PHOTO:須田壱(スタジオゼット) try{ try{

サバイバルゲーム・チーム「B.U.G」のリーダーもやってます。, 1960~1970年代的空軍傘兵 ~ 中国人民解放軍 空軍 空降兵装備 [56-1式小銃 (AKS-47)], 1960~1970年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 軍官装備 [54式拳銃], マルシン独自規格の8㎜BB弾仕様 ~ 十四年式拳銃・前期型 (マルシン製・ガスブローバック), 次世代電動ガンを楽しむ ~ AKS-74U クリンコフ (東京マルイ製・電動ガン), サバゲー向きの頼れる同志 ~ AKS-74U クリンコフ (アカデミー製・エアコッキング), zf41モドキ ~ モーゼル Kar98k 専用ライフルスコープ (タナカ製・モデル品).

各情報やレビューは随時追加、更新されます。

G&Gアーマメントが64式小銃の電動ガンを作ると発表した時は大きな衝撃が走った。自衛隊の制式採用銃ということもあり、中途半端な作りではマニアは納得しないはずだ。G&Gアーマメントはあえてチャレンジした。名称は「Type 64 BR(バトルライフル)」。

s&t 64式小銃 電動ガン 【180日間安心保証つき】ほかホビー, エアガン・モデルガン, エアガン, ライフルが勢ぞろい。ランキング、レビューも充実。アマゾンなら最短当日配送。 64式7.62mm小銃(ろくよんしき7.62ミリしょうじゅう、英語名:Howa Type 64 Rifle)は、主に陸海空の各自衛隊と海上保安庁で使用されている自動小銃。, 1964年に制式採用された戦後初の国産小銃である。開発と製造は豊和工業が担当し、自衛隊と海上保安庁で採用された。アサルトライフル、もしくはバトルライフルに分類される場合がある。, 日本人の体格を考慮した設計となっており、命中精度を高めるために二脚を標準装備する[1]。また、連発時の命中精度向上を図り、緩速機構による低発射速度や横ブレ・振動を防ぐ部品形状・配置を採用した。1984年度における製造単価は約17万円[1]。弾倉はダブルカラム(複列)式で最大装弾数は20発。, 弾薬は有事の際に在日米軍との弾薬を共用する事を考慮し、当時のアメリカ軍が配備していたM14と同規格の、いわゆるフルサイズ小銃弾の一種である7.62x51mm弾を使用した[注 1]。この弾薬は反動が強く、フルオート射撃に向かないため通常は装薬を減らして反動を抑えた減装弾を使用する。この7.62mm弾の採用は、当時採用されたばかりだった62式7.62mm機関銃との弾薬の統一化も含まれていた。, 制式採用後、九九式短小銃や、アメリカ軍から供与されていたM1騎銃や7.62mm小銃M1を更新する形で配備が行われ、230,000丁以上が製造された。また、陸上自衛隊では狙撃銃としても運用された。, 後継小銃の89式5.56mm小銃の採用をもって製造を終了した。陸上自衛隊の普通科など、戦闘職種に限れば更新は完了し、後方職種も順次更新が進んでいる。一方で予備自衛官用装備や海上自衛隊と航空自衛隊の自衛用装備としては、いまだに主力の小銃である。, 64式の開発には、九九式短小銃の開発・製造を行った豊和工業が担当し、新中央工業(現・ミネベアミツミ)の岩下賢蔵や技術研究本部の津野瀬光男、日本製鋼所と陸上幕僚監部武器課の顧問を兼任していた銅金義一元陸軍少将[注 2]など、戦前戦中に銃器開発に関わり、四式自動小銃を手掛けたメンバーによって進められた[2]。, 1950年10月、警察予備隊の発足に伴いアメリカ軍よりM1騎銃が供与された[3]。これが警察予備隊にとって初めての小銃となった[3]。翌年1951年3月からは7.62mm小銃M1、1952年には増員に伴って3万5,000人分の火器不足から、アメリカ側が接収していた旧日本軍の九九式短小銃が供与された[注 3][3]。, しかし、供与されたアメリカ製の小銃は反動が大きかった[4]。