function(){

node.dispatchEvent=function(e){this["on"+e.type](e);};

どんな感じになるかは分かりませんが、9位からと注目2チーム程できたらいいなと思っております。, 呉屋は柏、翁長は大宮、香川は大分、など主力が抜けたものの、アトレチコ・ミネイロでバリバリの主力であったMFルアンを獲得しました。, 個人的にはカルリーニョスと重なりますがサカダイのフォーメーションを見る限り、RSHだったのでちょっと違いますが、チャンスメーカーらしいです。, それに加え、町田から富樫、秋野を完全移籍で獲得、新潟から加藤大、湘南からフレイレ、清水から二見、カイオの期限付き移籍延長と明るい補強が目立ちました。, 監督のポテンシャルは高木監督にも劣らないとは思いますが、昨年の完成度を見ると1年安定した戦い方は難しいと思い、この順位にしました。, 近年、比較的安定した戦い方ができ始めた水戸。昨年はクラブ最高順位の7位を記録しました。, しかし、2年に渡って安定感をもたらした長谷部監督が福岡へ引き抜かれてしまいました…。, 更に主に他のJ2チームへ、村上は山口へ、浜崎は仙台へ、志知は横浜FCへ、白井は岡山へ、黒川、浅野、宮、清水、小川はレンタル終了、と主力がごっそりいなくなってしまいました。, 加入の目玉は、筆者が知っている限りでは、山田、山谷(横浜FM)、中山(磐田)、山口(鹿島)でしょうか。, とはいえ、なぜこの順位にしたのかと言うと、TMでウチを4-1で凹し、鹿島に0-1と好成績を残しているからです。監督も変わって主力がいなくなったにも関わらず結果を残しているのは大変難しいことです。, リーグ始まってから新戦力の活躍が棒に振るとは言えど、チーム状況はかなりいいと思われるので、昨年のように序盤に勝ち点を稼いで、終盤の失速も考えるとこの順位が妥当なのではと思いました。, 昨年はあと一歩のところでJ1昇格を逃した徳島。徳島もまた多数の主力を引き抜かれてしまいました。, 梶川、杉本は横浜FMへ、内田は鳥栖へ、野村は大分へ、シシーニョは愛媛へ、バイスはレンタル終了、と精神的ダメージが大きい引き抜きばかりです。, しかし、補強は比較的ピンポイントで行っているので昨年とほぼ同じような前半は躓(つまず)くけど後半ありえないペースで勝ち点を積む展開になるのではと思っています。, 東京Vから上福元、梶川、横浜FMからドゥシャン、栃木から浜下、西谷和、名古屋から杉森、鹿島(金沢)から垣田を獲得。, 一昨年、安定した守備に加え、決めるべきとこで決めきるサッカーでJ2優勝でJ1へ帰還したものの、得点力が伸びず、シーズン中に前田大然が引き抜かれ、わずか1年で降格。, あの山雅でもダメかと思いつつも、2位で昇格した同シーズンの大分の補強を見ると、そりゃそうなるわなという印象を受けました。, 長期に渡って指揮を執った反町監督が退任しました。あまり相性は良くなかったけど、PSMで凹凹にできたのはいい思い出です笑。, 守田、エドゥアルドは鳥栖へ、岩上、宮阪はザスパへ、町田は大分へ、パウリーニョは岡山へ、高崎は岐阜へ、永井は広島へ移籍していきました。, 補強は、C大阪から圍、山形からアルヴァロ・ロドリゲス、シャペコエンセからアウグスト、川崎(G大阪)からラルフ(鈴木雄斗)、G大阪から高木、東京からジャエルが加入しました。, それプラス昨年J2昇格を果たしたザスパを率いてた布監督を招へいできたの良かったと思います。, 新戦力は攻撃力の高い選手を補強しましたが、外国人選手の活躍度と若手の活躍が計算できず、今のところ圍と、ラルフくらいしか目処が立たないのが厳しいとこだと思います。, それでもJ2での戦い方にはある程度慣れてる選手が多いので、この順位くらいに落ち着くと思われます。, 甲府も大宮同様に選手を整理した感があります。横谷の放出は何故かはわからないですが。, 武岡、田中、小椋、リマ、アラーノの契約満了。佐藤和は大分へ、湯澤は福岡へ、曽根田、ウタカは京都へ、森は山口へ移籍しました。, 加入は、大宮から山田、鳥栖から藤田、福岡から松田、そして横浜FMから泉澤、最後にほぼ大宮から浦和キラー及びダービー男ことラファエル。泉澤とラファエルのコンビは大宮サポからしたらエモいでしょう。, 伊藤彰体制2年目プラスHCに渋谷洋樹氏。やることは堅守をベースにイニシアチブを持ち、アグレッシブなサッカーをとるのか。