプロになれるのか?ということや、実際にプロになった人がいるのかということを少し調べて見ました。, 石井一久さんの子供だからとか、プロ野球選手の子供ではないからというのはあまり関係ないと思いますので、どうぞ最後までご覧ください!, 石井一久さんの子供の名前を調べて見ると、石井幹大さんと言われ誕生日は2012年の12月ということですから、現在16歳ということになりますね。, プロ野球選手と言うのは4月生まれから9月生まれぐらいまでがとにかく多いですから、石井幹大さんは多少そのあたりが不利だと思われますね。, さて、現在高校生の石井幹大さんですが通われている高校というのは、青山学院高校のようですね!母親の木佐彩子さんと同じということですから、頭も良いのでしょうね(笑), ただ、本当に野球素人ではないのではないでしょうか?小さな頃はキャッチボールの相手がいないほど速い球を投げていたそうですから、どちらかと言うと復帰というような見方となるかもしれませんね(笑), 巨人の桑田選手の息子さんや、落合選手の息子さんなどは野球とは違う業界で活躍をされていますよね、モデルに声優ですから方向性は違うと思いますが、プロに入れる可能性はあるのでしょうか?, 恐らく、プロになるのはかなり難しいと思いますね、長嶋一茂さんが高校から再度野球を始めて、その恵まれた体格からメキメキと成長し、プロ野球選手にまで上り詰めた話は有名ですが、それでも元々のゴールデンエイジの期間というのでしょうか、小学校高学年になる間にしっかりと野球の基礎を学んでいたので、プロに入れたわけですが、かなりの練習が必要ですよね。, 【全国送料無料/あす楽】泥スッキリ303N (4箱セット) 泥汚れ専用洗剤 黒土 高校野球向け IMT-ET303Nx4 (ユニフォーム 練習着 サッカー 野球 汚れ落とし ) 泥すっきり 泥スッキリ本舗, 話はそれますが、高校から本格的に部活動を初めて、トップにまで上り詰めた選手ではあの柔道の小川直也さんは、高校から頂点まで上り詰めましたよね。, つい最近、色々とあってか小川直也さんは注目されていましたが、結局どうなったのでしょうかね(笑)少し記事をまとめていますのでどうぞ。, 高校までは野球などはほとんどノータッチだったけど、高校から本格化させてプロ野球選手になった例はあるのでしょうか?, 少し調べて見ましたところ、あるんですよね!例えば、大島康徳さんは高校に入るまでの間バレーボールをされており、高校からでもドラフト指名されプロになっていますよね。, また、石渡茂さんも同様に中学時代は帰宅部でしたが高校からメキメキ成長され、プロ野球選手になっていますね。, ただ、キャッチャーなど特殊なポジションというのは少々難しいかもしれませんね(笑)一番大変なのは野球のルールを覚える事でしょうし、あとは石井一久の子供という目もあるわけですから、そこをクリアしていくのに、パワーが必要かと思いますね。. 増永 良文, 石田 博之, 伊藤 一成, 伊藤 守, 清水 康司, 荘司 慶行, 千葉 正喜, 長田 博泰, 福田 亘孝, 正村 俊之, 森田 武史, 矢吹 太朗, 伊藤一成: HTML5を体感的に学習できるコンテンツGOSEICHO (5成長),モバイル学会誌, Vol.5, No.1, pp.21-26, (2015年10月), Kazunari Ito and Hiroaki Saito: An Annotation Tool for Multimodal Dialogue Corpora using Global Document Annotation, 4th SIGDIAL Workshop, pp.192-197, (2003), Kazunari Ito, Shinichi Kikuchi and Hiroaki Saito: Memory search system using chaotic neural networks, Proceedings of IASTED International Conference on Modelling, Identification and Control, pp.455-459, (2001), Hiroaki Saito, Kyoko Ohara, Kengo Sato, Kazunari Ito, Shinsuke Hizuka, Masaya Soga, Tomoya Nishino, Yuji Nomura, Hideaki Shirakawa, Hiroyuki Okamoto: A new E-learning Paradigm through Annotating Operations, eLearning for Computational Linguistics and Computational Linguistics for eLearning International Workshop in Association with COLING 2004, pp.86-89, (2004). 3月4〜6日に福井県清風荘で行われた、deim2018 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラムにて、3年生の石井幹大さんが発表しました。 お知らせ 石井幹大さん(修士1年)が学生優秀発表賞を受賞しました. (2009.12.06), 荘司慶行,伊藤一成,増永良文 : 集合知的手法による学際的学問分野の知識体系構築システムのプロトタイピング, 第2回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム DEIM2010,C1-5 ,6p. 2020 All Rights Reserved.