また、第二次世界大戦と朝鮮戦争で使用されていた中古品であることから、様々なレベルでの故障が発生していた[5]。一方、九九式は制式型、戦時型[注 4][6]、二式小銃などの部品が入り混じり互換性を失っていた事、弾薬統一のため[5]に.30弾薬M2を使用できるように改造した事で、その重量の軽さ(M1ガーランドに比べ12%軽い)も相まって反動が増加していた[7]。現場レベルでは既に、「安全装置を掛けていても、引き金を引くと発火する」「発砲中に銃身が割れる」といった問題が多発していた[7]。, 新小銃(後の64式)の開発が行われている最中の1961年には、検査のために500挺の九九式が豊和工業に持ち込まれた。九九式の開発に関わり、64式の開発を手掛けていた岩下賢蔵も加わって行われた検査の結果、遊底、撃針、安全子の合格点数はゼロ、尾筒は2個、撃針止バネ37個、銃として満足できるものは1挺もなかった[8]。この結果を報告された陸上幕僚監部は、即刻射撃禁止措置をとった[9]。, 1957年に防衛庁(当時)は、アメリカ軍から供与され、使用していた7.62mm小銃M1や九九式短小銃などの後継種として国産小銃の開発を計画し、新型小銃の研究を技術研究本部で開始した。また、同時期に60式12.7mmスポットライフルの開発も手掛けていた豊和工業は、技本と連携をとって新小銃の自社開発をスタートさせることを決めた[10]。なお、小銃開発の機運が高まってくると、それを嗅ぎつけた各商社から、開発ではなく輸入をと海外の自動小銃のパンフレットや仕様書が多数送られてきたという[11][注 5]。だが、これら海外製アサルトライフルは体の小さな日本人向けとは言えなかったことから、日本独自のライフルを設計・生産する方向へと向かった[12]。, 開発開始に先立つ1955年、陸上幕僚監部のオペレーションズ・リサーチ班は、全国4,000ヶ所に及ぶ戦場適地を研究し、見通し線の距離を調査して、自衛隊が求めるべき小銃の所要有効射程を算出した[13]。また、開発にあたっては、日本軍が敵側の自動小銃に苦しめられた教訓に基づき、M1ガーランド、M1カービン、M14、BARのほか、ソビエト連邦のSKSカービンや、日中戦争で使用されたチェコ製ZB26軽機関銃の実物などを購入して参考にした[注 6]。, 開発に携わった防衛庁の津野瀬光男ら制服組が抱いた自動小銃のイメージは、小型・軽量・低反動の低発射速度で連発命中の優れたアサルトライフルであった[14]。これらは物理的に相反するものばかりであったが、これらの条件を比較的に満たす銃として明地力陸将(当時)がヨーロッパ視察の際に自らの手で射撃したセトメ・ライフルが存在した[15]。セトメの優れた点は小口径とNATO弾よりも弱い実包、発射反動を極力抑えて銃口のジャンプを防止し、大きな遊底で前進後退の時間を遅らせるところにあった[15]。, 1957年10月、ガス圧式を採用したR1型と遅延反動式のR2型の製作図が完成した[16]。津野瀬が設計したR1型はCETMEの物を参考にした引金機構を用い、遊底部を前部後部に分け、銃床は直銃床を採用した[16]。自動・半自動に切り替えが可能で、20発入り箱型弾倉を使用する[16]。R2型はピダーセン自動小銃(試製自動小銃・甲)の再現を夢見ていた岩下が設計を行い、会議で中止が決まっていた遅延反動式を採用、特殊カムを使用した単純な構造と板金を用いた引金機構を使用した[16]。, だが、両試作銃の完成が翌1958年3月と見込まれていたにも関わらず、1957年12月になっても性能試験に必要なNATO弾の入手ができていなかった[17]。, 使用を予定していた7.62mm NATO弾の、正規ルートを通じての実包の現物支給や図面譲渡では間に合わないと判断され[17]、陸幕武器課を通じて演習に来ていたアメリカ海兵隊からM14用に用意していた10発のNATO弾を譲り受けることとなった[注 7][18]。この10発は弾薬メーカーの東洋精機(現・三井精機工業)に渡り、研究が開始された[18]。