また、カウンターサッカーをとるのか。, どちらにせよ、全盛期の大宮の選手を集めているので脅威であることには変わりはありません。, 昨年、圧倒的破壊力を誇っていた3トップの仙頭、一美、小屋松がそれぞれ横浜FM、横浜FC、鳥栖へと移籍し、重廣は福岡へ、闘将闘莉王は引退していきました。, しかし、そのイライラを晴らすかのように、八つ当たりするように、長崎(徳島)からバイス、浦和から森脇、甲府から曽根田、ウタカ、横浜FMから中川、李忠成、湘南から野田、磐田から荒木を獲得しました。, 攻撃力にさらに厚みを加えたものの、やはり守備に不安が残るが、攻撃力はそれを補える程だと思うので勝負強さ含めてこの順位にしました。, 中川、ウタカは大宮キラーなので嫌です。夏までにJ1チームの皆様、買い取りよろしくお願いします。, J2降格により、強力な選手の流出が免れなかったジュビロ磐田。カミンスキー、川又、森谷などが契約満了。高橋は東京Vへ、新里はG大阪へ、アダイウトンは東京へ、大南は柏へ、田口は千葉へ、森下は岩手へ移籍していきました。, 一方加入したのは、東京から大森、新潟から大武、水戸から小川、横浜FMから杉本、中野、パフォスFC(キプロス)からFWルリーニャ、レアル・オビエド(スペイン)からDFフアン・フォルリンを獲得しました。, 中野までの加入は大きいが、外国人選手は未知数であります。しかし最近の外国人ガチャはファビオを除いてはうまくいってる印象ですが、恐らくフベロ体制でも1年でJ1復帰は難しいと思います。, どこにそんなお金あったの?と思うくらい、柏のように?長谷部監督を筆頭にJ2の主力を抜き始めました笑。, 痛いのは期限付き移籍で加入していた加藤大くらいで、柏から菊池と上島、広島からサロモンソン、神戸から増山、大宮からフアンマ、水戸から長谷部監督と前、甲府から湯澤、京都から重廣、山口(水戸)から村上、C大阪(水戸)から福満を獲得しました。, 他者長谷部監督のサッカーは魅力的ですが、そんなに行きたくなる程、人望が厚いのか、あの選手がいくなら俺も~なのかが気になりますね。, なぜ福岡が昇格すると思ったのかというと、長谷部監督は恐らく高木監督同様で、良い人材と環境とお金を与えればそれに見合う結果を出せるのだと思います。監督自身のキャリアも年々よくなっていますし、J2の戦い方にもなれてきました。, 塩田、大前、中村、菊地、慶記、ロビン、バブを契約満了にし、奥井は清水、佐相は長野、山田は甲府、高山は山形、茨田は湘南、フアンマは福岡、慎太郎は岡山、櫛引は広島へ移籍し、バンディエラである金澤慎は引退しました。, 茨田、フアンマは痛かったですが、湘南から菊地、長崎から翁長、愛媛から近藤、専修大学から西村、横浜FCから戸島、NKオリンピアから(スロベニア)からマクシメンコ、パルチザンからフィリップ・クリャイッチ、ラドニチュキ(セルビア)からネルミン・ハスキッチを獲得し、水戸から黒川、大分から嶋田、秋田から藤沼が復帰し、ユースから髙田が昇格しました。, 先日ナシオナルと戦った時は、チャレンジを沢山した為、中々固い内容になりましたが、シーズン前にあのゲームスピードや自分たちの良さを無理矢理出すといったのを知ったからこそ、それが練習のベースになるので、良かったと思います。, 新戦力にも期待ができるような内容で、特に髙田くん(メキシコさんの息子、息子じゃないけど)が光ってましたね。そして2年の武者修行を終えて帰還した黒川と藤沼も楽しみです。, まず新潟は、昨年J2得点王のレオナルドを浦和に引き抜かれ、戸嶋まで柏引き抜かれました。, 中でも1番気になるのが、インドリーグで110試合で106点を誇る、ペドロ・マンジー。オルンガ同様、思わずゲームですか?と言いたくなるほどの得点力ですね。, ザスパは、吉田と高澤を大分に、布監督を松本に引き抜かれたのは痛いが、大前、岩上、高瀬、慶記と大宮の選手を沢山補強。なぜなら強化部長が元大宮の強化部長の松本大樹氏だからです。, 他にも町田、岡山、千葉が気になりますが、時間がある時にやろうかなくらいで思っています。, dareo41さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ついに2020年のJ2リーグが再開した。遅ればせながら、今回はJ2のみの戦力分析、順位予想をしていきます。ほとんど知らない選手ばかりでしたので、とりあえず知名度のある選手から選んで、今季の今季の戦力アップ(IN)かダウン(OUT)になるかも

