というわけで、Kindle語数自動計算カウンターを作成してみました。 計算の前に. ここまで述べてきたのはハイフンの主な用法です。それらに加えて特殊な用法がいくつかあり、以下にもっともよく見られる例を示します。 ハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をいくつか示し、最後によく見られる誤用例を取り上げます。 1. 修正法:ハイフンを削除する。 理由:句動詞から形成される名詞の場合はハイフンを含むから。 例:「re-charge」(再請求する)、「pre-sent」(事前に発送した)、「set-up」(組み立て)、「pre-occupation」(占領前) well-defined、self-evident、user-driven、mind-expanding、computer-aided、old-fashioned 理由:句動詞はハイフンを含まないから。 例:「non-Japanese」、「pseudo-Keynesian」、「inter-European」、「post-Einstein」 (5) This is a third-order calculation. (i) 1つの文字と単語を組み合わせるため (10) These are the first- and second-order solutions. I(We) hope you will do your very best in performing your project. 例:「re-examine」、「anti-intellectual」、「ultra-advanced」、「semi-infinite」 (11) This system exhibits low-frequency pressure oscillations. ハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をいくつか示し、最後によく見られる誤用例を取り上げます。 1. Have a nice day, everyone. 修正法:ハイフンを削除する。 理由:ここで「up-to-date」は名詞の前に位置していないから。 理由:「long term」が「project」の直前に位置しているから。 1分とか2分、もしくは3分程度で、人前でスピーチを披露することになったが、一体どれくらいの文章を用意すれば良いのか、初めての場合は見当がつかず困りますね。, 文章を用意した後で、実際にスピーチとして人前で話す練習をしてみると、時間は大きく変わってきます。, 私はほぼ毎週スピーチの練習をしていて、そのような生活を5年以上続けてきたので、時間と文字数の感覚が多少は身について来た方だと思いますが、まだまだ理想とは程遠い学習者です。, 今回は、そのような立場からではありますが、有名な英語スピーチの分析や、私の経験談などに基づいて、スピーチで用意する適切な文字数や語数について考えてみました。. Thank you from the bottoms of our hearts. google_ad_height = 90; ’A‚µNumWordsƒtƒB[ƒ‹ƒh‚à1’PŒê‚Æ‚µ‚Đ”‚¦‚邱‚Æ‚É’ˆÓ‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢Bi‚‚܂è–{•¶‚Ì’PŒê”‚æ‚è1’PŒê‘½‚­‚È‚éj, @