それでも、日本にとっては初めてとなる球状薬(ボールパウダー)が使用されていたこともあり、試作の第1段階には間に合わないと判断された[19]。試作銃は薬室を残して加工が進められていたため、第1ロットの実包は管状薬を採用することに決まった[19]。, 1958年3月にR1型とR2型が予定通り完成し、性能試験が開始された[20]。しかし、試作銃の射撃に問題が発生しても、銃本体の問題なのか実包に問題があるのか分からない場面が発生するという、銃・弾丸の同時開発の弊害とも言うべき問題が多発した[20]。やがて球状薬を用いた実包が完成すると、今度は圧力が高いために薬莢が薬室に張り付くという焼き付き現象を起こして、抽筒機能が得られなかった[20]。度重なる実験・試験の結果、銃身の肉厚に問題がある事が判明し、銃身外径は34mmが最も良い事がわかった[20]。銃身外径を改めた結果、焼き付きは見られなくなり、飛躍的に抽筒機能が向上した[20]。また、同時期に同じく弾薬が入手できなかったために、12.7mm重機関銃M2の弾薬を流用して開発が行われていた、日特金属工業株式会社(現・住友重機械工業)の新機関銃(後の62式7.62mm機関銃)にも、7.62mm NATO弾を採用することが決定する[20]。ちなみにこの時、R1型・R2型の試験で得られた銃身外径34mmの情報が日特金属にもたらされているが、採用はされなかった[20]。一方で、後に陸幕武器課研究班が64式の歴史をまとめた際、豊和工業が開発の際に使用したNATO弾の入手経路が分からず、問題にしていたともされている[21]。, R1型・R2型の試験の結果、R2型は最後まで焼き付けを排除する事ができなかった[21]。一方のR1型は研究がある程度進展を見せ、二次試作に向けて仮の要求性能をまとめた[21]。これに基づいて、津野瀬がR1型を母体にした改良型が1959年3月に完成したR3型だった[22]。R3型はガス吹き込み式を採用し、閉鎖機構はR1型を、引金機構はR2型のものをそれぞれ取り入れ、銃床などの木被はプラスチック化をも考慮して設計されていた[22]。また、R3型の重量は弾倉を外した状態で3.5kgと、当時の7.62mm NATO弾を使用する銃の中でも軽量の部類に入る[23]。, だが、1959年4月に東洋精機の射場で行われた、技術研究本部や富士学校研究部、武器学校などから多くの幹部が見学に訪れた展示射撃にて[24]、R3型は僅か2、3発射撃した時点で尾筒を破損させ、作動を停止させてしまった[25]。設計者の津野瀬自らの手による展示射撃は失敗に終わった。改良処置が直ぐにとられるが、追い番のR4がシニバンと敬遠された為に名称もR5型と変更された[26]。この最中、「アメリカ軍との共同作戦上有利」との理由から、M14を購入するという動きも生まれていた[26]。第2次防衛力整備計画にはM14を5万丁取得する計画ができていたとされる[27]。, R3型の問題点は発射速度が異常に高く、連発の命中が確保できない点だった[28]。ボルトよりスライドが小さく、連射速度の調整を困難にする原因となっていたが、改良するだけの容積がR3型にはなかった[28]。だが、この発射速度が高く、連発時の命中率が悪い点はM14でも確認されていた[29]。それでもM14購入のための予算措置がついていた為に、豊和工業側は一刻も早くM14より優れた銃を開発する必要に迫られた[30]。, 津野瀬は思い切った設計変更を決断、60式12.7mmスポットライフルの図面を参考に改造型の基本設計を開始する[27]。ピストン部はそのまま流用し、銃床を直銃床に変更、丸型の尾筒部を角型へ改めた[31]。また、分解が楽になる様に努め、発射速度低下を狙い、緩速装置を組み込むスペースを設けた[31]。これらの機構はチェコ系と呼ばれるもので、SKSカービンやFN銃などでも参考とされたものだった[32]。直銃床が採用されたのは発射反動を直接肩で受ける為の設計で、曲げ銃床(折り曲げ銃床とは別)では銃口がジャンプし連射時の命中率低下が考えられたためであった[29]。