var ol=document.getElementsByClassName('oekaki_load1')[0]; 2019年私が投稿した記事で一番は「2019年 J2リーグ大予想」でアクセス回数約3,900回。たったの3,900回ですが私の記事の中では断トツ。, それに続いて2020年も同様に予想します。今回も戦力比較、監督指導力、練習環境等ではなく、球団側の年頭のあいさつだけで予想します。, 昇格可能性あり▲モンテディオ山形 ⇒6位(プレーオフ進出、J2残留)▲大宮アルディージャ⇒3位(プレーオフ進出、J2残留)▲東京ヴェルディ ⇒13位(J2残留)▲アルビレックス新潟⇒10位(J2残留)▲徳島ヴォルティス⇒4位(プレーオフ優勝、入れ替え戦引分、J2残留)▲アビスパ福岡⇒16位(J2残留), 昇格を目指さない■水戸ホーリーホック⇒7位(J2残留)■ツエーゲン金沢⇒11位(J2残留)■京都サンガ⇒8位(J2残留)■ファジアーノ岡山⇒9位(J2残留), やる気あるのか?◆ジェフユナイテッド市原・千葉⇒17位(J2残留、過去最低順位)), ちなみにJ1チーム★川崎フロンターレ株式会社川崎フロンターレ代表取締役社長 藁科義弘「今シーズンはリーグ戦3連覇はもちろんのこと、未だ獲っていないカップ戦制覇も目指します」⇒4位、しかしルカップ戦優勝の目標達成、有言実行, ★大分トリニータ株式会社大分フットボールクラブ 代表取締役 榎徹「我々は、どんな厳しくても目の前の試合に全力を尽くし、目標である勝ち点45獲得に向けて」⇒9位、勝点47(12勝、11分、11負)あいさつに勝ち点を入れているのは大分だけで、その勝点を越えたのは立派。, ①代表取締役、監督のあいさつ②昇格の意志表示がある③昇格の期限を設けているを踏まえての予想, ◎ジュビロ磐田「必ずや本年でJ1へ復帰するという強い想いを持ち、戦っていく覚悟で挑戦してまいります。より一層のご支援、ご声援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。」2020年 元旦株式会社ジュビロ代表取締役社長 小野 勝, 〇Vファーレン長崎新社長 髙田春奈(2020年1月2日付け社長就任)「そして選手、監督、スタッフとともに、J1昇格を皆さまと共に喜べるよう、力を合わせて精進いたします。」監督 手倉森誠「昨年の悔しさ。どこよりも試合数が多く、タフなシーズンで育まれた力を発揮して、J2リーグ優勝を目指して闘います。」, 〇徳島ヴォルティス「徳島ヴォルティスは地域の皆様の誇りとなることを目指して、クラブ全体が成長し続けていけるように、1年間全力で皆様と共にJ1への明るい道のりを歩んで参りますので、引き続き皆様のご支援・ご声援をよろしくお願い申し上げます。」2020年 元旦徳島ヴォルティス株式会社代表取締役社長 岸田一宏, ▲モンテディオ山形「2020シーズンは選手、監督、コーチングスタッフ、フロントスタッフだけでなく、クラブに関わる皆様と一丸になり、昨年の悔しさを忘れず、悲願でもあるJ1復帰の目標を掲げ、一戦一戦全力で闘ってまいります。」2020年1月1日株式会社モンテディオ山形代表取締役社長 相田健太郎, ▲大宮アルディージャ「J1昇格を目指して3年目を迎える2020シーズンも、厳しい戦いが待ち受けています。しかし、多くの勝点を重ねた昨年のホームゲームのように、皆さまと一緒に最後まで戦い切り、何としてもJ1昇格を果たしたいと思います。」2020年 元旦大宮アルディージャ代表取締役社長森 正志, ▲東京ヴェルディ「東京ヴェルディはJ1リーグに昇格し、日テレ・ベレーザはタイトルを獲得することはもちろん、サッカーの楽しさを観客の皆様に提供し続けなければいけないと感じています。」東京ヴェルディ株式会社代表取締役社長羽生英之, ▲町田ゼルビア「2020シーズンは、ランコ ポポヴィッチ新監督を迎え、気持ちを新たに夢の『J1昇格』を目指して戦って参ります。」2020年元日 FC町田ゼルビア代表取締役会長 下川浩之代表取締役社長 大友健寿, ▲アルビレックス新潟アルビレックスファミリーの力で、みんなで、一緒に!みんなで、一緒に、J1に昇格しましょう!令和二年 元旦アルビレックス新潟代表取締役社長 是永大輔, ▲ツエーゲン金沢「今年以降、成長スピードを飛躍的に高め、少しでも早くJ1の舞台に立てるよう、結果にこだわってチャレンジして参ります。」