藤森誠,伊藤一成,Martin J. Dürst,橋田浩一: ピクトグラムの群配置における感性的認識に関する検証,日本感性工学会論文誌, Vol.8, No.1, pp.113-118(2008), 藤森誠,伊藤一成,Martin J. Dürst,橋田浩一: 差異表現に基づくピクトグラムの主題提示と認識度向上,日本感性工学会論文誌, Vol.8, No.3, pp.575-584(2009), 増永 良文,石田博之,伊藤一成,伊藤守,清水康司,荘司慶行,高橋徹,千葉正喜,長田博泰,福田亘孝,正村俊之,矢吹太朗:集合知アプローチに基づく知の創成支援システムWikiBOKの研究・開発,日本データベース学会論文誌, Vol.10, No.1,pp.7-12, (2011年6月)., 中部文子,渡辺知恵美,小山直子,舘かおる,伊藤一成,深山鷹一,増永良文: SERPAnalyzer:社会調査支援のためのSERPアーカイブからの特徴的ランク変動分析システム,情報処理学会論文誌TOD, Vol.4 No.2, pp.10-24, (2011年7月). Martin J. Dürst, Makoto Fujimori, Takeshi Maemura, Tohru Koga and Kazunari Ito: Kazunari Ito, Motohiro Matsuda, Martin J. Dürst and Kōiti Hasida: Makoto Fujimori, Kazunari Ito, Martin J. Dürst, Kōiti Hasida: Experimental Evaluation of Emotional Awareness regarding Arrangements and Animations of Pictograms, The International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2007, (2007), Motohiro Matsuda, Kazunari Ito, Martin J. Dürst, Kōiti Hasida: Method of Concept Extraction using Differential SVG Graphics, Proceedings of the 12th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES2008),(2008), Makoto Fujimori, Kazunari Ito, Martin J. Dürst, Kōiti Hasida: Topic Presentation and Recognition Improvement using Differential Pictogram Expressions, The International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2009, (2009), Yoshifumi Masunaga, Yoshiyuki Shoji, Kazunari Ito: Collective Intelligence Approach for Formulating a BOK of Social Informatics, an Interdisciplinary Field of Study, 5th International Symposium on Wikis (WikiSym 2009),(2009.10.25), Yoshifumi Masunaga, Naoko Oyama, Chiemi Watanabe, Kazunari Ito, Kaoru Tachi, Yoichi Miyama: SERPWatcher: A SERP Mining Tool as a Novel Social Survey Method in Sociology, Database Systems for Advanced Applications (DASFAA2010), (2010.04.02) (Excellent Demonstration Award), Yoshifumi Masunaga, Yoshiyuki Shoji, Kazunari Ito: A Wiki-based Collective intelligence Approach to Formulate a Body of Knowledge (BOK) for a New Discipline, 6th International Symposium on Wikis (WikiSym 2010),(2010.07.09), Yoshifumi Masunaga, Naoko Oyama, Kazunari Ito, Chiemi Watanabe, Kaoru Tachi, Yoichi Miyama: SERPWatcher: A Sophisticated Mining Tool utilizing Search Engine Results Pages (SERPs) for Social Change Discovery, Symposium on Social Intelligence and Networking (SIN-10) (In conjunction with the SocialCom2010),(2010), Kazuhiro Abe, Tomo Niimura, Koji Yokokawa, Kazunari Ito, Daisuke Kuramoto:NanoBoardAG: An Inexpensive Sensor Board Compatible with PicoBoard and WeDo, Scratch@MIT (2012.07.26), Yoshifumi Masunaga, Kazunari Ito, Taro Yabuki, Takeshi Morita: Edit Conflict Resolution in WikiBOK: A Wiki-based BOK Formulation-aid System for New Disciplines, 2012 ASE/IEEE International Conference on Social Computing(SocialCOM 2012), Amsterdam, The Netherlands, (2012.09.06), Obari, H., Ito, K., Lambacher, S., Kogure, Y., Kaya, T., and Furukawa, H.: The Impact of E-learning and M-Learning on Tertiary Education Employing Mobile Technologies in Japan, Proc.



Nhl チーム ロゴ 一覧 5, ストライク ポケモン かっこいい 4, Pinterest 元画像 削除 12, ポケモンgo アバター 性別 変更できない 4, ベネフィット ステーション ログアウト 12, 朝食後 寝る ダイエット 4, 藤原基央 髪型 きのこ 12, 豆柴の大群 ミユキ インスタ 15, デリカ メーター 不具合 20, メーテレ ドデスカ アナウンサー 7, ナイナイ 公開説教 全文 45, 第二世代 ポケモン 最強 52, ブラッディ マンデイ シーズン 2 1 話 Pandora 19, 乃木坂46 Mv 一覧 17, 与田 お前 パワプロ 23, 出向 片道切符 島流し 34, 頭皮マッサージ ゾワゾワ なぜ 12, Oracle Master Silver 39, 台湾 肉まん 作り方 4, 年下 男性 好意 職場 4, プレミアムウォーター マムクラブ 変更 5, 授業 当てられる 泣く 9, 欅坂 嫌われてるメンバー ランキング 50, キャンプ飯 チーズ タッカルビ 16, Atem Mini Pro 在庫あり 12, Ark カメラ 使い方 44, 佐野玲於 佐藤晴美 ペアリング 13, 杉野保 事故 原因 33, 結婚しようよ 中国語 歌詞 4, おおきく振りかぶって 動画 3期 31, りぽぽ 結婚 はっしー 8, レゴ ジュラシックワールド Ps4 攻略 22, 実寸フォト 等身大パネル 作り方 5, ゆき ぽ よ ピーナ 4, 敬語 キャラ 男 24, 東京會舘 結婚式 貸 衣装 6, エクストレイル 社外ナビ 9インチ 5, ヤマト運輸 茨城ベース 2 ちゃんねる 4, 堺雅人 ツイッター 本物 8,