また、二脚(バイポッド)とピストルグリップの採用と、銃口制退器は簡素なものにしつつ、銃剣の取り付けをも考慮した[33]。銃身長には富士学校側の意見が取り入れられ、セトメと同じ450mmとした[34]。発射速度は毎分350-450発の間が理想とされ[35]、400発に決まる[36]。これと合わせて撃鉄の撃針打撃時期を遅らせる緩速装置が開発された[36]。, 豊和工業の野崎社長(当時)は、大幅な設計変更で全く違う銃になっていたことを懸念したが[34]、60式12.7mmスポットライフル自体がアメリカ軍のものを基とした銃で、加えてチェコ系の設計自体がアメリカ軍とソビエト連邦軍の両軍で採用されていることから実用試験が済んでいると説得され、許可を出した[35]。, 1960年8月より開発が始められ、同年10月に遅延反動式のR6型Aが完成した[37]。この間、津野瀬は防衛庁を退官し豊和工業へ移っていた[38]。また、豊和工業は、新小銃のために工場を新設する事も決めていた[38]。, 一方で防衛庁の目黒研究所では、大掛かりなNATO弾の減装弾についてのテストが行われていた[39]。95、90、80、45%と4種類の減装弾がテストされ、90%前後が最適と判断された[40]。陸幕武器課は1962年以降の試作調達で、この減装弾を使用すると決定する[40]。加えて、1961年7月に防衛庁は小火器体系を決定し、国産小銃の要求性能を提示していた[39]。提示された期待性能は7.62mm減装弾を使用し、フルオートの発射速度を毎分400発以下に抑え、300mにおける命中精度をBAR相当にすること、銃全長は100cm以下、重量は4kg以下に抑えることが期待された[41]。R6型Aはこれらに沿って発展・改良されて行く[41]。, 9月には設計に変更を加えたR6型Bが完成する[39]。R6型BはB-1、B-2、B-3(後述)と3種類のバリエーションが試作された[41]。R6型B-1はR6型Aの軽量化を目指したもので、重量は4.4kgとなり緩速装置にも改良が加えられた[41]。R6型B-2は1962年3月にB-1を改修したもので、再度、緩速装置に改良が施された[41]。だが、Bは撃針が僅かな発射弾数で折れる、緩速装置が複雑すぎて分解が困難という問題も確認された[39]。, 1962年4月に富士学校で行われたM14とR6型B-2[39]の命中比較試験では、弾痕散布の範囲が左右で1/4、上下で1/3と国産のR6型BがM14より優れている事が実証された[40]。, 1962年7月にはB-2に改良を加え、官I型とも呼ばれるR6型B-3が完成した[42]。R6型B-3は回転式の撃鉄を有し、銃床内の活動子の作用によって緩射ができた[43]。官I型は完成後2丁が防衛庁に納入され、技術テストに用いられた[41]。同年10月には防衛庁の発注により、緩速装置を新型としたR6型Dが開発される[41]。なお、R6型CはR6型Bの発展型用として欠番となった[41]。R6型Dは防衛庁の発展技術テスト用に開発されたため、官II型(または技研案)とも呼ばれ、I型と同じく、回転式の撃鉄を持つが緩射機構が尾筒内部に備わっていた[43]。信頼性向上のため緩速装置が大型化し、重量は4.7kgへと増加した[41]。一方で、富士学校で行われていた技術試験にて、R6型Bの故障が頻発するようになる[44]。雨が降ると連発が止まるとさえ言われ、富士学校から名古屋へ戻った津野瀬が徹夜で水抜き用の穴を開け、翌朝とんぼ返りしたが、改善しなかったという[44]。官I型(R6型B-3)と官II型(R6型D)をテストした防衛庁も、R6型シリーズには一部に信頼性に欠ける部分があると指摘した[45]。, 富士学校での技術試験が不調に終わったことで、豊和工業では社内テストを続行し改善点を求めて行った[46]。前述した故障頻発も含め、原因は緩速装置にあり、津野瀬は構造が複雑で部品点数が多いために故障が増える原因となっていると指摘し、隊員が分解もできないような故障の多い華奢な銃は役に立たないと述べた[47]。