2020年元旦株式会社石川ツエーゲン代表取締役ゼネラルマネージャー 西川 圭史, △ファジアーノ岡山「J1昇格はなりませんでした。2019シーズンに積み上げたものに、本年もさらなる積み上げを続け、目標達成に向かって歩んでまいります。」株式会社ファジアーノ岡山スポーツクラブ, ・松本山雅昇格への言及なし2020年 元旦株式会社松本山雅代表取締役社長神田 文之, ・ジェフ千葉「2020年は最後まであきらめない姿勢を貫き、応援してくださる皆さまと感動の瞬間を分かち合えるよう、選手・スタッフが一丸となって闘ってまいります。」ジェフユナイテッド市原・千葉会社名も代表取締役名もなく、全く昇格する気持ちが見えない, 年頭のあいさつに明確な意志が込められてないようでは、選手の士気が下がり、成績もその程度になります。これはスポーツに限らず会社でも同じ。昨年程度の業績で良いというあいさつでは、昨年を超えることはできません。内外へのメッセージなのです。しかも、あいさつに代表取締役の名前がないのは論外。, ラグビー、アメリカンフットボール、サッカー観戦好きな埼玉県在住の会社向け専門サービス業の個人事業主。.

} 今年はj2から昇格した柏レイソル、横浜fc計18チームで優勝を争います。各クラブチーム新戦力を補強したなかどのクラブチームが優勝するのか楽しみですね。 ココでj2 2020シーズンの順位予想してみたいと思います。 ※予想は10位まで. ol.addEventListener("click", var oekaki_script=document.createElement('SCRIPT'); 2020 J2順位予想をしてみました!(1位〜8位編) 今回からはJ2の各チームについて書いていきますが、さすがに日… 2020-02-07 2020 J1順位予想をしてみました!(16位〜18位編) まず初めに。前回記事を投稿した後、アクセス数が今までの20倍… もっと読む; コメントを書く. :ジェフ千葉. ); 2020シーズン優勝チームを、 :本命、〇:対抗、 :穴で次のように予想してみました!. ブログを報告する, 前回記事リンク↓ kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com あの…, 。しかしながら、主力が多く抜け、大きく戦力の入れ替えを行うことになった。守護神・ユヒョン選手、中盤の, 12球団 2020年ドラフトを今更ながら振り返る(パ・リーグ編 埼玉西武・福岡ソフトバンク・東北楽天), 12球団 2020年ドラフトを今更ながら振り返る (セ・リーグ編 広島・中日・東京ヤクルト), 12球団 2020年ドラフトを今更ながら振り返る セ・リーグ編 巨人・横浜DeNA・阪神), 12球団 2020年オフ補強ポイント・ドラフト戦略を予測する(パ・リーグ編 千葉ロッテ・北海道日本ハム・オリックス), 12球団 2020年オフ補強ポイント・ドラフト戦略を予測する(パ・リーグ編 埼玉西武・福岡ソフトバンク・東北楽天). アンケートは上位3チーム、下位3チームを予想してもらい、 優勝 :5ポイント 2位 :3ポイント 3位 :1ポイント 最下位:−5ポイント 17位 :−3ポイント 16位 :−1ポイント で計算し順位をつけました。 2020年のjリーグの優勝予想・順位予想をご覧ください。



アウトランダーphev ロックフォード ナビ 交換 7, べっぴんさん 主題歌 ひどい 8, Renta ポイント購入 できない 4, Sharepoint クラシック Webパーツ 5, 木兎 頭いい Pixiv 15, Leawo Dvdコピー 評判 30, 鬼灯 受け Pixiv 6, バストアップ ブログ 嘘 12, にゃんこ デススタン 2 8, 西島隆弘 彼女 ハロプロ 12, ハイキュー 及川 アルゼンチン 24, 娼年 舞台 キャスト 4, オクニョ キャスト 相関図 4, ガールズルール 日本 店舗 4, パート 退職挨拶 しない 4, ラルク Real 歌詞 5, レンズ 手ぶれ補正 故障 8, ココリコ遠藤 愛は勝つ グランド スラム 27, Zipper モデル 歴代 57, 作用素 環の 酒場 5, ディズニー ニュース 事件 5, Paradise Lost 歌詞 グラブル 18, 東武伊勢崎線 撮影地 館林 5,