だが、岩下は命中精度を確保するためには緩速装置が必須だと考えていた[47]。言い争いにまで至った二人だが、制式制定に間に合わないとなればM14の導入が決まってしまうと、危機感を募らせた[48]。, 2ヶ月後[48]、岩下に呼び出された津野瀬は、新しい図面を見せられた[49]。そこには飛躍的に簡素化された緩速装置の図面があった[49]。発射速度こそ毎分500発と多くなるが、直動式の太い撃針が銃身軸芯上を横断し、それを逆鈎が大きな爪で抱きとめ、銃床中心に緩衝バネが備え付けられていた[49]。津野瀬は「こいつはいける」と答えた[49]。津野瀬は、「R6型は実用に適せず、M14の導入あるのみ」といういつも心の中に蟠っていた悪い想像が、岩下の図面によって一挙に吹き飛ばされたようだった、と振り返っている[50]。, 翌日から1枚、2枚と部品図が完成し、徹夜で製作作業が行われ[50]、富士学校での技術試験が終了する前日の夜に完成した[50]。この改良によって重量軽減と信頼性の向上をはたし[45]、この緩速装置が組み込まれた銃は、岩下賢蔵(KENZO IWASHITA)の頭文字をとりR6型Kと命名された[51]。, M14との比較射撃で命中精度に格段の差があることとR6型Kの登場で富士学校側はますます自信を深め[42]、R6型Kは改良が更に進められ、1963年2月に官II型改(R6型E)が完成する[45]。, 一方でM14を単価5万円程度で購入しようという計画も、防衛庁側で進められていた[52]。在日米軍側も「新小銃は攻撃面がない」と水を差してきたとされる[42]。これは、アメリカ国内でベトナム戦争での戦訓から、M14からM16の置き換えを進めており、大量に余剰となったM14の引き取り先を探していたという事情もあった[42]。そこで、朝霞射撃場で陸幕内の幹部に対する展示射撃を行う事を計画した[42]。



時効警察 6話 キャスト 4, ラストレター ロケ地 アパート 5, 成瀬 なんj オリックス 4, 窪田正孝 洗車 タオル 10, 赤ちゃん 足長い 将来 54, 横峯さくら ツアー スケジュール 22, エアガン ターゲット 100均 16, 米津玄師 馬と鹿 ドラマ 7, 宮沢りえ 出産 病院 14, 轟焦凍 過呼吸 Pixiv 12, 勢 相撲 結婚 8, ポケマス サマヨール 進化 4, 買取王子 本店 電話番号 13, グラブル 光 フルオート編成 49, 競馬 期待値 Ai 52, ピーチ Ca シフト 5, ミゲル アンヘル ロティーナ 監督 歴 指導 歴 8, 東大 と 灘 22, やしきたかじん 死因 真実 13, 三菱地所 Cm ラップ 曲名 40, ホリデイラブ 6話 Pandora 5, 落合 バット 木目 8, アリスギア イベント おかしい 6, ソフトバンク光 代理店 一覧 4, 準伝説 種族値 一覧 16, デジモンアドベンチャー ψ 感想 46, 宇野昌磨 ブログ オオナゾコナゾ 4, 滝田栄 レ ミゼラブル 10, かぐや様は告らせたい 180 現実逃避 12, 欅坂46 カラオケ 男 4, 飯原 落球 なんj 27, サッカー 強い国 2020 7, デデーン 素材 フリー 4, ヨルシカ 盗作 爆弾魔 10, ハガレン 一期 暗い 9, 逃げ恥 名言 可愛い 13, ベッキー 片岡 フライデー 12, B型男性 嫉妬 態度 46, 帝京 中学 野球部 9, 鳥栖 馬刺し 販売 4, ワンピース 新刊 ネタバレ 4, Pso2 緊急クエスト Vr 6, タイピング 全然早く ならない 8, 多系統萎縮症 安楽死 Nhk 7, マツダ ドライブレコーダー アプリ 30, 葛飾ラプソディー コード ピアノ 4, 優秀 社員 退職 5, 風立ちぬ 堀越二郎 声優 7, Youtube かくし芸 大会 22, 真王伝説 後藤 クビ 42, トヨタ ラジオcm Zip 51, デジモン Tri 戦犯 5,